目の下のくぼみを解消する方法|原因は?ふっくら目もとになるセルフケア法

目の下のくぼみに悩む女性の画像

顔の印象を大きく変える目元。鏡にうつった自分の顔を見て「最近、何だか疲れて見えるな~」という場合、目の下にくぼみができていることが少なくありません。

目の下にくぼみがあると、その部分に影ができてしまうので、疲れた印象を与えてしまうだけでなく、老けて見られがちです。反対に目の下がふっくらとしていると若く見えます。

ですから、目の下のくぼみは早めに解消したいものです。目の下のくぼみを手っ取り早く解消する方法としてヒアルロン酸注入がありますが、セルフケアで改善できればベストですよね。

この記事では、目の下のくぼみをセルフケアで解消する方法をご紹介します。また目の下にくぼみができてしまう原因についてもお伝えしますので、ぜひ原因を見極めて悩み解消に役立ててみてくださいね。

1.目の下のくぼみは自分で解消できる

目の下のくぼみに悩む女性の画像

目の下のくぼみは美容医療の力を借りないと解消できないと思っている方は少なくありません。しかし実際にはセルフケアでも十分に解消できます。

ただし、間違ったケアを続けてしまうとくぼみが悪化しますので、正しいケアをすることが大切です。

1-1.目元はエイジングサインが出やすい

目の下のくぼみのイメージ画像

目元は皮膚がとても薄いこともあり、顔の他の部位と比べてエイジングサインが出やすいのが特徴です。仮にシミやシワがなかったとしても、目の下にくぼみやたるみなどがあれば、それだけでも老けて見えます。ですから、エイジング対策としては目元のケアを早いうちからやっておくことが欠かせません。

もし、目元にエイジングサインがみられるようになったら、早めにケアを行うことで症状の悪化を防ぐことができます。

2.目の下のくぼみの原因

目の下のくぼみの原因の解説画像

「疲れて見える」「老けて見える」といったマイナスイメージを与える目の下のくぼみ。そもそも目の下にくぼみができてしまう原因は何なのでしょうか?

目の下にくぼみができてしまう原因としては、2つの要素が関係しています。「眼窩脂肪の減少」と「目の下のたるみ」です。

<目の下のくぼみの原因>

・眼窩脂肪の減少
・目の下のたるみ

それぞれの要素がどのように目の下のくぼみを引き起こしているのかみていきましょう。

2-1.眼窩脂肪の減少

目の下の窪みの画像

目の下のくぼみの原因のひとつとして挙げられるのが、眼窩脂肪の減少です。私たちの目の周りには眼窩脂肪という脂肪があります。この脂肪にはクッションのような役割があり、眼球を衝撃などから保護しています。

目の下のくぼみの解説画像

しかし眼窩脂肪は年齢とともに減少していく傾向があります。眼窩脂肪が減少すると、目の周りのボリュームが失われ、目の下にくぼみができてしまうのです。

2-2.目の下のたるみ(眼窩脂肪の突出)

目の下にくぼみができてしまうもうひとつの原因は、目の下のたるみです。目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉や眼球を支えている靱帯が加齢などによって衰えると、眼球の位置が下がってしまいます。そうすると眼窩脂肪(がんかしぼう)が前に押し出されてしまい、目の下にくぼみが出てきてしまうのです。

目の下のくぼみの解説画像

眼窩脂肪(がんかしぼう)が押し出された結果、目の下にたるみ状のふくらみができ、その下が影になりくぼんでみえる

目の下のたるみの画像

上の画像のように、たるみの下が影になり、上のふくらみとの差が「くぼみ」と見えてしまいます。

3.目の下のくぼみを解消する方法

目の下のくぼみを解消する方法の解説画像

では、できてしまった目の下のくぼみはどのように解消することができるのでしょうか?

目の下にくぼみができてしまうのは、眼窩脂肪の減少によって目の周りのボリュームがなくなることがひとつの原因です。ですから失われたボリュームをアップするためのケアを行うことが必要となってきます。

また目の下のたるみを改善するために、目の周りをぐるりと取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)を鍛えることも、くぼみ解消には効果的です。具体的にどのようなセルフケアを行うことができるのかご紹介しましょう。

3-1.眼輪筋を鍛えるトレーニングで目の下のくぼみを改善

眼輪筋の画像
目の周りを取り囲んでいる「眼輪筋」(がんりんきん)

眼輪筋が衰えると目の下にたるみができてしまい、それがくぼみの原因となります。ですから、眼輪筋のトレーニングで眼輪筋を鍛えることで症状を改善できます。ぜひ眼輪筋を鍛えるトレーニングを習慣にして、目の下のくぼみを解消しましょう!

