顔のたるみをとる方法|ブルドッグ顔を改善!簡単なメソッド3選

顔のたるみをとりたい女性の画像

顔のいろんな変化が見られるようになる40代。その中のひとつが顔のたるみです。

顔にたるみが見られるようになると、以前と同じようにバッチリメイクをしたつもりでも、何だか決まらなくなってしまいます。頬が下がって、顔の輪郭が曖昧になるので老けてみられがちです。

どうすれば顔のたるみを効果的にとることができるのでしょうか?顔のたるみをとるためにマッサージをしている人もいますが、実はマッサージは逆効果です。

ここでは、顔のたるみをとるために簡単安全にできる3つのメソッドをご紹介します。また美容整形で顔のたるみをとる方法についてもお伝えしますので、本格的な治療を考えている人も参考にしてみてください。

目次

1.顔のたるみをとるにはいつでもできるセルフケアが効果的

顔のたるみをとりたい女性の画像

顔のたるみをとるというと、美容整形でリフトアップさせることを思い浮かべる人も少なくありませんが、顔のたるみはセルフケアでもとることができます。

セルフケアだと、エステサロンやクリニックに通う必要がありませんし、いつでもどこでも簡単にできます。また、メスを入れることもありませんから、安全に顔のたるみを改善することができます。

1-1.そもそも顔のたるみの原因は?

顔のたるみの原因のイメージ画像

顔にたるみができてしまう原因としては大きく3の要素が考えられます。

<顔のたるみの主な原因>
①表情筋の衰え
②真皮の線維芽細胞(せんいがさいぼう)の衰え
③加齢による顔の脂肪の付き方の変化

まず考えられるのが、顔にはりめぐらされている表情筋の衰えです。体も加齢とともに筋肉が衰えるのと同様、顔も表情筋が衰え、それが顔のたるみにつながります。

また、皮膚の真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンをつくり出す線維芽細胞(せんいがさいぼう)の衰えも顔のたるみの原因です。線維芽細胞が衰えると、肌弾力が低下して顔がたるんでしまいます。

さらに、加齢によって顔の脂肪のつき方に変化があらわれることも顔のたるみを引き起こします。

2.顔のたるみをとる方法

顔のたるみをとる方法の画像

顔のたるみは、表情筋の衰えや線維芽細胞の衰え、顔の脂肪のつき方の変化によるものですから、これらの原因を解消していくことが顔のたるみをとるためには必要となります。

具体的にどのようなセルフケアを行うことができるのか、またそれぞれの方法がどの原因にアプローチするのかご紹介していきましょう。

<顔のたるみをとるセルフケアと顔のたるみの原因へのアプローチ>

・表情筋を鍛える
   ↓
表情筋の衰え①に対応

・顔のたるみに効果的なツボを押し
   ↓
線維芽細胞の衰え②と顔の脂肪の付き方の変化③に対応

・美顔器でのケア
   ↓
線維芽細胞の衰え②と顔の脂肪の付き方の変化③に対応 (表情筋の衰え①にも少しだけ対応)
※美顔器での表情筋の刺激は、自分で表情筋を鍛える効果に及びません。

2-1.顔の筋肉(表情筋)を鍛えて顔のたるみをとる

表情筋の画像

表情筋の衰えは、自力で顔の筋肉を動かし鍛えることで改善することができます。表情筋が強くなって引き締まれば、顔のたるみがとれて若返ることができるのです。

顔の筋肉を鍛えると顔のたるみがとれる理由

表情筋を鍛えるとなぜ顔のたるみをとることができるのか?不思議に思われるかもしれませんね。その理由は、表情筋と皮膚がくっついているからなのです。くっついている、というとイメージがわきにくいかもしれませんが、表情筋の役割を考えると分かります。

表情筋は骨格筋の分類ですが、「皮筋」と呼ばれる特殊なもので、体の骨格筋のように筋肉の両端が骨から骨に付着しているのではなく、骨から皮膚へくっついています。顔の表情をつくるのが表情筋の役目だからです。

表情筋の解説画像
表皮から皮下組織までが皮膚。表情筋は皮膚の最下部である皮下組織にピッタリはり付いている

この理由から、衰えた表情筋を鍛えて引き上げれば、おのずから皮膚も一緒に引き上がる、すなわち、顔のたるみが解消されるというわけなのですね。

顔のたるみをとる表情筋トレーニング

それでは、顔のたるみに効果的な表情筋トレーニングの方法をお伝えします。顔の範囲は広いので、額、目元、頬、口元から顎の4つに分けて鍛えていきます。

顔のリフトアップは4分割の画像
顔を4つのパートに分けて表情筋を効率に鍛えよう!

