眼窩脂肪ヘルニアを改善する方法|スッキリ目元になれるメソッド 

眼窩脂肪ヘルニアの画像

気になる目の下のたるみ。これがあるだけで、老けて見られるのでは?と心配になりますよね。鏡を見た時や、自分の写真を見た時にがっかり!なんていうことも。

目の下のたるみさえなければもっと綺麗でいられるのに!そんな女性達のお悩みを今までたくさん聞いてきました。

目の下のたるみは、眼球を包み込んでいる眼窩脂肪(がんかしぼう)が前に出てしまって作られるもの。人によっては目の下の脂肪は全く前へ出て来ないものですから、たるんでいるととても気になりますよね。

もしかしたら、眼窩脂肪ヘルニアなのでは?と悩んでいる方のために、目の下のたるみはどうしたら改善できるのか、お話ししたいと思います。

1.眼窩脂肪ヘルニアは軽いものなら自力で改善できる

眼窩脂肪ヘルニアに悩む女性の画像

いくらスキンケアを念入りに行っても、目の下のたるみってなかなか改善しませんよね。

目の下にハリを作るアイクリームや美容液、クマ対策用のパックなど、色々なものを試しているのにたるみによるクマが消えないという人は、眼窩脂肪ヘルニアの症状かもしれません。

1-1.「目の下がたるみやすい人」と「たるみにくい人」の違いは?

眼窩脂肪ヘルニアの画像

この憎き眼窩脂肪、飛び出しているのはイヤですが、本来は目を守る役割をしてくれている優しい脂肪です。眼球を包むように囲んでいるのが眼窩脂肪。強い衝撃があった時に、エアバックのようにクッションの役割をして眼球が壊れないように守ってくれているものです。

しかし人類の進化と共に、眼窩脂肪は少なくても問題がなくなったと言われています。西洋人ではこの眼窩脂肪がない人もいるので、少なくても大丈夫だということがわかります。

日本人でも眼窩脂肪の量は人によって違います。顔の作りの他に眼窩脂肪の量によっても、目の下がたるみやすい人と、たるみにくい人がいるのです。

1-2.眼窩脂肪ヘルニアって?

眼窩脂肪ヘルニアの意味が分からない女性の画像

ヘルニアと聞くと、なんだか恐い病気なの?とおびえてしまうかもしれません。でも、「でべそ」だっておへそのヘルニアですし、症状によっては見た目以外に問題はないケースもあります。

結膜下脂肪脱

眼窩脂肪は膜や組織におおわれている脂肪です。眼球との境にあるのはテノン囊(テノンのう)と呼ばれているぶよぶよとした組織です。このテノン囊が壊れると、結膜下脂肪脱といって内側に脂肪が飛び出してしまうタイプの眼窩脂肪ヘルニアになります。

目にごろごろとした違和感が出ることが多いです。この場合はすぐに眼科を受診して下さい。

目の下の眼窩脂肪ヘルニア

目の下のたるみになる眼窩脂肪ヘルニアには2種類があります。眼窩脂肪の外側は強い眼窩隔膜でおおわれているのですが、この膜ごと眼窩脂肪が前にずれて飛び出してしまっているのが「偽ヘルニア」。眼窩隔膜が破れて脂肪が飛び出してしまっているのが「ヘルニア」です。

この2つは区別がつきにくいこともあり、どちらも「眼窩脂肪ヘルニア」と呼ばれています。

眼窩脂肪ヘルニアは進行してしまうと自力で改善するのが難しいですが、まだ症状の少ないうちなら、くい止めることができます。

2.眼窩脂肪ヘルニアの原因

重度の眼窩脂肪ヘルニアの画像

目の下がふくらんでたるみができる眼窩脂肪ヘルニアは、なぜ起こる人と起こらない人がいるのでしょうか。眼窩脂肪ヘルニアになる原因にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

2-1.眼窩脂肪を包む膜が損傷している

外傷や眼科手術、注射などによって眼窩脂肪を包んでいる眼窩隔膜が損傷してしまった場合、膜の隙間から脂肪が前に飛び出す眼窩脂肪ヘルニアになります。

2-2.遺伝的要素

眼窩脂肪の量、顔の骨格などによって生まれつき目の下がたるみやすいタイプの人がいます。目の大きい人は目の下のたるみができやすいというのは、目の小さい人に比べて目の周りの皮膚の面積が狭いからだと言われています。

2-3.加齢による目の下のたるみ

眼窩脂肪ヘルニアのほとんどのケースは、加齢による目の下のたるみが原因です。

眼窩脂肪ヘルニアの説明画像

眼球はロックウッド靱帯という、ハンモックのような靱帯で支えられているのですが、加齢によってこれがゆるむと重さを支えきれずに目玉が下がります。すると目の下にあった眼窩脂肪は、眼球に圧迫されて前へ飛び出してしまうのです。