眼輪筋を鍛えて目の下のくぼみを解消する方法

それでは、眼輪筋を鍛える方法をお伝えします。眼輪筋はこのように丸い輪状の筋肉ですので、「目の下側」、「目の横側」と分けて鍛えます。

目の下側を鍛える

①舌を軽く出し、上下の歯で舌を軽く噛む。

※舌を軽く噛む理由は、顔の下半分の力を抜いて、目の下に集中させるため。

②下のまぶただけで目を閉じるように下まぶたに力を入れる。

リズムカルに下まぶたを上げたり下ろしたりを繰り返す。

下まぶたのトレーニング画像

●回数・・・1秒に1回上げ下ろし。30回 慣れたら、目の下がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・頬の力を使わずに、目の下のまつ毛の生え際あたりを引き上げるようにしましょう。

 ●うまくできない場合・・・私たちは下まぶたを上げる動きは普段あまりしないため、このトレーニングは少し難しく感じるかもしれません。その場合は下記の方法をお試しください

 軽く上を向く→ 眩しいものを見るように目を細める→ 目を開く →くりかえす

 まぶしい目をすると、少し下まぶたが動くのが分かると思います。これを繰り返していると、下まぶたを引き上げるコツが身に付きます。

※表情筋は顔面神経で支配されているため、あまり動かさない部位は、なかなか動かすコツがつかめませんが、一度目の下につながる神経が活性化されると、それからは急速にうまくできるようになります。

難しく感じても、最初のうちだけですので慣れれば簡単です。どんどん動くようになるので目標を持って頑張ってみましょう。

目の横側を鍛える

次は目の横側を鍛えます。

①舌を上下の歯で軽く噛んだまま、片目をつぶってウィンクする。これを踏切の信号機のように繰り返す。

目の下のたるみ改善トレーニングの解説画像

●回数・・・1秒に右と左のまばたき。左右30回 慣れたら、目の横がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・まばたきは通常の目を閉じる動きで大丈夫。下まぶた上げより簡単かと思います。

このトレーニングで目じりにシワがでるのが気になる人は、目じりの横に人差し指を1本置いてトレーニングしましょう。目は強く閉じる必要はありません。普通の瞬き程度の力で十分効果があります。

眼輪筋は専用のトレーニングをしないと加齢とともに弱くなって下がり、目の下のくぼみの原因になります。眼輪筋を常日頃から鍛えることは、目の下のたるみやくぼみの予防、解消に必須です。

3-2.目元をふっくらさせるアイクリームでケアする

目の下のくぼみをアイクリームでケアしている女性の画像

目元が乾燥すると、それだけでも目元がたるみやすくなります。また紫外線や加齢などの影響で、肌のハリに必要なコラーゲンやエラスチンが減少してしまうことも目の下のたるみの原因となりますから、目元をふっくらさせるアイクリームで毎日ケアすることが目の下のくぼみ改善には効果的です。

アイクリームは成分で選ぶ

いろんなタイプのアイクリームがありますが、目の下のくぼみ改善するためには、保湿効果の高い成分が配合されたものや、目元にハリや弾力を与えてくれる成分が配合されたものを選びましょう。次のような成分が配合されたものは目の下のくぼみ改善に効果的です。

■ヒアルロン酸

1g6Lもの水分を抱え込むことができると言われているヒアルロン酸。保水力に優れているので目元の乾燥を防いで潤いをキープするのに効果的な成分です。

■セラミド

セラミドは肌の角質に存在している成分で、細胞と細胞とのすき間を埋める角質細胞間脂質のひとつです。セラミドには肌の水分の蒸発を防ぐとともに、肌の水分を保持する働きがあるため、目元に潤いを与えて、目の下のくぼみを予防・改善するのに効果が期待できます。

■ペプチド(EGFFGF

ペプチドにもいくつか種類がありますが、その中でも代表的なものにEGF (ヒトオリゴペプチド-1)FGF(ヒトオリゴペプチド-13)とがあります。それぞれに働きが異なり、EGFには肌のターンオーバーを促進する働きが、FGFには繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促す作用があります。

目元の失われたボリュームを取り戻すために、これらのペプチドが配合されたアイクリームを使用することは、目元にハリを与えて目の下のくぼみの改善に効果的です。

■レチノール

目元のシワやたるみを改善する成分としてよく知られているレチノールですが、目の下のくぼみにも効果が期待できます。レチノールには肌のターンオーバーを高める作用があるので、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促し、痩せた目元をふっくらさせてくれます。

■コエンザイムQ10

アンチエイジング化粧品に広く使用されているコエンザイムQ10。抗酸化作用が高いので、肌のハリや弾力を保つのに必要なコラーゲンやエラスチンにダメージを与える活性酸素を除去してくれます。継続して使用することで、肌にハリや弾力を与えて、目の下のくぼみを改善します。

■コラーゲン

化粧品としてのコラーゲンには優れた保湿効果があります。乾燥しがちな目元に潤いを与えて、いつでもふっくらとした目元をキープするのに効果的です。

目の下のくぼみの予防・改善におすすめのアイクリーム

目の下のくぼみを予防・改善には、丁寧な目元のケアが必要となります。目の下のくぼみの予防・改善におすすめのアイクリームをご紹介していきたいと思います。

ビーグレン トータルリペアアイセラム

ビーグレン トータルリペアアイセラムの画像

潤い成分であるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸や、肌に弾力を与えるペプチド(IGF-2 / EDP3)を配合。目元の乾燥を防ぎつつ、エイジングケアします。

