ほうれい線を消すメイク術|上級テクニックノウハウ

ほうれい線を消すメイクをする女性の画像

気になるほうれい線を今すぐ消したい!ってときありますよね。同窓会で久しぶりの友人や大切な人に会う時など、少しでも若く見せたいものです。少なくとも老けたな~と思われることだけは避けたい!そんな時はメイクアップという強い味方があります。

ただ、ほうれい線はよく動かす口に近い場所にあるため、へたにメイクするとかえって目立つ結果になってしまいます。では何もしない方がいいのでは?と思うかもしれませんが、実はそうではありません。

いつものメイクにちょっと手を加えるだけで、ほうれい線をうまく隠せるメイク法があります。手を加えるだけでなく引き算も重要。厚塗りは顔を老けてみせます。

この記事では、ほうれい線が目立たなくなるだけでなく、顔全体が若く輝いて見えるメイク法をお伝えします。普段のメイク法をちょっと見直すだけでOK!それほど時間はかかりませんので、ぜひ試してみてください。

1.ほうれい線を消すメイクの目的は顔を若く見せること

若々しい女性の画像

ほうれい線を消すメイクが成功する最大のポイントは、ほうれい線を消すことが目的ではなく、顔が若く見えることを主眼におくことです。

ここを勘違いしてしまうと、ほうれい線の溝の暗い影を消すことだけにやっきになってしまい、顔全体で見るとおかしなことになってしまいます。実際、街ではそのような人をみかけることがあります。

最大の目的は顔を若く見せることであって、ただ、「ほうれい線の溝そのものを消して見えなくする」ということではありません。メイクを仕上げた時点で、メイク前より顔が若返っていれば、そのメイクは成功したことになります。

1-1.ほうれい線を消すメイクの基本5か条

ほうれい線を消すメイク法

ほうれい線を消すメイクに必要な、基本的な考え方が5つあります。この5つの基本をしっかりと頭に入れておくだけで、ほうれい線が消えたかのような若見えメイクは成功します。

①ほうれい線を消すメイクの基本はうす化粧

ほうれい線を消して若く見せるメイクの基本は、何と言ってもうす化粧を心がけることです。分かりやすくいうとファンデーションを限界まで薄くつけること。

綺麗にメイクしてでかけても、お昼過ぎにほうれい線の溝にファンデーションがたまっていてびっくりした、という経験はありませんか?

ベースメイクはとにかく徹底的に薄く薄く、素肌っぽく仕上げること。「ファンデーションを塗っていないように見えるのに、美しい」と思われるメイクが目標です。

特に40歳以降はファンデーションを厚く塗るほど、シワっぽくなり老けて見えるということを覚えておいてください。

②ほうれい線の溝にコンシーラーは厳禁

ほうれい線の溝の暗く見える部分に、つい、シミを消すようにコンシーラーを使いたくなるものですが、これも絶対やってはいけないことのひとつです。

コンシーラーはシミのような暗い部分を消すのには便利なメイクグッズですが、平面にあるシミやあざ以外の、窪み部分の影に塗ると、ほうれい線の溝が余計に強調され目立ってしまいます。

コンシーラーを使う位置は、ほうれい線から少し上の頬側です。詳しくは、第2章「ほうれい線を消すメイクアップ法」で説明いたします。

③頬を高く見せるメイクテクニックを使う

ほうれい線を目立たなくするメイクは、すなわち、顔が若く見えるメイクともいえます。頬の位置が高ければ基本的に若く見えます。実際には頬の位置が下がっていてもメイクで高く見せることが可能です。

頬の位置を高く見せれば、顔の上半分にボリュームがあるようにみえ、また人の目線も顔の中心より上に集中するため、ほうれい線そのものが人の視界から消えやすくなります。

④若見えハイライトテクニックを使う

ハイライトは若見え顔に必須です。年齢を重ねると、顔の各部に若いころにはなかった「暗い影」が現れます。それを丁寧に消して明るく見せてくれるのがコンシーラーなどの「ハイライト」です。

