ほうれい線とたるみを同時に改善!簡単3つのセルフケア法

ほうれい線と顔のたるみに悩む女性の画像

小鼻から口の横に向かうシワ状のほうれい線。いつまでも若々しく輝きたい女性にとって、ほうれい線は本当に辛いものですね。

突然あらわれたように見えるほうれい線も、実は「顔のたるみ」が進んだことにより出来ていることが多いです。ほうれい線ができたら顔がたるみ始めたサインと言っても過言ではありません。

ほうれい線を解消するには、まずは顔のたるみを先に解消しなければなりません。顔のたるみが解消するころには、ほうれい線も解消するはずです。

この記事には、ほうれい線の原因である顔のたるみを解消する方法を分かりやすく解説しています。顔がリフトアップできれば、ほうれい線は驚くほどスッキリとします。ぜひ参考にしてください。

1.顔のたるみを改善すればほうれい線も消える

顔のたるみとほうれい線を比較すると、ハッキリ自覚できるのは、ほうれい線の方ですね。「たるみ」は面の下がりであるために、じわじわと進み気づきにくいのですが、「ほうれい線」は、ハッキリと目で見える線として自覚できるからです。

実は、ほうれい線と顔のたるみには密接な関係があります。

1-1.ほうれい線と顔のたるみは比例して現れる

顔のたるみに悩む女性の画像

ほうれい線の溝は、骨格により若いうちからある人もいますが、ほとんどが加齢により顔がたるんだことによってできてしまいます。頬や口元にハリがなくなって、重力によって下がってしまうことで口元に折れ目ができてほうれい線の溝が出来てしまうのです。

まずたるみが出来て、それがほうれい線に影響していきます。ほうれい線ができた!と感じたときは、顔のたるみがすでに進行している状態。たるみは放っておくとさらに進行してより深いほうれい線が刻まれることになってしまいますから、たるみに気付いたらできるだけ早めに手を打ちたいところです。

1-2.ほうれい線は顔のたるみを改善すると同時に気にならなくなる

よって、ほうれい線より先に進んでいる顔のたるみを改善すると、同時にほうれい線が気にならなくなります。ほうれい線そのものをなんとかしよう!と思うなら、まずは顔のたるみを解消しましょう。

幸いなことに加齢によるたるみは、しっかりと対策をとることで改善することができます。つまりちょっとしたケアをすることで、ほうれい線は解消できるわけです。

それでは、次の章で具体的なほうれい線の解消方法をお伝えしましょう。

2.顔のたるみを引き上げほうれい線を改善する3つの方法

顔のたるみを引き上げてほうれい線を改善する方法は次の3つがあります。1つだけより3つを平行して行うとほうれい線の改善に効果的です。

頬上げの解説図

・頬のたるみを引き上げる
・口横のたるみを引き上げる
・ほうれい線を山折りにする

頬を上げる画像

ほほがたるむ原因の画像
口角が下がらないように、口横を引き上げる

頬のたるみと口横のたるみを引き上げつつ、ほうれい線そのものは、窪んだ線を山折りにして平らになるようにアプローチしていきます。

まず、どうして加齢によって顔のたるみができてしまうのでしょうか?ほうれい線につながる顔のたるみの原因の1つは皮膚のハリがなくなること。それから表情筋が衰えることにあります。

表情筋というのは私たちが笑顔になったり、しかめっ面をしたり、様々な表情や顔の動作をする時に使われているのですが、実は上手く使われないことも多くとっても衰えやすいんですね。

日本人は欧米人に比べて顔の筋肉をすみずみまで大きく動かすことがあまりありません。そのため、加齢に加えて表情の変化の少ない生活をすることですぐに表情筋が衰えて顔にたるみが生まれてしまいます。

でも顔の表情筋は筋肉ですから、いくつになっても鍛えることができるもの。年齢を感じさせない若々しさはそうして作ることができます。

それでは、ほうれい線の解消方法を具体的にご紹介していきましょう。

2-1.頬を引き上げてほうれい線を改善する

頬をしっかりと上げるために、頬にある表情筋の「大頬骨筋」「大頬骨筋」をトレーニングでしっかりと鍛えます。それでは、頬を上げるトレーニングの解説をします。

頬にある大頬骨筋(だいきょうこつきん)と小頬骨筋(しょうきょうこつきん)を意識して、これらの筋肉を同時に引き上げます。

大頬骨筋の画像
大頬骨筋

大頬骨筋は頬を支えている大きな筋肉です。口角からこめかみにかけて斜めに伸びていて、笑った時に口の端をぐっと引っ張り上げてくれる笑顔の筋肉です。

この大頬骨筋がどのくらい衰えているのか、チェックをする方法があります。まず鏡をまっすぐ正面に置いて見て下さい。元気に口を開いて笑顔を作りましょう。頬の丘のトップの部分が上に引き上がっていますか?この頬の一番出っ張った部分が上がらなければ上がらない程、大頬骨筋が衰えているということになります。

