ほうれい線はリフトアップして解消する!顔を上げる3つの手段

ほうれい線をリフトアップする女性の画像

ほうれい線が深くなったら、こめかみに指を当てて引き上げたくなりますね。顔がリフトアップしたら、ほうれい線が消え顔が若返るのがわかります。ということは、顔を本当にリフトアップできれば、悩みのほうれい線が解消する!というわけです。

ただ、重力に逆らって顔を上に上げる、そしてそのまま維持する、というのは、自分の指で引っ張るほど簡単ではありません。でもほうれい線は解消したい・・・それではどうすればよいのでしょうか?

ほうれい線を解消するために顔をリフトアップする方法は色々あります。ただし、どの方法にもメリットやデメリットがあります。効果の出方も違います。

この記事ではほうれい線を解消するためのリフトアップ法について、今世の中で広く行われれてる様々な方法の中で効果があるものをお伝えします。特に顔の引き上げ、リフトアップ度を最優先し、効果順ランキングも作ってみました。

ほうれい線の解消のために顔をリフトアップしたい!という方はぜひ参考になさってください。

1.ほうれい線は顔をリフトアップして消す

ほうれい線は顔をリフトアップしたら消せます。まずは自分のほうれい線の溝がどれくらい深いかをチェックしてみましょう。顔を指で引き上げてみて、ほうれい線の溝が無くなったら、顔をリフトアップしたら消える、ということです。

まずは下の画像のように、ほうれい線の少し上に指を当て、真上に引き上げてみてください。

ほうれい線チェックの画像

画像のように、指で引き上げてみて、ほうれい線の溝が消えれば、顔がリフトアップしたらほうれい線が無くなるということです。ただし、無くなるといっても、口の横と頬の境目は、顔の構造上、溝ができて当たり前です。小さな子供にもほうれい部分の溝はふつうにあります。

子供のほうれい線の画像

こんな小さな子供でも、口と頬の境目には折り目がある。

子供のほうれい線の画像2

ここでいう、ほうれい線が無くなる、改善する、というのは、あくまで、老け感のある溝ではなくなる、ということです。どんな方法をもってしても、口横の溝を完全に無くすことはできません。ほうれい線は老け感が無くなれば、解消したも同然です。

老けてみえるほうれい線の画像

ちなみに、こちらは「老けて見えるほうれい線」の例です。子供や若い人のほうれい線の溝と、老け感がある本当の意味でのほうれい線との違いが分かりにくい方は、『 若いのにほうれい線ができるのはなぜ?原因と対処法 』を参考になさってください。

2.ほうれい線解消のリフトアップには3つの手段がある

まず、ほうれい線のリフトアップには大きく分けて3つの手段があります。簡単なものから順に並べると、「器具を使ってリフトアップする」「表情筋を鍛えてリフトアップする」「美容医療でリフトアップする」です。それぞれの手段の中にも、色んな種類がありますので詳しくお伝えします。

2-1.器具を使ってリフトアップする

器具を使ってリフトアップする方法には、美顔器やテープ、バンドなどがあります。

美顔器でリフトアップ

ほうれい線美顔器画像

美顔器には特色によってさまざまな種類がありますが、顔をリフトアップするには、RFラジオ派のタイプがおすすめです。ラジオ波とは、高周波、サブマイクロ波、RF波、HF高周波などとも呼ばれ、周波数の高い電気振動のことです。

一般の肌表面だけ刺激を与える美顔器と違い、RFラジオ波は皮膚の深部にまで熱エネルギーが届きます。皮下組織に刺激を与えるので、たるんだ肌を引き締める効果があります。美容クリニックのラジオ波治療の代表は、「サーマ クー ル」です。

ただし、家庭用として個人で買えるRF美顔器は、せいぜい、RF出力 1Mhz、消費電力は5W程度でしかありません。最近はもっと出力の高いものも出ているようですが、美容クリニックでは、RF出力6Mhz の大パワーとなるので、1回あたりの効果が違います。

