眼輪筋ストレッチの正しい方法|若々しい目元のためのメソッド

眼輪筋ストレッチする女性の画像

いつの間にかできてしまった目の下のたるみ。アイメイクをしても目が全体的に下がり気味でなんだか女性としての魅力も半減してしまったように感じますよね。

目元のハリが失われてくる30代後半からみられることが多くなる目の下のたるみですが、目の周りにある眼輪筋のストレッチを習慣にすればハリを取り戻すことも可能ですよ。

ここでは目の下のたるみでお悩みの方のために、眼輪筋ストレッチの正しいやり方をレクチャーいたします。ぜひ毎日の習慣にして20代の頃のようなハリのある目元を取り戻しましょう!

目次

1.眼輪筋をストレッチすれば目元が若返る

眼輪筋の画像
眼輪筋(がんりんきん)

目元の周りをぐるっと囲むように発達している眼輪筋。この部分の筋肉は毎日ストレッチをしてあげることで鍛えることができます。

もしも目の下のたるみで悩んでいるなら、眼輪筋を鍛えれば目元のたるみを解消することができますよ。

1-1.眼輪筋の衰えは目元の衰え

眼輪筋は表情筋のひとつで、主にまぶたを閉じる時に使う筋肉です。体の他の部位と同じく、この部分の筋肉も使わないと衰えていきます。

眼輪筋が衰えると、眼輪筋が支えている皮膚もすべて重力に逆らえず下へ下へと向かっていきますから、たるみが生じてしまいます。つまり、眼輪筋の衰えが目元の衰えにつながるというわけです。

目の下のたるみの画像
目の下のたるみの例

目の下のたるみが気になり始めたら、眼輪筋が衰え始めたサインとみて眼輪筋を鍛えるストレッチをスタートさせましょう。

2.眼輪筋ストレッチで得られる効果

目元に悩んでいる女性の画像

エイジングサインが出やすい目の周りですが、アイクリームやマッサージなどでお手入れしてもなかなか思うような効果が得られないと感じている人は少なくないようです。

では、眼輪筋ストレッチをやると具体的にどのような効果が得られるのかみていきましょう。

2-1.目の下のたるみが解消する

目の下のたるみの画像
目の下の軽度のたるみの例

眼輪筋が衰えると、皮膚や目の周りにある眼窩脂肪をしっかりと支えておくことができなくなり、たるみが生じます。このようなたるみは、眼輪筋ストレッチで眼輪筋を鍛えることで驚くほど改善することができます。

2-2.目尻のしわが目立たなくなる

目尻のしわの画像
目尻のしわの例

年齢とともにみられるようになる目尻のしわ。しっかりと保湿することによってある程度は改善されるものの、まぶたの重みなどによって徐々に悪化してしまいます。

眼輪筋のストレッチでは、上まぶたを鍛えることもできますから、まぶたの重みによってできる目尻のしわを改善することができるんです。

2-3.黒くまが解消する

黒クマの画像
黒くまの例

黒くまの正体は眼窩脂肪が突出して目の下にたるみができることによります。たるみの下の部分が暗い影になってくまを作ってしまうのです。

突出した眼窩脂肪は、眼輪筋を鍛えることで眼球の奥の方へと戻すことができます。くまの中でもなかなか解消するのが難しい黒くまですが、眼窩脂肪の突出が解消されると、目の下の影も消えて黒くまが解消されます。

2-4.目元にハリが出て若々しくなる

若い目元の女性の画像

眼輪筋のストレッチでは、目の周りをぐるっと囲んでいる眼輪筋全体を鍛えることができます。ですから、まぶたの上も下もたるみがなくなり、目元をスッキリとさせることが可能です。

ストレッチを続けていくことで、眼輪筋がグッと引き締まって目元全体が若くなっていくのを実感することができますよ。

3.眼輪筋ストレッチの正しい方法

目元にハリを与え、目の下のたるみや目尻のしわなど気になる悩みを解消してくれる眼輪筋のストレッチ。正しい方法を覚えて毎日の日課にすると、目の周辺の衰えで悩んでいたのは嘘のように悩みを解消することができますよ。

眼輪筋のストレッチの正しい方法をご紹介していきますので、ぜひ毎日の日課にしてみてくださいね。

3-1.目の下のたるみに効く!眼輪筋のストレッチ

目の下のたるみは放っておくと徐々に悪化して黒くまの原因となってしまいます。目の下のたるみを改善するのに効果的な眼輪筋を鍛えるストレッチを習慣にして、たるみを改善しましょう。

眼輪筋ストレッチ(目の下のたるみ対応)

1.鏡を見て、少しまぶしそうに目を細めて下まぶたをグッと引き上げる。(目を閉じない)