頬を通る大きな筋肉ですから、大頬骨筋が衰えてしまうことで頬が支えられなくなって下に下がり、たるみによるほうれい線ができてしまいます。デスクワークであまり動かずに姿勢も表情も変えない人などは、大頬骨筋が衰えてたるみが出来やすいので、特に意識的に鍛えるようにすることでほうれい線は改善するでしょう。

うつぶせでスマホを見る習慣のある人も、頬が下がってしまいやすいので注意が必要ですよ。

小頬骨筋の画像
小頬骨筋

小頬骨筋は先にあげた大頬骨筋のやや内側の筋肉。上唇から目尻にかけて斜めに伸びています。この小頬骨筋もまた笑顔を作るのに欠かせない表情筋で、唇を引き上げたり頬をひっぱり上げたりしてくれています。

片目をぎゅっとつぶってウインクしてみましょう。目の下の筋肉が上に向かって引きつるのがわかりますか?その動きを作っているのも小頬骨筋です。

小頬骨筋は比較的繊細な筋肉です。毎日表情をあまり動かすことがないという人はとっても衰えやすい表情筋。頬を吊り上げてくれている筋肉ですから、衰えてしまうことで当然頬がたるみ、ほうれい線ができる原因を作ってしまいます。

綺麗な笑顔を作るためにも、しっかりと鍛えておきたい筋肉です。

頬を上げるトレーニングの実践方法

1、軽く口をとがらせます。

2、上はぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

●時間・・・頬上げ1分間 → 鼻の下のばし5秒間 慣れたら頬が疲れるまでやると効果的

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。

注意点としては、口を横に広げて頬を上げないように。目の下に頬をくっつけるイメージでやるとうまくいきます。

2-2.口角を引き上げてほうれい線を改善する

口角を引き上げるために、口周りの筋肉である「口輪筋」をしっかりと鍛えます。すべての言葉で口角を上げながら発声するのがコツです。発声といっても、声が出せない環境の場合は口パクでも効果があります。

口輪筋の画像
口を取り囲んでいる口輪筋(こうりんきん)を鍛えると口角が上がる

口角を上げるトレーニングの実践方法

注意点
■ 声を出さなくて良い(口パク)
■ 一言一言は一秒ずつ
■ 常に口角を意識
■ 顔にシワを寄せない程度の大きな口で

あ・え・い・う・え・お・あ・お
か・け・き・く・け・こ・か・こ
さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ
た・て・ち・つ・て・と・た・と

老けて見えないほうれい線の画像
口角をしっかりと上げながら

※ 1日1回、5セットおこないましょう。

2-3.ほうれい線を山折りにクセづけして改善する

頬のたるみと口元の境目で、ほうれい線の線自体は谷折りになっています。ほうれい線が目立つのは、口の横が窪んだり、線が刻まれているからですよね。谷折りの線が定着して深く刻まれることで、ほうれい線はどんどん悪化していきます。

元に戻してこの溝を消すには、谷折りの部分に反対側の力を働かせて解消させることが必要です。つまり、この谷折りの線を山折りにクセづけすれば、ほうれい線そのものを目立たなくすることができるのです。

やり方は、口に空気を入れてぐるぐる回すだけ。鏡を見て、ほうれい線がある部分に空気を入れてみましょう。口元の皮膚がピンと張っているのを感じられますか?ほうれい線の溝が平らになるぐらいまで皮膚をパンパンに張り、ほうれい線の溝が消えていることを確認しながらするのがコツです。

 

ほうれい線を山折りにする実践方法

ほうれい線に空気を入れて、溝の部分を山折にするように膨らませて平らにします。右回り10回、左回り10回、トータル20回くるくると空気を回します。これを1セット実施します。

くちに空気を入れている画像

必ず、ほうれい線がしっかり伸びて、溝のない綺麗な皮膚になっていることを確認しながら行います。鏡でしっかりとチェックしましょう。1日1回やるだけで、1か月くらいでほうれい線の溝が浅くなってくるのが分かると思います。

3.保湿してほうれい線を解消する

肌の手入れをする女性の画像

ほうれい線は頬や口角のたるみが原因で発生しますが、悪化する要因になるのが肌の乾燥です。乾燥は肌のバリア機能を壊し、肌の奥深くまでダメージの届きやすい状態を作ってしまいます。ダメージが進んだ肌はハリを失ってたるみが生まれやすくなります。

さらに乾燥による小じわもできますから、ほうれい線に沿ってくっきりとシワが入るようになります。特に秋から冬の時期は空気が乾燥して、ほうれい線が目立ちやすくなるので、化粧品で保湿成分をたっぷりと補ってあげましょう。

3-1.おススメのほうれい線対策用コスメ

ほうれい線にはどんなコスメを使ったら良いのでしょうか?