公式サイト<内容量>15g  <価格>8,640円(税込)

B.A ザ アイクリーム

POLA B.A ザ アイクリームの画像

エイジングケアにフォーカスして開発されたPOLAのブランド「B.A」のアイクリーム。年を重ねるにつれて低下してくる保水力や弾力をアップして、ハリのある目元を目指します。

公式サイト<内容量>18g  <価格>21,600円(税込)

アテニア アイ エクストラ セラム

アテニア アイ エクストラセラムの画像

目元のくぼみ、小ジワ、たるみを1本でケアしてくれるアイクリーム。肌に潤いを与えるとともに、ハリ・弾力アップでくぼんだ目元を若々しい目元へと導きます。

公式サイト<内容量>15g  <価格>3,291円(税込)

目の下のくぼみを化粧品で解消するコツ

目の下のくぼみやたるみを化粧品で解消するコツについては、『 目の下のたるみにおススメの化粧品|口コミ人気ランキング 』の記事に詳しく書いています。上記でおすすめしたアイクリーム以外にも良い化粧品はありますので、ぜひ参考になさってください。

4.セルフケア以外の目の下のくぼみ解消法

目の下のくぼみは美容医療で治すことができます。代表的な治療方法としては、ヒアルロン酸注入、PRP皮膚再生療法があります。それぞれどのような治療方法なのか、解説していきます。

4-1.ヒアルロン酸注入

目の下のくぼみにヒアルロン酸注入する女性の画像

目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入することで、目元をふっくらさせてくぼみを改善します。施術自体は数分程度で終わりますので誰でも気軽に受けることができますが、効果の持続期間には限りがあるというデメリットがあります。

効果の持続期間については、注入するヒアルロン酸の種類などによって異なりますが、早いものだと数ヶ月、長いものでも数年間持続します。

目の下のたるみをヒアルロン酸注射で取る|値段とメリット・デメリット 』にヒアルロン酸注入について詳しく書いていますので参考にしてください。

4-2.PRP皮膚再生療法

PRP療法のイメージ図

PRPとはPlatelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略で、血液中の成分を分離して成長因子を多く含む血小板を主に抽出した成分のことです。止血作用があるとして知られている血小板ですが、血小板には多くの成長因子が含まれています。

そして、これらの成長因子が細胞に働きかけることでコラーゲンやヒアルロン酸などを増やし、肌にハリや弾力を与えることが分かっています。自分の血液を採血し、それを分離して注入するだけですので、アレルギー拒否反応がなく、自然な仕上がりが得られるというメリットがあります。

デメリットとしては、効果が出るまでに少し日数がかかるということと、1回の施術では十分な効果を得られない場合があるという点です。また効果の持続期間も数ヶ月~数年程度となっており、定期的な治療が求められます。

目の下のたるみを整形で取る|気になる効果と料金・ダウンタイム 』の記事の中で、PRP施術のメリットデメリットの説明をしていますので、検討している方は参考にしてください。

5.日常生活で目の下のくぼみを改善するためにできること

日常生活のちょっとした習慣で、目の下のくぼみを改善することができます。具体的に意識したい2つの点をみていきましょう。

5-1. 紫外線を防ぐ

目の下のくぼみ対策に紫外線を防ぐ女性の画像

紫外線は肌を乾燥させ、目元の老化を招きます。ですから、外出時はサングラスをかける、帽子をかぶる、日傘を差すなどして、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

5-2.コラーゲンを増やす食事を心がける

コラーゲンサプリの画像

肌にハリを与えるコラーゲンは普段の食事の中で積極的に摂りたいものですが、コラーゲンの生成を促すビタミンCも一緒に摂るようにしましょう。食事で上手く摂るのが難しい場合は、サプリメントで補うようにするのもおすすめです。

ちなみに、私が長年飲んでいるのは、フォーエバーヤングというサプリメントです。朝と晩に1秒ずつ飲んでいます。フォーエバーヤングを飲んだ体験をこちらに書いていますが、肌に確かな手ごたえを感じるこのサプリは、私にとっていまや手放せないものとなっています。

6.まとめ

目の下のくぼみは、老け顔の原因となってしまいますが、丁寧なセルフケアで改善することはできますので、ぜひこれから始めてみてください。

もし、セルフケアを続けるのは難しいという場合は、ヒアルロン酸注入やPRP皮膚再生療法などの美容医療などを検討してみるのもいいでしょう。

なお、目の下のくぼみは、目の下にたるみで余計に強調されます。目の下のたるみを自分で解消する方法を『 目の下のたるみを自分で改善する3つの簡単セルフケア 』で解説していますので、こちらもぜひ参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