ほうれい線を消す!自分でできる今すぐ若く見せる方法

ほうれい線が目立つ女性の画像

鼻から口にかけて、ハの字に現れるほうれい線。老け顔の象徴ともいえるのでとても気になりますね。今すぐ消したい!と願うものです。このままどんどん深くなるのでは?と不安になってしまいます。

でも大丈夫です!自分でほうれい線を消す方法があります。

私も過去にほうれい線に悩んだ経験がありました。とても辛かったですが、今では消すことに成功しました。その方法をすべてお伝えします。

ほうれい線の悩みが解消されれば、気持ちがとても明るくなりますね。

目次

1.ほうれい線は自分で消すことができる

ほうれい線は美容クリニックに行かなくても、自分で消すことができます。私自身、ほうれい線に悩んで、自分で出来るあらゆる方法を試しました。

美容クリニックでは「ほうれい線」に対する施術が色々と紹介されています。でも私は自分で改善することにこだわりました。まずは自分でやってみること、その方が体に負担がありません。

これからご紹介する方法は、実際にほうれい線を消した実体験に基づくものです。自信を持ってやってみてください。

1-1.顔の筋力アップでほうれい線を消す

ほうれい線を消すために良いと思われることを色々試した結果、ほうれい線を根本的に改善するには、結局、顔の土台である筋肉にアプローチすることが一番良いということが分かりました。

皮膚表面だけのアプローチでは、深いほうれい線には効果が薄いのです。

ほうれい線の少し上の皮膚を、両手の人差し指で真上に持ち上げてみてください。いかがですか?あら不思議!ほうれい線が目の前から消えますね。

この、「線が消える」のがミソ。ということは、皮膚の深い部分、真皮までは、ほうれい線が刻まれていないということです。これは、必ず消すことができるという証拠でもあります。

ほうれい線の上を指で引き上げている画像

1-2.ほうれい線が出来るもっとも大きな原因は、筋力の衰えで頬が下がったこと

ほうれい線が出来てしまうもっとも大きな原因は、顔の筋肉の衰えで頬が下がったことです。頬の筋肉を鍛えることはすぐにでき、効果を感じることができます。

また、口周りの皮膚と筋肉が薄くなると、ほうれい部分が折り込みやすくなってしまいます。ほうれい線を消すには、頬と口周りの筋肉を鍛えることがもっとも効果があります。

1、頬を高くする(頬の筋力アップ)

2、口周りを厚くする(口周りの筋力アップ)

 この2つのアプローチで攻めていきます。

2.ほうれい線を消す2つのアプローチ法とは

2-1.頬を高くして、ほうれい部分の負担を取りのぞく

頬が高くなればなるほど、ほうれい線は目立たなくなります。なぜなら、頬が下がる圧力で口横に負担が増して、口の横に溝ができるから。

ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えによりたるみが発生すること。頬の脂肪が支え切れなくなり下に落ちることで、頬と口の境目の溝が深くなります。