ただ、家庭用の美顔器は、1度買ってしまえばいつもで使える、継続的にお金がかからない、という点ではよいでしょう。

RF機能のある美顔器にはどんなものがあるかを知りたい方は、『  ほうれい線に効く美顔器はEMS機能付きがマスト   』をご覧ください。

美顔器のメリットとデメリット

美顔器のメリットは何と言ってもその手軽さです。RF機能付きの美顔器は、3万円以上するものも多いですが、1度買ってしまえば、いつでもどこでもできます。

デメリットは家庭用だけに効果が薄いこと。人によっては、ぽかぽかするだけで全く効果を感じない可能性があります。

テープやバンドでリフトアップ

ほうれい線を消すテープの画像
ほうれい線用のリフトアップテープには2つのタイプがあります。一つはほうれい線の上に直接貼って、ほうれい線の溝をテープで平らにクセづけするタイプ。もう一つは、こめかみなど髪の毛で隠れる皮膚の上に貼って、顔を斜め上方向に引き上げて固定し、ほうれい線の溝をのばすタイプです。

リフトアップしてほうれい線の溝を解消したい場合は、こめかみや耳前、耳の後ろなどに貼って皮膚を引っ張るタイプが、ほうれい線の上に直接貼るタイプよりリフトアップ効果が高くなります。

リフトアップ用テープの詳細は、『 ほうれい線を消すテープの貼り方と効果・デメリット 』をご覧ください。

また、同じような理屈で、皮膚を引っ張ってほうれい線を解消するものに、リフトアップ用のバンドがあります。テープは使い捨てですが、バンドは何度も使用できます。リフトアップ用のバンドは頭の後ろを渡して両方のこめかみで固定するものが多いです。

テープのメリットとデメリット

テープタイプのメリットは、即効で顔が上がってほうれい線が気にならなくなることです。同窓会など大切なイベント、どうしても若くみせたい時などに、すぐ若返られて便利です。

デメリットは、顔にたるみが多くほうれい線が深い場合は効果を感じにくいことです。また貼った時は引き上がっても、テープの固定が弱くなり、顔がだんだんと下がってくることもあります。

また顔を引っ張るテープの一番のデメリットは、継続使用で皮膚が伸びてしまうことです。皮膚は引っ張りすぎると伸びる性質があるので、前より顔がたるんでしまう可能性があります。

2-2.表情筋を鍛えてリフトアップする

 

表情筋のイラスト

ほうれい線をリフトアップで解消するには、表情筋トレーニングが有効です。RFラジオ波美顔器がアプローチできる真皮や皮下組織よりもさらに深い場所、筋肉を自ら鍛えられるからです。コツコツとトレーニングするのは少し大変ですが、確実に顔がリフトアップします。

お腹がたるんだオジサンが体のトレーニングを地道に続けると、見違えるように引き締まりますね。顔も同じだと考えると分かりやすいです。

顔を土台から引き上げることができるので、本当の意味で顔がリフトアップします。ほうれい線の上には頬があるので、頬と口をしっかりと鍛えて頬を上げることで、ほうれい部分の負担を減らし、ほうれい線を解消できます。

頬を表情筋トレーニングでリフトアップする方法には2種類あります。1つは、頬をダイレクトに上方向に固定する方法、もう1つは、口の筋肉で頬を引き上げる方法です。どちらか一方で大丈夫です。①と②の両方試してみて、頬が疲れる方を選んでください。

①頬の筋肉を固定することで頬をリフトアップ

1、軽く口をとがらせます

2、上の歯ぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げ1分間 → 鼻の下のばし5秒間。 慣れたら頬がだるくなるまで頬上げを続ける