ほうれい線には、しっかりと美容成分が配合されたお手入れ品を選ぶ必要があります。まず選ぶ目安として、肌を乾燥させる可能性のある「合成界面活性剤」や「合成ポリマー」が極力配合されていないものをセレクトしましょう。

「合成界面活性剤」や「合成ポリマー」は、肌のバリアを破壊して肌に浸透してしまいます。バリアが壊れてしまったら肌はダメージを受けやすくなるので、ほうれい線はさらに濃くなってしまいますよね。

ですがお肌に優しい無添加のコスメで、肌のハリ感をしっかりあたえてくれるものとなるとなかなか見つからないのが悩みどころです。

実際に私もほうれい線に悩み、本当に肌バリアを壊さないコスメが欲しくて試行錯誤しましたが、なかなか自分で納得できるコスメには出会えませんでした。

「納得できるコスメがない!」そんなピンチによってついに私自身で理想のコスメを追求して作ったのが「機能性無添加コスメSelif(セリフ)」です。

私がプロデュ―スしている機能性無添加コスメSelif(セリフ)は肌バリアを壊して肌を乾燥させる可能性のある成分を一切排除した、肌に優しいお手入れ品です。かつての私と同じように、ほうれい線に本当に悩んでいる方におすすめです。

「Selif(セリフ)」は、肌バリアを壊す合成界面活性剤・合成ポリマーを一切使用していない機能性無添加コスメです。どんな化粧品を使ったらいいのか迷う方は、「 Selif(セリフ)がどうして肌バリアを壊さないのか? 」をぜひ参考になさってください。

4.美顔器でほうれい線を解消する

ローラータイプの美顔器の画像

美顔器でほうれい線をなんとかしたい!と思う方も多いと思います。しかし、ほうれい線は基本的に加齢によるたるみが原因でできますので、美顔器だけでほうれい線を改善するのは難しいと思います。上のほほと口角のたるみ改善の表情筋トレーニングをしながら、美顔器を併用すると効果が望めます。

美顔器にはローラータイプ、超音波タイプ、イオン導入タイプ、スチーマータイプなどいろいろとありますが、選ぶ際はEMSという電気信号により、表情筋を刺激するタイプをおすすめします。

貼り付けて電気信号を送るだけで筋力をトレーニング出来るという筋トレマシンを見たことがありませんか?あのマシンは電気刺激によって筋肉を動かし、筋肉を鍛えることができると言われています。そうした、電気によって筋肉を動かす機能がついたものをEMSといいます。美顔器にもこのEMSのついたものがあります。

もちろんEMSを使って筋肉を動かすことは、本格的な自分でする表情筋トレーニングに比べると効果は劣ります。ですがある程度筋肉を引き締めることは可能。表情筋のトレーニングができない時などの補助に使うと良いでしょう。

EMS機能のある美顔器は「 ほうれい線に効く美顔器はEMS機能付きがマスト 」こちらの記事でご確認ください。

5.美容クリニックで解消する

医者の画像

ほうれい線をすぐに解消したい場合、美容クリニックで施術する方法があります。ほうれい線や顔のたるみに対応する施術は色々ありますが、ほうれい線の場合は、ヒアルロン酸注入が多く行われています。

顔のたるみには、高周波などの照射系が人気の施術です。どちらもダウンタイムが短いので、手軽に受けられる反面、ヒアルロン酸の効果は約6か月、照射系の施術は3週間から半年程度しかもちません。良い状態を維持するには繰り返しの施術が必要となり、コストパフォーマンスが高くついてしまうデメリットがあります。

同窓会などのイベントの前に一時的に施術するにはよいと思います。ただし、どの施術も腫れや赤みがでる場合があるので、大切な日の1週間前までに施術しておくのが理想です。

ほうれい線に効果的な美容クリニックの施術については、「 ほうれい線を美容整形で改善|失敗しないポイントと費用 」の記事を参考になさってください。

6.まとめ

ほうれい線を解消するために、まずは顔のたるみを改善する具体的な方法をお伝えしてまいりました。

・表情筋を鍛えて頬や口元のたるみを解消する
・口角を引き上げてほうれい線を解消する
・ほうれい線部分を山折りにする
・肌に刺激のない化粧品でしっかりと保湿をする
・美顔器でほうれい線を解消する
・美容クリニックでヒアルロン酸注射や高周波での治療を受ける

これらのたるみを解消する方法で、まずはたるみをリフトアップさせて下さい。

ほうれい線はとても気になるものですが、ほうれい線そのものにアプローチするだけでなく、顔全体をみてたるみを解消する方が、改善効果は高くなります。ほうれい線と顔のたるみに悩む方はこの記事をぜひ参考になさってくださいね。

なお、表情筋を鍛えるとほうれい線を解消するだけでなく顔全体を若返らせることができます。『【即効】ほうれい線エクササイズで若返る!たった4つの簡単メソッド 』も併せて参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