コンシーラーには、シミやあざ、ニキビ跡をポイント的に消すタイプと、顔の広い面に使って明るく見せるタイプがありますが、ほうれい線を消すメイクで使用するのは、後者の広い面に塗って明るく見せるものです。

顔の各部に、ほうれい線を目立たなくする若見えポイントがありますので、そこにハイライトを入れると顔がスッキリ若く見えます。

⑤仕上げのパウダーは使わない

ほうれい線を消すメイク法では、仕上げのパウダーを使いません。基本の①でもお伝えしましたが、ファンデーションは厚く塗れば塗るほど、ほうれい線が目立ちます。ほうれい線だけでなく、目の周り、口周りの小じわがはっきりと、しかも実際以上に目立つことになります。

クリームやリキッドファンデーションのてかりを抑えた場合は、Tゾーンだけに使い、ほうれい線ができる口周りや目の周りから頬には使わないようにしましょう。

2.ほうれい線を消すメイクアップ法

それでは、基本5か条を頭に入れたところで、効果的なメイク法を手順にそってお伝えします。ステップ①からステップ⑥の順ですすめていきます。

ステップ①メイク前の肌づくり
ステップ②ベースメイク
ステップ③ハイライト1
ステップ④ハイライト2
ステップ⑤シャドーカラー
ステップ⑥チークカラー

2-1.ステップ①メイク前の肌づくり

ほうれい線を消すメイクに入る前に、肌をしっかり保湿して整えます。肌表面は潤っているように見えても肌の内部が乾燥していれば、せっかくのメイクが崩れやすくなります。

乾燥している肌のイメージ画像

特に洗顔後は、肌の水分が逃げて乾燥しやすくなるので、化粧水で水分を補い、美容液で角質層のすみずみまで潤いで満たします。クリームは乾燥しやすい、目の周りに薄くつける程度にとどめます。崩れやすくなるので、ほうれい線の上にはクリームを付けません。そのぶん美容液でたっぷりと潤します。

特に気になるほうれい線の周りは保湿効果の高い美容液を丁寧になじませてください。こうすることで、その後に乗せるファンデーションが肌にしっかりと密着します。

ほうれい線を消すメイクをする女性の画像
ほうれい線を消すメイクの前に、美容液を丁寧になじませる

使用する美容液は肌の上に被膜として残らない合成ポリマー無配合のものをお勧めします。お肌に優しく保湿効果が高いタイプを選びましょう。

セリフ パーフェクトモイスチャライジングセラムの画像

●敏感な肌にも優しいおススメ高保湿美容液「セリフ パーフェクトモイスチャライジングセラム」※合成界面活性剤・合成ポリマー無配合の美容液。(加藤ひとみがプロデュースしました。)

2-2.ステップ②ベースメイク

基礎化粧品で肌を整えたら、顔全体のベースメイクをしていきます。

ベースメイクは一番時間をかけるべきところ。顔の上半分に光を集めるベースメイク法なので、これだけでもかなりほうれい線の存在が目立たなくなります。

1.下地クリームを5点おく

両頬、額、アゴ、鼻先の5点に下地クリームをのせ、手ですばやくなじませます。下地クリームの全体量は、パール粒2つ分です。

ベースクリームをつけた女性の画像
両頬、額、アゴ、鼻先にベースクリームを点々と置く

下地クリームの塗り忘れがあると、化粧崩れしやすくなるので、多めのクリームで隙間なく顔の隅々までしっかり塗っていきます。あとでスポンジで余分なクリームを取るので大丈夫。

下地クリームはこの後につけるファンデーションと素肌をしっかりと密着させる接着剤の役目をします。化粧崩れをせず、美しい仕上がりを長持ちさせるためにとても大切なステップとなります。

5点に置いたら、最初は手で全体になじませたあと、スポンジでしっかりと顔全体になじませます。何もつけていないカラのスポンジを使って、ポンポンと軽くパッティングしていきます。余分な油分を吸収し肌への密着度がアップするとともに、肌のツヤ感が高まります。約30秒ほど顔全体をスポンジでパッティングします。