2.下まぶたに力を入れたまま、10秒程度キープする。

3125回程度繰り返す。

3-2. 目尻のしわ、上まぶたに効く!眼輪筋のストレッチ

上まぶたの眼輪筋を鍛えて、目の周辺全体の引き上げを図るストレッチです。

眼輪筋ストレッチ(目尻のシワ・上まぶた対応)

1.目を閉じた状態から、ゆっくりと眉を引き上げる。おでこにシワができたら指で押さえてください。

2.眉を精いっぱい引き上げたら、そのままの状態を10秒間くらいキープする。

3.眉をゆっくりと元の位置にまで戻す。

4135回程度繰り返す。

3-3. 目元全体にハリを取り戻す!眼輪筋全体のストレッチ

目をゆっくりと閉じて、パッと開く動作によって、目元の眼輪筋全体を鍛えるストレッチです。イキイキとした若々しい目元をサポートしてくれます。

眼輪筋ストレッチ(目元全体のハリ対応)

1.目尻に人差し指を添えて少し斜め上に向かって引っ張る。

21の状態をキープしたまま、ゆっくりと目を5秒間くらいかけて閉じる。

3.目を閉じたら、今度は目をパッと開く。

4131セットとして5回くらい繰り返す。

3-4.デスクワークの人におススメ!眼輪筋のコリをとるストレッチ

デスクワークでパソコンの画面を常に見ているという人は眼輪筋が凝り固まっている可能性があります。そんな方も仕事の合間に眼輪筋のストレッチでコリを解消すると、目の疲れだけでなく、目元のたるみも改善されて一石二鳥です。

眼輪筋ストレッチ(目のコリ対応)

1.目を閉じた状態でゆっくりとまぶたに力を加えていく。(眼球に力が入らないように注意)

2.ゆっくりと5秒くらいかけて目を開く。

312を数回繰り返す。

4.眼輪筋のストレッチはどれくらいで効果が実感できる?

眼輪筋ストレッチの効果を知りたい女性の画像

目の下のたるみに効果が期待できる眼輪筋のストレッチですが、どれくらいで効果が出るのか気になりますよね。

美容整形ではないので即効性は期待できませんが、どれくらいで変化を実感できるようになるのか、また目の下のたるみなどの悩みが解消されるまでにはどれくらいの期間が必要とされるのか、お伝えしていきたいと思います。

4-1.早い人だと1ヶ月くらいで変化がみられる

眼輪筋のストレッチは、毎日やっている人だと早い段階で「なんだか目が大きくなった?」「目力がアップした気がする」といった変化がみられるようになります。個人差はありますが、このような変化がみられるまでに早い人で1ヶ月、そうでない場合は23ヶ月が目安とみておきましょう。

4-2.諦めずに続けていくことが大切

目の下のたるみなどが解消するまでの道のりはもっと長くなります。元々の目の下のたるみなどの症状が軽い場合は3ヶ月くらいで効果がみられるようになるかもしれませんが、そうでない場合は、半年、1年という長いスパンで気長にケアしていくことが必要となります。

あまり効果がみられない状態が続くと諦めてしまう人もいますが、諦めずに続けていくことが大切です。地道に努力を続けていけば、必ず良い結果につながるはずですよ。

4-3.眼輪筋のストレッチの頻度は?

眼輪筋のストレッチは毎日行いましょう。できれば12回、朝晩に1回ずつ行うのがおススメです。朝メイク前に1回、夜のスキンケアの後に1回と決めておくと忘れずにすみますよね。

とはいえ、1日に2回までしかしてはいけないというわけではないので、1日の中でちょっとした合間の時間を使ってストレッチするのを習慣にするといいですよ。

5.眼輪筋は使わないと衰える

目の下の衰えが気になる女性のイメージ画像

顔の表情筋のひとつである眼輪筋ですが、眼輪筋は徐々に衰えてしまいます。そのため、若い頃は筋肉が発達してハリが保たれていた目元も、年齢とともに徐々にたるみがみられるようになってしまうのです。

5-1.デスクワークの人は眼輪筋が衰えやすい

デスクワークの女性の画像

一般的に接客業の人よりもデスクワークの人の方が眼輪筋は衰えやすいといわれています。というのは、接客業の人は人と接するために表情筋をよく使っていることが多いのに対して、デスクワークの人は1日中無表情でいることが少なくないからです。

ですから、デスクワークの人は接客業の人よりも意識的に眼輪筋を使う努力をして、眼輪筋の衰えを予防することが大切です。

また、普段から無表情でいることが多い人は若くても眼輪筋が衰えやすいので、眼輪筋のストレッチを習慣にして、筋肉の衰えを防ぎましょう。

6.眼輪筋が鍛えられると見た目年齢がマイナス5歳に!