<表情筋の部位の分け方>
・①額
・②目元
・③頬
・④口元から顎

それではそれぞれのパートのトレーニング方法をお伝えいたします。

①額を鍛えて顔のたるみをとる方法

前頭筋の画像
前頭筋(ぜんとうきん)

まずは①のパート、顔のもっとも上部である額(おでこ)を鍛えましょう。

額には「前頭筋(ぜんとうきん)」という筋肉があります。前頭筋は後頭筋(こうとうきん)という後頭部の筋肉と二腹筋をなし、セットで動いています。両者は頭部の皮膚を支えているので、前頭筋を鍛えると頭部の筋肉も一緒に鍛えられ、顔の上部を引き上げる効果と頭皮が顔に押し寄せるのを防ぐことができます。

●額を鍛える方法

1、人差し指と中指でチョキを作り、おでこに当てる。指は強く押しつけないように注意。

おでこのしわを消すトレーニング説明画像1 

2、まゆげの上げ下げをゆっくり10 回する。2本の指でまゆ毛を上げたときにできるおでこのシワを防ぎます。

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像2

3、まゆ毛を上げたままキープ10 

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像3

回数・・・上記を1セット 1日1回

●トレーニングのコツ・・・指をおでこに置く理由は、まゆ毛を上げた時にできるシワを定着させないためです。まゆ毛を上げた時にできるシワはすべて指でカバーしてください。ただし、額を強く圧迫しないように、指はあくまで額の上に添える程度で十分です。

まゆ毛の上げ下げ10回、10秒キープを1日1回やるだけで、顔の最上部、上の図の①のパートのたるみが解消されます。効果は開始して2週間目から出てきます。額の筋肉が鍛えられると顔のたるみの解消だけでなく、上まぶたのたるみが解消されて目が開きやすくなります。

②目もとを鍛えて顔のたるみをとる方法

眼輪筋の画像
眼輪筋(がんりんきん)

次は②のパートの目の周りの筋肉を鍛えます。これから説明するトレーニングは、目の周りを取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)を鍛える効果があります。

眼輪筋をしっかりと鍛えると、目尻が上がり目元がスッキリします。

●目元を鍛える方法

1、舌を上下の歯で軽く噛んだまま、片目をつぶってウィンクする。これを踏切の信号機のように繰り返す。目尻にシワが出ない程度のウインクで。ぎゅっとつぶる必要はありません。

目の下のたるみ改善トレーニングの解説画像

●回数・・・1秒に右と左のまばたき。左右30回 1日1回

目の周りを取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)を鍛えて引き上げます。目尻が上がることにより、顔の上部、上の図の②の部分のたるみが解消されます。効果は2週間目から感じることが多いです。

③頬を鍛えて顔のたるみをとる方法

頬の筋肉の画像1
大頬骨筋(だいきょうこつきん)

それでは次に、③のパートである頬を鍛えます。頬はメーラーファットと呼ばれる脂肪が多くあり、①~④の部位の中ではもっとも重たい部分です。頬の筋肉が衰えると、頬の重みで頬が下がり、顔全体のたるみにつながります。

顔のたるみをとるには頬を鍛えて上げることが重要です。

●頬を鍛える方法

1、軽く口をとがらせます

2、上の歯ぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げを1分間継続 → 鼻の下のばし5秒間。 1日1回

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。黒目の下に頬を近づけるつもりで。

頬を高くするコツの画像
真上に向かって上げる

●1分間、頬を上げ続けると、頬の筋肉である大頬骨筋(だいきょうこつきん)、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)が刺激され鍛えられます。顔の中心部の頬が上がると、見た目にも、顔のたるみがとれてとても若々しくなります。