特に小鼻の横にクリームがたまりやすいので、スポンジを折った角で丁寧になじませていきます。

<私の愛用スポンジ>

スポンジの画像
2ウェイスポンジ(マックスファクター)
ほどよく下地クリームやファンデーションを吸い込み、必要な量をムラなく肌にのせてくれるスポンジ。コシがあり肌あたりが優しいのでヘビーユースしています。

2.ファンデーションの2色づかいで顔全体にオーラをかもしだす

さて、下地クリームをムラなく顔に叩き込んでなじませたら、ファンデーションを塗っていきます。顔の上半分に視線が集まるよう、ベースメイクは2色を使います

2色づかいといっても、顔の各部に合わせてファンデーションを塗り分けるわけではありません。小鼻から目の周りにかけて、透明肌を一枚仕込む方法です。

それでは、手順を詳しく説明いたします。

ファンデの前に透明肌を一枚仕込む

下地クリームのあと、まずは小鼻脇からまゆの上まで、ちょうど水泳のゴーグルで隠れる位置を、このあと使う本ファンデーションより1段階明るい色のリキッド状のファンデーションを塗ります。

メイク手順の説明画像
水泳のゴーグルで隠れる位置に、ファンデーションより一段明るいリキッドファンデを塗る

顔の上部に光を集めるので、ほうれい線を強調させることなく、自然にカバーできます。ファンデーションは指でしっかりとなじませます。ゴーグル範囲から出ないように、なじませる時は指使いに気を付けましょう。

リキッドファンデーションの例:

エイキッドファンデーションの画像
エクシア AL フリュイドファンデーション NA200(アルビオン)
白さと透明感を生み出すファンデーション。本ファンデーションの前に使うと、内側から発光する肌づくりができる

クリームファンデーションを部位ごとに塗る

ゴーグルの範囲に一段明るいファンデを塗ったら、次に頬の中央から肌の色にあったクリームファンデーションを塗っていきます。

ファンデーションは頬から塗るのが鉄則です。まずは、頬の中央に少量のファンデーションを置きます。ファンデーションが乾かないうちに、スポンジで塗り広げます。すばやく伸ばすのがコツです。

ファンデーションの手順画像
頬の中央にファンデーションを指で置き、素早くスポンジで塗り広げる

ファンデーションを伸ばすときは、中央から外側にスポンジを動かします。反対の頬も同じように塗っていきます。

次に額に少量のクリームファンデーションを置き、すばやくスポンジで伸ばします。

メイクの手順画像
額の中央にファンデーションを指で置き、素早くスポンジで塗り広げる

頬と額を仕上げたら、鼻やアゴ先も同じ流れでなじませていきましょう。

目のキワや小鼻横はスポンジを折り曲げて、小さくした角を使うと細かい部分もスムーズに塗れます。

フェイスラインは首筋にそって、スポンジを動かし、顔と首に境目ができないようにしましょう。

ファンデーションの例:

ファンデーションの画像
リサージボーテ 艶クリームファンデーション(リサージ)
みずみずしい質感で顔が立体的になったかのようにみせるファンデーション 

本ファンデーションの全体量は、パール粒1個分が目安。その後、なにもついていないスポンジでさらに余分な油分を取っていきます。ここでも30秒パッティングすると、素肌感のある仕上がりになります。

2-3.ステップ③ハイライト1

ファンデーションの2色づかいができたら、次はパール入りのハイライターを、目の下とTゾーンにプラスします。ハイライターを入れると、顔の上半分にさらに明るさが出ます。

ハイライターの画像
目の下とTゾーンにハイライターをプラス

ペンシル状のハイライターが便利です。線を引くように塗ったあと指でぼかし、さらに先のベースファンデとなじませるようにスポンジを使って叩き込みます。

また、ほうれい線の根本の小鼻のわきの溝にも、ハイライターを入れます。このとき、あくまでほうれい線の始まりの部分、小鼻の横のみに入れるように気を付けます。決してほうれい線すべてにハイライターを入れないようにしてください。