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。

頬を高くするコツの画像

真上に向かって上げる

口を横に広げて頬を上げないように。口を横に広げると、咬筋(こうきん)という咀嚼筋が刺激されて、エラが張る可能性があります。

②口を動かすことで頬をリフトアップ

それでは、頬をリフトアップするもう一つの方法を解説します。

 1、思いきりの笑顔を作ります。

※目の下にほっぺたがぴたっとくっついたことをイメージします。

頬に意識を集中しましょう。

2、頬に意識が集まったら、

「な~」 と口角を上げて発音します。

口角が上方向に向くように気を付けて。

3、次に「の~」 と発音します。

このときも、頬上部、口角横に意識を向けます。

4、「な~の~い~う~え~お~」 と

頬上部、口角横に意識を向けたまま、2分間繰り返します。

●時間・・・2分間 言葉の早さは、一言が1秒より少し早いくらいがベスト。

 ●トレーニングのコツ・・・「な~の~い~う~え~お~」すべての言葉でしっかりと口角を上げます。

※注意点は口を固定したままにしないこと。一言一言口角を上げながらしっかりと口を動かしましょう。

またトレーニングの最中に、最初の笑顔が真顔に近づいてきたら、すぐに笑顔のつくり直しを!口角を上げて思いきりの笑顔を作った状態をしっかりと維持しながら実践しましょう。

①と②のどちらか1つ、頬が疲れる方を実践しましょう。毎日続けていると、頬の一番高い位置が以前より上がっていることに気づくはずです。頬が上がるとほうれい線が改善します。

表情筋トレーニングのメリットとデメリット

表情筋トレーニングのメリットは、なんといっても自分の表情筋を鍛えるだけなので、副作用がないことです。さらに、頭蓋骨の上の筋肉を鍛えるので、顔の土台から引き上がります。またお金もかかりません。

表情筋トレーニングのデメリットは、筋肉が鍛えられるまでは効果を実感しにくいことです。効果が出るまでには一定の時間がかかります。また、表情筋トレーニングはしわが出来るのではないか?と心配する人がいますが、しわの上に指を置いて皮膚の重なりを防いでトレーニングをすれば、しわが定着することはありません。

2-3.美容医療でリフトアップする

美容医療では、リフトアップの様々な方法があります。真皮にアプローチして肌の弾力を高める施術、皮下組織にアプローチして顔の皮膚を引き締める施術、そして、物理的に顔の皮膚の内部を操作して引き上げる整形分野の施術に分けられます。

真皮に作用するレーザーや赤外線領域の光を使った治療、そして皮下組織に作用するRF治療(サーマクールなど)があります。物理的に皮膚のたるみを取るフェイスリフトや、皮下組織に糸を通して糸の張力で皮膚を上げるスレッドリフトはダウンタイムは長いですが効果は高いです。

真皮に作用するものとしては、他にもPRP皮膚再生療法がありますが、皮膚にハリが出る程度にとどまり、リフトアップ効果が少ないので、今回は入れていません。

照射系治療でリフトアップする

ウルトラリフトの画像

照射系治療には、レーザー、光(IPL)、RFラジオ波、超音波を使ったものなどがあります。それぞれ特性があり、表皮や真皮、皮下組織まで作用して顔を引き上げます。最近では、筋膜まで到達する超音波が登場しました。

軽いほうれい線の場合は、表皮や真皮まで到達するものでも十分効果がありますが、顔がリフトアップするほどしっかりと上げたい場合は、皮下組織や筋膜まで届くRF治療や超音波治療がおすすめです。

照射系治療でほうれい線を改善する詳しい情報は、『 ほうれい線に効くレーザー治療はどれ?効果順ランキング 』をご覧ください。

照射系治療のメリットとデメリット

照射系治療のメリットは、簡単でいつでも出来、ダウンタイムがほとんどないことです。皮下組織や筋膜まで届く大きい出力のものは、少し赤くなる場合もありますが、基本的にはすぐにメイクが出来て人に会えます。

デメリットは効果の持続期間が短いこと。数週間から長くても半年程度です。一度破壊されたコラーゲンが生成されるので、あとで時間をかけて肌に弾力が出ると謳っている美容クリニックもありますが、実際には顕著な引き上げ効果があるのは1か月程度にとどまります。

スレッドリフトでリフトアップ

スレッドリフトの糸の画像

スレッドリフトは、「トゲ」や「コーン」といわれる引っかかりが付いた糸を顔の組織に挿入して、リフトアップする方法です。皮下組織にトゲやコーンが引っかかるので、糸の張力で顔が上がります。顔の側面や頬が上がると、ほうれい部分のたるみが引き上がりほうれい線が解消します。