頬が下がれば下がるほど、ほうれい線は濃くハッキリわかるようになります。

頬を高くするには、頬をダイレクトに固定する方法と口の筋肉で頬を引き上げる方法と2通りあります。

どちらか一方で大丈夫。①と②の両方試してみて、頬が疲れる方を選んでください。

①頬の筋肉を固定して頬を高くする

それでは、頬を高くするトレーニングを一緒にやってみましょう。 

1、軽く口をとがらせます。

2、上はぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

●時間・・・頬上げ1分間 → 鼻の下のばし5秒間 慣れたら頬が疲れるまでやると効果的

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。

注意点としては、口を横に広げて頬を上げないように。口を横に広げると、咬筋(こうきん)という咀嚼筋が刺激されて、エラが張る可能性があります。

②口を動かすことで頬を高くする

それでは、頬を鍛えるもう一つの方法を解説します。

1、思いきりの笑顔を作ります。

※目の下にほっぺたがぴたっとくっついたことをイメージします。

頬に意識を集中しましょう。

2、頬に意識が集まったら、

「な~」 と口角を上げて発音します。

口角が上方向に向くように気を付けて。

3、次に「の~」 と発音します。

このときも、頬上部、口角横に意識を向けます。

4、「な~の~い~う~え~お~」 と

頬上部、口角横に意識を向けたまま、2分間繰り返します。

●時間・・・2分間 言葉の早さは、一言が1秒より少し早いくらいがベスト。

 ●トレーニングのコツ・・・「な~の~い~う~え~お~」すべての言葉でしっかりと口角を上げます。

 注意点は口を固定したままにしないこと。一言一言口角を上げながらしっかりと口を動かします。

 またトレーニングの最中に、最初の笑顔が真顔に近づいてきたら、すぐに笑顔の仕切り直しを。口角を上げて思いきりの笑顔を作った状態をしっかりと維持しながら実践しましょう。

頬が疲れる方だけをやればOK

①と②のどちらか1つ、頬が疲れる方をやればOK

2種類実践する必要はありません。簡単ですね!

毎日続けていると、頬の一番高い位置が上がり、頬のふくらみが丸く整うのが分かります。頬が上がると、ほうれい部分の負担が無くなり、ほうれい線は目立たなくなります。

 実際にやってみると、頬がポカポカするのを実感できます。温かくなるのはほうれい線が消える合図。次第に効果が出てきます。

2-2.口周りを鍛えてほうれい部分を厚くし、折れ線を付きにくくする

前章では、頬を高くする方法をお伝えしました。同時に口周りを鍛えれば、さらに効果があります。

ほうれい線は鼻横から口にかけて折り込まることでできますね。口周りの筋肉を鍛えて口周りを固くすると、ほうれいの線が付きにくくなります。

理由は、固い部分は折れにくいからです。試しに、口を閉じたまま、上唇と下唇をぐっと押し合ってみましょう。

ほうれい線を消すトレーニング画像

上くちびると下くちびるをぐっと押し合う

 それから、その状態でほうれい線部分の皮膚を指で押してみてください。皮膚が固くなっているのが分かります。

ほうれい線の上を押している画像

くちびるを押し合ったまま指でほうれい部分を触ると、固くなっているのが分かる

 仮に、口周りの皮膚をギョーザの皮に例えてみましょう。ギョーザの皮を薄く延ばせば延ばすほど、ギャザーの折り目が付きやすいですね。反対に厚いままだとギャザーを寄せにくいです。

同様に、ほうれい部分の組織が薄くなると線が出来やすく、厚いとほうれい部分が折れにくくなります。

 皮膚の下にある口周りの筋肉、「口輪筋(こうりんきん)」をダイレクトに鍛えれば、口周りに厚みが出てほうれい部分が折れにくくなり、次第に刻まれた線が薄くなっていきます。

口周りを鍛えてほうれい部分を折り込ませない

それでは、口周りを鍛えるトレーニングを一緒にやってみましょう。

頬のトレーニングより簡単です!覚えやすいと思います。

1、上のくちびると下のくちびるを押し合う。10秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像1

2、表側にくちびるを思い切りだす。5秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像2

3、次は内側にくちびるを思い切り巻き込む。5秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像3

●回数・・・2セット

 