頬の筋肉の画像2
小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

頬の筋肉は広範囲のため鍛えるのに少し時間がかかるため、頬のたるみの改善効果は3週間目から分かるようになります。

④口から顎を鍛えてたるみを解消する方法

内側翼突筋の画像
内側翼突筋(ないそくよくとつきん)

最後は、④のパート、口元から顎を鍛えてたるみを解消します。特に顎回りのラインがシャープになると、顔のたるみの改善効果が良く分かります。しっかりと鍛えて顔のたるみを解消しましょう。

●口から顎を鍛える方法

1、口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ 
口を寄せた反対側のあごらいん(フェイスライン)がはっきりと出るように、しっかりと口を片側に寄せます。

顔のたるみ改善トレーニング画像1

2、反対も同様に。口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ

顔のたるみ改善トレーニング画像2

回数・・・2セット 1日1回

注意点・・・指で口角を引っ張り上げないようにしましょう。

このトレーニングは④の顔の下部が引き上がります。特にフェイスラインの引き締めに効果があります。

このトレーニングは、「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」、「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」、「顎舌骨筋(がくぜっこっきん)」など、顔の下部の筋肉を鍛えることができます。外側翼突筋は内側翼突筋の上に重なるように位置しており、この2つはセットで動いています。

さらにもう一つ、口周りを引き締めるトレーニングをご紹介します。口周りも一緒に鍛えると、顔のたるみをとる効果が高まります。このトレーニングには頬を上げる効果もあります。

●口周りを引き締めるトレーニング

1、上のくちびると下のくちびるを押し合う。10秒キープ

 ほうれい線の改善トレーニング画像1

2、表側にくちびるを思い切りだす。5秒キープ

 ほうれい線の改善トレーニング画像2

3、次は内側にくちびるを思い切り巻き込む。5秒キープ

ほうれい線の改善トレーニング画像3 

回数・・・2セット 1日1回

口輪筋(こうりんきん)という口周りの筋肉を鍛えます。上唇と下唇を垂直に押し合い、口周りの筋肉をしっかり緊張させましょう

口輪筋の画像
口輪筋(こうりんきん)

口周りのたるみ解消とともに頬のたるみ改善の効果があります。特に口周りのたるみ感は顔全体の老け感にもつながりますので、顔の下部は手を抜かずにしっかりと鍛えてまいりましょう。

2-2.ツボを押して顔のたるみをとる

顔のたるみをとるためにツボを押す女性の画像

顔の筋肉を鍛えるのに加えて、ぜひ顔のたるみをとるためにやってほしいのはツボ押しです。ツボ押しは、血行を促進して新陳代謝をアップさせることができるので、顔の筋肉を引き締めてたるみを改善するのに効果的です。

ツボ押しのおすすめの時間帯は朝起きたときもしくは就寝前ですが、それ以外でもゆったりとした気持ちでできる時間帯ならいつでもOKです。

すべてのツボ押しの基本は、ゆっくり息を吐きながら5秒押し、息をゆっくり吸いながら5秒で指の力を抜きます。これを1か所、5回ほど行います。なお回数は体調により加減して結構です。

次に顔のたるみをとるのに特に効果がある4つのツボをご紹介します。

■下関(げかん)

ツボの下関の場所の画像

両頬の耳の前にあり、口を開けるとくぼみができるところです。このツボは新陳代謝を良くする作用があるので、むくみやすい人にもオススメのツボです。顔全体のたるみに効きます。

<押し方>

人差し指の腹を当てて、両側から揉むようにして少し強めに押します。

■顴りょう(けんりょう)

ツボの顴りょうの画像

頬骨のすぐ下にあるツボです。目尻から真下の頬骨のきわにあります。頬の筋肉のたるみの引き締めに効果が期待できます。

<押し方>

人差し指の腹を当てて、下から押し上げるような感じでゆっくりとツボを押します。

■頬車(きょうしゃ)

ツボの頬車の画像

両顎のエラの部分から1cmほど頬側に移動させた部分にあります。歯を噛み締めた時に少し盛り上がる部分です。このツボはフェイスラインを引き締める作用があるので、二重あごなどの改善にも効果が期待できます。