ハイライターの画像
ほうれい線の根本、小鼻の横にハイライターを入れる

さらに上まぶたにもハイライターちょんちょんとのせ、指で軽くなじませておきましょう。こうすることで、上まぶたのくすみも取れます。

ハイライターの画像

ハイライターの例:

ハイライターの画像
アイディアル ライト イルミネーター08(エスティローダー)
肌が発光したようなナチュラルな光沢感を演出するハイライター

2-4.ステップ④ハイライト2

「ハイライト1」で顔の上半分に光を集め、顔の各部のくすみを取ったら、いよいよ、ほうれい線の近くにハイライトを塗って、ほうれい線の影をカバーします。

1.ほうれい線より少し上に線をひくように入れる

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方の画像2

ほうれい線を目立たなくするためには、入れる場所が重要。ついほうれい線の線上にコンシーラーを入れたくなるものですが、正しくはこの場所です。ほうれい線が出来る場所より少し上にコンシーラーを上方向に引きます。

2.ななめ上方向にぼかす

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方の画像3

1で引いたコンシーラーを斜め上方向にぼかしていきます。このとき決してコンシーラーの下側へはぼかさないようにします。その後、指先またはスポンジで下に塗ったファンデーションと軽くなじませます。

間違ったコンシーラーの入れ方

ほうれい線を消すコンシーラーの入れ方のNG画像

上の画像では、ほうれい線にそって入れていますがこれはNGです。ほうれいの影を消すために、ついこの場所へ入れたくなりますが、この方法は逆効果。余計に膨張してみえて、かえってほうれい線が目立ってしまいます。

2-5.ステップ⑤シャドーカラー

ハイライト1と2を仕上げたら、肌より一段暗めのカラーパウダーで、頬骨の下からフェイスラインに沿って影を入れます。このテクニックはほうれい線を目立たなくし、さらに小顔に見せる効果があります。

ほうれい線を消すメイク法の画像

ほうれい線を消すメイク法の画像

上の画像の黒の線は位置を分かりやすくするためのもので、実際にはこの位置に肌より濃いトーンのパウダーをブラシでなでてつけます。

またこのシャドーカラーの位置は、加齢によりボリュームが出る場所なので、他の部位と同じ色で塗ってしまうと、顔が下ぶくれになり、顔のたるみが強調されてしまいます。シャドーを入れると顔の上部の明るさとのメリハリが出来て、ほうれい線を目立たなくすることができます。

2-6.ステップ⑥チークカラー

最後はチークカラーで仕上げます。通常、チークは頬の一番高い位置を目安に入れますが、ほうれい線ができやすい顔は頬が下がっていることがほとんどなので、実際の頬を目安に入れずに、黒目の下を目安にします。

黒目の位置から下に引いた線と小鼻の水平の線が交わった場所から上に2分の1距離あがったところが、ほうれい線を目立たせないチークを入れる最初のポイントです。

ほうれい線を消すメイク法の画像

ほうれい線を消すメイク法の画像

練状のチークを指にとり、赤丸●のポイントに丸くぼかして入れます。

ほうれい線を消すメイク法の画像

それからパウダー状のチークをブラシに取り、同じポイントにブラシを置いてこめかみ方向にブラシを払うようにして装います。

これで、ほうれい線を目立たせず若く見えるメイクの基本が完成です。あとは、お好みのポイントメイクで仕上げてください。

4.ほうれい線を消すメイク法まとめ

 ほうれい線を消すメイク法をお伝えしてまいりました。メイクの仕方によって、顔はいくらでも若々しく見せることができます。

なお、お出かけ時はメイクで若々しい顔をつくりながら、ほうれい線を本当に改善できるよう、またそれ以上進まないように心がけることも大切です。次は『ほうれい線を消す!自分でできる今すぐ若く見せる方法』をぜひ参考になさってみてください。

コメントはこちらからどうぞ