●トレーニングのコツ・・・上唇と下唇を垂直に押し合い、口周りの筋肉をしっかり緊張させましょう。

3.美容医療でほうれい線を消す方法

これまで、自分でほうれい線を消す方法をお伝えしてまいりました。筋肉を鍛えてほうれい線を改善する方法は、根本解決であり、確実に効果がありますが。

筋肉が育つにはある程度時間がかかります。それでも長い目で見れば、最善の方法です。体にも負担がないし、お金もかからないからです。

しかしそれでも、ほうれい線が気になって辛い!という場合は、経済的、肉体的に負担があることを理解した上で、美容医療を利用することも一つの方法です。

美容クリニックでは、ほうれい線に対応する施術が多くあります。即効性があるものもありますが、いずれも料金が高く、また継続が必要だったりリスクもあります。

に、お手軽なものから負担が大きくダウンタイムが長い順に解説します。

3-1.照射系の治療機器でほうれい線を改善する

照射系の治療器の画像

美容クリニックで使わている治療機器の種類には、RF(ラジオ波=高周波エネルギー)、レーザー、I.P.L(光治療)、などがあり、それぞれ特性があります。

レーザーは単一の光で真皮のコラーゲンを刺激し生成を促します。肌の弾力を失ったために起こっているほうれい線に効果があります。

RF(ラジオ波=高周波エネルギー)による改善

RFは電気的な性質をもったエネルギーで、皮膚の色素に影響を受けないためにエネルギーを皮下組織まで届けることが可能です。代表的なものにサーマクールがあります。

しかし脂肪が直接影響を受けるため、頬がこけてかえってほうれい線が目立つようになる例もあるので注意が必要。顔に脂肪が少ないタイプの方は、レーザーやI.P.Lなど、真皮までしか作用しない機器を選択した方が良いです。

RF治療器は、顔の脂肪が多いタイプでほうれい線が刻まれている方に有効です。

レーザーによる改善

レーザー(laser)とは、光を増幅して放射するレーザー装置のことです。レーザーは複数の種類がありそれぞれ異なる波長をもっています。それぞれ肌のどのくらいの深さまで届くかで作用が異なります。真皮の上層部まで届くタイプのレーザー治療器は熱を加えてコラーゲンを生成させたり、古い角質を除去する効果があります。肌にハリと弾力が生まれるので、軽いほうれい線に効果が見込めます。

I.P.L(光治療)による改善

I.P.Lはレーザーより優しい光エネルギーによる治療です。本来の美しい肌を取り戻すために有効的な治療です。フォトフェイシャルが有名ですね。メラニン色素や毛細血管などのターゲットに直接働くため、皮膚にダメージを与えません。

乱れた肌のターンオーバーを正常に整えるなど、どちらかというと表皮の改善が得意で、刻まれているほうれい線にはあまり効果が期待できません。肌のくすみが取れるので、軽いほうれい線にはよいでしょう。

また、数年前からタイタンという光治療器が出ました。タイタンは真皮まで届く光エネルギーで、たるみによるほうれい線の改善に効果的です。

3-2.ヒアルロン酸による改善

ヒアルロン酸の画像

ヒアルロン酸は体を形成する細胞内に細胞間物質として存在する成分です。抜群の保水力に加え、弾力や柔軟性も持ち合わせています。ほうれい線のラインに沿って注入します。注入後すぐにほうれい線が伸びた実感が得られるのが特徴です。

 しかし、いずれは吸収されるので、効果を持続させるためには繰り返しの注入が必要です。また繰り返し注入することにより、一部は残り続け、しこりになる可能性があることが報告されています。

またヒアルロン酸のような注入物でほうれい線を目立たなくさせるには、どうしても多くの量が必要になってしまい、料金的に高額になりがちです。また大量に入れるとヒアルロン酸の重みで、フェイスラインが下がってしまうことがあります。その結果、顔が大きく見えることがあります。

3-3.スレッドリフトによる改善

スレッドリフトは、特殊な糸を皮下組織に挿入して皮膚を持ち上げる方法です。

スレッドリフトの画像

切らずに即効性が得られるので、メスによるリフトに抵抗がある方に人気があります。糸の刺激でコラーゲン再生を促す効果も併せ持ちます。口横からこめかみに数本の糸を通して引き上げると、ほうれい線が目立たなくなります。

 ただし、皮下組織に糸を通すため、顔を動かすと糸が引っ張られ痛みが出たり、たるみ改善のために表情筋トレーニングをすると糸が早く伸びてしまう、などデメリットがあります。

3-4.フェイスリフトによる改善

フェイスリフト外科医の画像

フェイスリフトとは、しわ・たるみに対する切る手術を意味します。フェイスリフトは対象となる部位、面積、深さにより色々な種類があります。

SMAS法は皮膚だけでなく皮膚の下にあるSMASと呼ばれる組織(表情性筋膜)も引き上げることで効果を持続させる方法です。

 髪の毛の生え際付近を切除するため、筋膜をはがしても、ほうれい線部分まで完全に引き上げることができません。スレッド(糸)やヒアルロン酸注入など、他の施術を組み合わせることが多いです。