<押し方>

人差し指の腹を当てて、ゆっくりと押します。

■上廉泉(じょうれんせん)

ツボの上廉泉の画像

顎の真下の中央部分の少しへこんだところにあります。フェイスラインのたるみを引き締めて、二重あごを改善する作用があります。

<押し方>

顎を上げ、親指の腹にツボを当て、人差し指で顎をつかんで上方向に押し上げるような感じでゆっくりとグッと押す。

※各ツボは5秒程度押しては離して、を5回程度繰り返してください。

2-3.美顔器で顔のたるみをとる

顔のたるみをとるためのお助けアイテムとして美顔器があります。美顔器の中には表情筋に刺激を与えて顔のたるみをリフトアップしてくれるものや、コラーゲンやエラスチンの生成を促して肌の弾力をアップしてくれるものがありますので、そのような美顔器を選べば顔のたるみをとるのに効果的です。おススメの美顔器を3つご紹介します。

■エステナードリフティ

エステナードリフティの画像

RF(ラジオ波)、EMS、イオン導入の3つの機能が搭載されていますから、肌奥まで温め、表情筋を刺激し、美容成分を肌の奥まで届けることが可能です。週に2回のお手入れで筋肉を引き締め、顔のたるみをリフトアップしてくれます。

公式サイト単品価格:28,000円(税別)

RFボーテ フォトPlus EX

RFボーテ フォトPlus EXの画像

1台でRF(ラジオ派)、イオン導入、EMS、マイクロカレント、LED(フォト)、クールの6役を果たしてくれる優れものです。中周波と低周波のダブル波EMSで表情筋にアプローチして、たるんだ頬・フェイスラインも引き締めます。肌のコンディションや気分などに合わせて6つのお手入れコースから選んでケアすることができます。

公式サイト通常価格:45,000円(税別)

NEWAリフト

ビューテリジェンスniwa リフトの画像

肌の引き締めに特化したリフトアップ効果の高い美顔器です。医療機関で使用されているたるみ治療器をヒントにつくられているため、優れた引き締め効果が期待できます。

30代に入ると、1年でコラーゲンが12%減るといわれていますが、NEWAリフトで約3ヶ月間トリートメントを続けた結果、コラーゲンの含有量が3.8%増加したという研究結果も出ています。顔のたるみをとるのに優れた効果が期待できる美顔器のひとつです。

公式サイト通常価格:62,800円(税別)

3.顔のたるみを加速する意外な習慣とは

顔のたるみにびっくりしている女性の画像

日常生活の中で何気なくやっていることが顔のたるみを加速させていることがあります。顔のたるみを引き起こす、もしくは悪化させる習慣にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

 3-1.フェイスマッサージ

フェイスマッサージのイメージ画像

肌の新陳代謝を高めるのに効果的なフェイスマッサージですが、力を入れ過ぎてしまうと皮膚が引き伸ばされるためにたるみの原因となってしまいます。特に自己流のマッサージは肌に負担を与えてしまうことが少なくないので注意が必要です。

真皮を刺激して肌にハリを与えるのが目的なら、表情筋トレーニングで十分です。表情筋トレーニングは皮膚の下から筋肉を動かして真皮を指摘し、活性化させます。いわば皮膚の下からのマッサージです。

顔のたるみを防ぐためにも、できるだけ肌を直接刺激するマッサージの習慣を止めましょう。

3-2.頬杖をつく、姿勢が悪い

頬杖をつく女性の画像

頬杖をつくと頬杖をついている方の皮膚が圧迫されて引き伸ばされてしまうので、たるみの原因となります。また背骨が曲がって顎が前に出てしまっていると、頬の皮膚も下に向かって引っ張られやすくなるため、顔がたるみやすくなります。

3-3.間違った洗顔方法

洗顔をしている女性の画像

洗い過ぎは肌の乾燥を招き、それが顔のたるみにつながります。顔を熱いお湯で洗う、洗浄力が強い洗顔料で顔を洗う、という習慣のある人は、そうでない人と比べて顔がたるみやすくなります。