また、目の下の眼輪筋が衰えたり、皮膚にハリがなくなることで前に飛び出した脂肪を戻す力が足りなくなり、加齢によって目の下はますますたるんでくることになります。

3.眼窩脂肪ヘルニアの改善法

眼窩脂肪ヘルニアの改善法イメージ画像

目の下の皮膚にハリを取り戻すことは、目の下のたるみにとって重要なポイントですが、一度押し出されてしまった眼窩脂肪を戻すにはスキンケアだけの力では足りません。

もちろん、目の下の皮膚が弱ってしまえば眼窩脂肪ヘルニアは進行してしまいますから、目の下のたるみを解消するには、スキンケアと同時により強力な改善方法を試してみるのもよいでしょう。

3-1.眼窩脂肪ヘルニアを自分で改善する

それでは、一度できてしまった眼窩脂肪ヘルニアによる目の下のたるみはどうやったら改善できるのでしょうか? 

もっとも大切なのは、目の奥側から飛び出る脂肪に負けないように目の下を強化すること!これに尽きます。この方法をマスターすると眼窩脂肪ヘルニアは美容整形に頼らずとも自分で解決できます。

少し目の下のたるみが出来ている部分を解剖してみましょう。先ほどもお伝えしましたが、さらに詳しく見ていきます。目の下のふくらみの脂肪は皮膚内のどこに存在しているのでしょうか?

眼窩脂肪ヘルニアの原因の解説

皮膚の表面から見ていくと、①皮膚(皮下組織を含む)→②筋肉(目の周りの筋肉・眼輪筋)→③★脂肪・・・ここに飛び出た眼窩脂肪があります!!→ ④骨(骨膜+骨)

上の図を見る地、皮膚と筋肉が脂肪に負けて、前方に飛び出ているのが分かりますね。これが眼窩脂肪のヘルニアです。これができると、目の下にぶよぶよしたふくらみが出来て、疲れた印象に見えてしまいます。

だから、眼窩脂肪ヘルニアを解消するには、目の下を強化する必要があります。上の図の「②筋肉」は、眼輪筋(がんりんきん)という目の周りを取り囲んでいる筋肉です。眼輪筋を強く鍛えれば、眼窩脂肪が前に飛び出してくるのを防ぐことができます。

眼輪筋(がんりんきん)を強くして眼窩脂肪ヘルニアを解消する

眼輪筋(がんりんきん)とは目の周りをぐるりと取り囲んでいる筋肉のこと。この筋肉がゆるめばゆるむほど目の下のふくらみ状のたるみが大きくなります。

眼輪筋の画像
目の周りを取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)を強くして眼窩脂肪ヘルニアを解消する

眼輪筋(がんりんきん)はまぶたを閉じる時に働く筋肉です。

 「眼窩脂肪ヘルニアの原因」の項目で述べた眼窩脂肪(がんかしぼう)の突出は、眼輪筋のゆるみも大きな原因です。眼窩脂肪ヘルニアにより脂肪が前方に押し出されても、目の下にしっかりとした筋肉のハリがあれば、壁となって脂肪が出てくるのを防ぐことができますね。

眼輪筋を常に強く保つことは、目の下を若々しく保つためにとても大切なことです。

それでは、早速、眼輪筋を鍛える方法をお伝えします。眼輪筋は輪状になっているため、目の下と目の側面に分けてトレーニングします。

<眼輪筋を強くする2ステップ>

①下まぶたを何度も上げて眼輪筋の下側を強化する
②ウインク運動で眼輪筋の側面を強化する

それでは、それぞれのトレーニング法を説明いたします。

①眼輪筋の下側を強化して眼窩脂肪ヘルニアを解消する

1、舌を軽く出し、上下の歯で舌を軽く噛む。

※舌を軽く噛む理由は、顔の下半分の力を抜いて、目の下に集中させるため。

2、下のまぶただけで目を閉じるように下まぶたに力を入れる。

リズムカルに下まぶたを上げたり下ろしたりを繰り返す。

下まぶたのトレーニング画像

●回数・・・1秒に1回上げ下ろし。30回 慣れたら、目の下がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・頬の力を使わず、できるだけ下まつ毛が生えているすぐ下あたりを引き上げるようにしましょう。

 ●うまくできない場合・・・下まぶたの筋肉を引き上げるという動きを日常ではあまりしないため、このトレーニングは少々難しく感じるかもしれません。その際は下記の方法をお試しください。