スレッドリフト治療でほうれい線を改善する詳しい情報は、『 ほうれい線を手術で消す!実際のほうれい線の改善効果と費用・失敗例 』をご覧ください。

スレッドリフトのメリットとデメリット

スレッドリフトのメリットは、切るリフトに比べて体の負担が少ないことです。スレッドリフトを手術の範囲に入れていないクリニックもありますが、施術に1時間程度はかかり、しっかりと麻酔をするので、やはり手術として認識してよいと思います。引き上げ効果は糸をどれくらい入れたか、あとは、入れる位置にもよります。

デメリットはやはり実際にたるみを取るわけではないので、糸に引き上げ力が無くなれば、すぐにもとに戻ってしまうことです。効果のピークは糸を入れた直後から1か月程度のことが多いです。

フェイスリフトでリフトアップ

フェイスリフトは、顔のたるみを手術で取り除く手術です。フェイスリフトの中でも、筋肉を包んでいる筋膜まで剥離して行うフェイスリフトのことを、スマス(SMAS)リフトと呼びます。スマスリフトは、皮膚だけ剥離して引き上げるフェイスリフトより、リフトアップ効果が高くなります。

SMAS(スマス)リフトの概説画像

SMASリフトは皮膚だけでなく皮膚の下にあるSMASと呼ばれる組織(表在性筋膜)も一緒に引き上げることでたるみを改善する手術です。ある程度の年齢のフェイスリフトはこの術式が最も多くなっています。

フェイスリフトのメリットとデメリット

フェイスリフトのメリットは、外科的にほうれい線の原因になっている顔のたるみを取り除くので、ほうれい線の改善効果が高いことです。

デメリットは手術後の腫れがひどく傷跡が残ること。ダウンタイムが長いのでしばらくは髪の毛で切ったところを隠さなければなりません。3か月間は腫れや内出血が残り、傷跡も目立たなくはなりますが、完全に消えることはありません。

また、ほうれい線は顔の中心部に近いので、フェイスラインに近い部分から剥離するフェイスリフトでは、ほうれい線までは効果が及びにくく、結果的にフェイスリフト後にヒアルロン酸の注入などが必要になる場合もあります。

3.ほうれい線の改善に効果があるリフトアップ法の効果ランキング

ほうれい線治療ランキングの画像

これまで、さまざまなほうれい線解消のためのリフトアップ法を見てまいりました。それぞれメリットとデメリットがあることをお分かりいただけたかと思います。

それでは、今まで登場した、「美顔器」「テープやバンド」「表情筋トレーニング」「照射系治療」「スレッドリフト」「フェイスリフト」の中で、最も効果があるものはどれでしょうか?効果があってもそれを上回るデメリットが大きいと、順位は下がります。

メリットデメリットを考えた総合評価で、ほうれい線改善リフトアップ法のランキングを私が勝手に決めてみました。

3-1.リフトアップ総合ランキング

1位:表情筋トレーニング

2位:スレッドリフト

3位:照射系治療

4位:フェイスリフト

5位:美顔器

6位:テープやバンド

このような結果でした。

目に見える効果だけを見たら、フェイスリフトが一番で効果の持続期間も長いです。ただ、それを上回る失敗のリスクがあり、失敗してもやり直しがきかないため、よほどの決意がないと安易にはできないものです。

表情筋トレーニングを1位にしたのは、ほうれい線の原因にもっとも則したリフトアップ法だからです。生まれつき自分の顔に備わっている表情筋を鍛えるだけなので、副作用がありません。やるたびにお金がかかるわけでもなく費用0円です。

照射系のリフトアップ法は施術者の打ち方やショット数に依存し、スレッドリフトも医師の腕が効果にかなり影響します。美顔器やテープ、バンドも人により効果を感じられないことも結構あります。

ということで、ほうれい線の改善リフトアップ法は、表情筋トレーニングが第1位となりました。

4.まとめ

ほうれい線の改善を目的としたリフトアップ法はさまざまあります。人によりそれぞれ悩みの深刻度が違いますので、この記事を参考にしていただき、メリットデメリットを考慮して、できるだけ負担のない方法を検討なさってください。

他にも、ほうれい線改善のための「顔のたるみ解消法」のおススメ記事『 ほうれい線は顔のたるみを引き上げて解消する 』があります。こちらもぜひ参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