眼輪筋が衰えて目の下にたるみができると、それだけでもプラス5歳に見えてしまいます。ですから、いつまでも若々しくいたいなら眼輪筋のストレッチなどで眼輪筋を鍛えて、目の周りの悩みを解消するようにおススメします。

目元のたるみが解消されると、見た目年齢がマイナス5歳に見られるようになるともいわれていますから、努力する価値はありますよね。

6-1.アラフォー世代は努力次第で若くなれる

目の下のシワに悩む女性の画像

20代の頃は何もしなくてもお肌がピチピチでキレイですが、アラフォー世代に突入すると若さをキープできるかどうかは努力次第となります。

実年齢よりも5歳も老けて見られる人、実年齢よりも5歳も若く見られる人、その差は10歳になりますから、同じ年齢でも努力をしているかどうかで見た目年齢が大きく変わってくることが分かります。

ですから、エイジングサインに気付いたなら、今すぐアクションを起こすべきです。

7.眼輪筋ストレッチに慣れたら顔全体の表情筋トレーニングをマスターしよう

眼輪筋ストレッチを続けていると、目の周りにハリが出てきて目元が若返るのが分かると思います。目元が若返ると不思議と自信が出てきますね。

ただ、顔の若さは目元のたるみのある無しだけで決まるのではありません。目元だけでなく、顔全体にたるみがない顔がもっとも理想とするものです。

眼輪筋ストレッチで自信が付いたら、もっと若い顔になれるよう今度は顔全体に張り巡らされている表情筋トレーニングをマスターしてまいりましょう。この章では、さらに若い顔を目指す方のために顔全体の表情筋トレーニングをご紹介いたします。

顔全体を引き上げて若見え顔をつくるために、「おでこ」「頬」「口周り」を鍛えていきます。眼輪筋ストレッチとあわせて行うと効果的です。

7-1.おでこを引き上げて若見え顔をつくるトレーニング

1、人差し指と中指でチョキを作り、おでこのまゆの上あたりに当てます。指は強く押しつけないように注意しましょう。

おでこのしわを消すトレーニング説明画像1 

2、指を当ててまま、まゆげの上げ下げをゆっくり10 回行います。2本の指はおでこのシワを防ぐ役割です。

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像2

3、まゆ毛を上げたままキープ10 秒します。

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像3

回数・・・上記を1セット 1日1回

●トレーニングのコツ・・・指をおでこに置く理由は、まゆ毛を上げた時にできるシワを定着させないためです。。シワ部分をすべて指で防いでトレーニングしましょう。指2本では全てのシワを防ぎきれない時は、手のひら全体をおでこに当ててトレーニングを行います。


前頭筋(ぜんとうきん)

額の筋肉が鍛えられると顔のたるみの解消だけでなく、上まぶたのたるみが解消されて目が開きやすくなります。

7-2.頬を上げて若見え顔をつくるトレーニング

1、軽く口をとがらせます。

2、次に上の歯ぐきをむき出すように、頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げを1分間継続 → 鼻の下のばし5秒間。 1日1回

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。黒目の下に頬を近づけるつもりで。

頬を高くするコツの画像
真上に向かって上げる

●1分間、頬を上げ続けると、頬の筋肉である大頬骨筋(だいきょうこつきん)、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)が引き上がります。

大頬骨筋の画像
大頬骨筋(だいきょうこつきん)

小頬骨筋の画像
小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

顔の中心部のほほが上がると、見た目にもとても若返ります。

7-3.口角を上げて若見え顔をつくるトレーニング

1、上のくちびると下のくちびるをぐっと押し合います。その状態で10秒キープ

 ほうれい線の改善トレーニング画像1

2、外側にくちびるを思い切りだします。5秒キープ

 ほうれい線の改善トレーニング画像2

3、次は内側にくちびるを思い切り巻き込みます。5秒キープ

ほうれい線の改善トレーニング画像3 

回数・・・2セット 1日1回

このトレーニングは口輪筋(こうりんきん)という口周りの筋肉を鍛えます。上唇と下唇を垂直に押し合い口周りの筋肉をしっかり緊張させることで、口の周りにハリが出て口角が上がりやすくなります

口輪筋の画像
口輪筋(こうりんきん)

口周りのたるみ解消とともに頬のたるみ改善にとても効果があります。特に口周りのたるみ感は顔全体の老け感につながるので、口輪筋をしっかりと鍛えてまいりましょう。

8.まとめ

目の下のたるみ解消に効果的な眼輪筋のストレッチの正しいやり方をご説明しました。眼輪筋は加齢とともに衰えていくものですから、ぜひ毎日のストレッチを習慣にしてください。そうすることで、見た目年齢マイナス5歳も夢ではありません。

眼輪筋ストレッチをマスターしたら、さらに若い顔を目指して、ぜひ顔全体のトレーニングも行ってみてください。

なお、眼輪筋ストレッチをしながら、目の周りにハリを出す化粧品でお手入れすると、皮膚の上からアプローチできます。『 目の下のたるみにおススメの化粧品|口コミ人気ランキング 』ではおすすめ化粧品をご紹介していますので、併せて参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