4.セルフケア以外の顔のたるみをとる方法

美容クリニックのイメージ画像

顔のたるみを本格的にとりたいという場合は、美容整形を受けることもできます。顔のたるみをとるための治療として広く行われている美容整形をご紹介します。

4-1.フェイスリフト手術

メスによるたるみ改善手術の画像

髪の生え際など目立たない部分を切開して、たるんだ皮膚を引き上げる治療方法です。メリットは顔のたるみをとる効果が高いこと、効果の持続期間が比較的長いことが挙げられます。デメリットは全身麻酔をかけてメスを入れるので、体に負担がかかるという点と術後のダウンタイムがあるという点です。

4-2.糸を使ったリフトアップ術

スレッドリフトの糸の画像

「メスを使うのは抵抗がある」という人に人気なのが糸を使ったリフトアップ術です。このリフトアップ術は、皮膚を切って縫い寄せる代わりに、特殊な糸を皮膚の中に通して、それを引き上げることによって顔のたるみをとります。メスを入れないので体への負担が軽いというメリットがあります。

デメリットとしては、数日のダウンタイムがあること、また医師の技術力によっては「引きつれ」などの失敗が起きることがあるという点があります。

糸には複数の種類がありますが、大きくは溶けるタイプの糸と溶けないタイプの糸に分けられます。溶けるタイプの糸は数ヶ月~数年かけて糸が体内に吸収されてしまいますので、効果持続期間は1年~数年程度と短くなります。

4-3.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入の画像

顔のたるみがみられる部分にヒアルロン酸を注入して、ふっくらとさせることで顔のたるみをとる方法です。メスを入れる必要がありませんし、入院する必要もありませんから、比較的気軽に受けることができるリフトアップ方法です。

デメリットは、効果の持続期間が半年~数年程度と限りがあることです。

5.顔のたるみを改善するために日常生活でできること

女性の画像

せっかく顔のたるみをとるためのケアを行っても、日常生活で顔のたるみをつくりやすい習慣を続けていれば、なかなか思うような改善がみられないかもしれません。

顔のたるみをとるためには、次の点に気を付けてみてください。

5-1.紫外線対策を行う

紫外線を浴びている女性の画像

紫外線は肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与えて、肌のハリや弾力を低下させる原因となります。ですから、外出時は日焼け止めを使用するとともに日傘や帽子などで紫外線から肌を守るようにしましょう。

また室内でも窓ガラスを通して紫外線は入ってきますから、UVカット効果のあるカーテンを使用するなど室内でのUV対策も怠らないようにしてください。

5-2.保湿ケアをしっかりと行う

顔のたるみのケアをする女性の画像

肌の乾燥はたるみを引き起こす原因となりますから、顔のたるみをとるためには保湿ケアをしっかりと行うようにしてください。洗顔後は化粧水だけという人もいますが、それでは肌の乾燥が進んでしまいます。

化粧水の後は必ず乳液を使用する、また必要に応じてはクリームで保湿するなどといった保湿ケアをしっかりと行いましょう。

5-3.質の良い睡眠をとる

睡眠時に肌はつくられますから、質の良い睡眠をとることは顔のたるみを改善するためには大切です。一般的に睡眠時間は8時間程度とることが理想とされていますが、それが難しい場合は、質の良い睡眠をとるように努力してみてください。

就寝後の3時間を深く眠ることができれば肌のターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌を促すことができますから、寝る1時間前から照明を暗めにする、リラックスできる音楽などを聴いて気持ちを落ち着ける、などを心がけて眠りモードに入るようにしましょう。

6.まとめ

顔のたるみは悩ましいものですが、努力次第で改善することができます。美容整形を利用するのものひとつの方法ですが、医師によって技術にバラつきがあるため、失敗のリスクもあります。美容整形を利用する場合は、リフトアップで評判のいい医師を探すようにしてください。

その点、セルフケアなら安全に顔のたるみをとることができます。ここでご紹介した3つのメソッドはどれも顔のたるみに効果があるものですから、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

なお、先ほどもお伝えしたように、顔の中でも特に頬は脂肪が多い分もっともたるみやすい部分です。頬を集中的にリフトアップする方法を『 ほほのたるみを即効で改善!5つメソッドで簡単リフトアップ 』でお伝えしていますのでぜひ参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