またフェイスリフトは大掛かりな外科的手術となるため、体の負担が大きく、また腫れや内出血が長引いてしまい、仕事をもっている方はある程度の連続の休みが必要となります。

4.笑顔が多い人は、ほうれい線が目立たない

笑顔ほど女性を美しく輝かせるものはありません。しかし笑うとほうれい部分が深くなるため、あえて笑顔を作らない方もいるようです。

笑顔をつくると、口角が上がるため、口と頬の境目が引っ込みます。これは年齢、性別関係なくみんな同様、当たり前のことです。しかし、これを気にする女性が非常に多いです。

4-1.ほうれい線を気にして笑わない生活は顔をたるませる

笑顔をつくらない、すなわち表情筋をあまり動かさない生活は、確実に筋肉を衰えさせます。弱い筋肉では皮膚や脂肪を支えられないので、結果的に顔全体がたるみやすくなります。頬が下がるとほうれい線がどんどん目立ってきます。

笑顔でほうれいの溝が深くなったように自分では思えても、それは笑顔の多い人の特徴ともいえ、実際に笑顔の多い顔は、人に良い印象を与えます。豊かで明るい表情が自然にできる人は、老け感を感じさせないものです。

4-2.表情筋を鍛えると脳が活性化する

表情筋と脳は密接に関連しています。特に笑顔をつくることで、本当に心も明るくなることが脳科学の分野で解明されています。笑いは免疫系のナチュラルキラー細胞を活発にして、心身を健康に保つ効果があります。

笑顔が美しい女性の画像

笑顔でイキイキとした表情で生活すると、本当に楽しい気持ちが湧き出てきます。笑顔が多い人は人からも好かれますね。

5.ほうれい線を目立たなくして今すぐ若く見られる方法

今すぐ、このほうれい線を何とかしたい!という場合もあるでしょう。女性ならほとんどの人がするメイクアップ。これを工夫をする、ほうれい線が目立たなくすることができます。

今すぐ若く見られたい!という方はぜひ次のメイクテクニックをお試しください。メイク次第でほうれい線がほぼ分からなくなります。

5-1.メイクテクニックでほうれい線を消す

メイクでほうれい線を消す方法として最も良いのは、コンシーラーを活用することです。ただし、入れる場所にコツがあります。

5-2.効果的なコンシーラーの入れ方

通常通りファンデーションを顔全体につけたあと、コンシーラーを使います。色味は肌の色より2トーンくらい明るめがお勧め。

 ①まずは、小鼻の横にひと塗り

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方の画像1

ほうれい線の根本にあたる小鼻に、コンシーラーを入れ軽くぼかします。これだけで顔全体が明るくなります。

②ほうれい線より少し上に、線をひくように入れる

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方の画像2

ほうれい線を目立たなくするためには、入れる場所が重要。ついほうれい線の上にコンシーラーを入れたくなりますが、正しくはこの場所です。ほうれい線が出来る場所より少し上にコンシーラーを引きます。

③ななめ上方向にぼかします

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方の画像3

このとき、コンシーラーの下側へはぼかさないようにします。その後、指先またはスポンジで下に塗ったファンデーションとなじませます。

5-3.間違ったコンシーラーの入れ方

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方のNG画像

上の画像では、ほうれい線にそって入れていますがこれはNGです。ほうれいの影を消すために、ついこの場所へ入れたくなりますが、この方法は逆効果。

余計に膨張してみえて、かえってほうれい線が目立ってしまいます。

6.まとめ

これまで、ほうれい線を効果的に消す方法をお伝えしてまいりました。一度ほうれい線が気になり始めると、そればかり考えてしまいがちです。私もそうでした。

 ただ、自分では「これはほうれい線だ」と思っても、他人はそれをほうれい線と認識しないことが多いです。なぜかというと、頬と口の境目に溝が出来るのは人間の顔の構造として当たり前だからです。ほうれい線を気にしすぎると、それがストレスとなり表情まで暗くなってしまいます。

そうは言っても、どうしようもなく悩みとなってしまうのがほうれい線。ぜひ記事を参考にして明るい表情を取り戻してください。

コメントはこちらからどうぞ