 軽く上を向く→ 眩しいものを見るように目を細める→ 目を開く →くりかえす

 まぶしい目をすると、少し下まぶたが動くのが分かると思います。これを繰り返していると、下まぶたを引き上げるコツが身に付きます。

②眼輪筋の側面を強化して眼窩脂肪ヘルニアを解消する

1、舌を上下の歯で軽く噛んだまま、片目をつぶってウィンクする。これを踏切の信号機のように繰り返す。

目の下のたるみ改善トレーニングの解説画像

●回数・・・1秒に右と左のまばたき。左右30回 慣れたら、目の横がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・まばたきは通常の目を閉じる動きで大丈夫。下まぶた上げより簡単かと思います。

このトレーニングで目じりのシワが浮き出るのが気になる方は、目じりに指を置いてシワを防いでトレーニングなさってください。また目をぎゅっと閉じる必要はありません。普通の瞬き程度の力で十分効果があります。

眼輪筋は専用のトレーニングをしないと、年齢とともに眼輪筋そのものが緩くなり、薄く下がってしまいます。眼窩脂肪ヘルニアの解消には、眼輪筋のトレーニングは大変重要となります。

3-2.眼窩脂肪ヘルニアを美容医療で改善する

美容クリニックのイメージ画像

眼窩脂肪ヘルニアを自分で改善する方法についてお伝えしてまいりました。できれば体に負担のない自力での解消法をおすすめしますが、美容医療で眼窩脂肪ヘルニアを改善することもできます。

目の下のたるみを治す美容医療では、比較的短時間に施術を行ってすぐに帰宅をすることもできます。そのため、気軽に目の下のたるみを治す人も増えてきました。目の下のたるみ取りには様々な方法がありますので、1つずつご紹介していきましょう。

経結膜下脱脂法

眼窩脂肪の切除する方法の中で、最も簡単な処置が経結膜下脱脂法。この処置の一番のメリットは、下瞼の内側から脂肪を取るため、傷跡が表にでないところでしょう。

眼窩脂肪ヘルニアの経結膜下脱脂法の説明画像

あかんべーをした時に見える、内側の粘膜部分から、余分な脂肪を取り出すことになります。全て取り除くわけではありませんから、また眼球が下がって再発するケースもあります。

顔の表側の皮膚には何もしないため、脂肪を取り除いて皮膚があまるとその分シワができることが多いです。

ダウンタイムは1週間から、長い人で2週間程でしょう。

下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

眼窩脂肪ヘルニアの説明画像

目の下の皮膚、筋肉、脂肪のあまっている部分を切除して目の下のたるみを取り除きます。あまった皮まで切除して縫合するので、経結膜下脱脂法のように余分な皮でシワになってしまうことがないのがメリットです。

眼窩脂肪ヘルニアの下眼瞼除皺術(筋皮弁法)の画像

眼窩内の脂肪まで徹底的に取ってしまうため、目の下が凹んでしまったり、上まぶたまでしぼんでしまうことがあります。

ダウンタイムは傷口が見えなくなるまで3ヶ月くらいかかりますが、下まつげの生え際のすぐ下なのでメイクでごまかすことも可能です。

ハムラ法

ハムラ法の説明画像

私が一番オススメするのは、デザイン失敗リスクの少ないハムラ法で目の下のたるみを取る方法です。

下眼瞼除皺術(筋皮弁法)と同じように外側から眼窩脂肪を取り除くのですが、飛び出している全ての脂肪を取り除くのではなく、たるみの下の凹んでいる部分にあまった脂肪を入れて平らにならす方法です。

眼窩脂肪ヘルニアのハムラ法の説明画像

眼窩脂肪ヘルニアのハムラ法の説明画像

ハムラ法は一番自然に美しく仕上がります。脂肪を取り過ぎてシワになってしまうことも防ぐことができます。ハムラ法は下眼瞼除皺術(筋皮弁法)や経結膜下脱脂法のデメリットをおぎなって美しく仕上げる処置で、眼窩脂肪ヘルニアの比較的新しい治療法になります。

そのためハムラ法に慣れた医師が少なく、信頼できる医師を見つけることが一番のキーポイントになるでしょう。

傷が目立たなくなるまで3ヶ月かかりますが、下まつげの生え際への処置になるのでメイクで隠すことができます。傷が完全に消えることはありませんが、腕の良い医師に縫合してもらうことでほとんどわからなくなります。

大切なのはどの方法にしてもメスを使うので、確かな腕の医師と巡り合うことです。ただ、テレビのCMや雑誌の広告で派手に宣伝しているクリニックに望みどおりの腕の良い医師がいるとは限りません。

大切な顔を任せるのです。下手な医師にかかって失敗してしまうことは絶対に避けなければなりません。施術を成功させるために大切な良い医師選びの方法は、『 目の下のたるみを整形で取る|気になる効果と料金・ダウンタイム 』の記事の中の「 2.腕の良い医師を選べば、成功する可能性が高い 」を参考にしてください。

4.切らない目の下のたるみ取りとは?

はみ出した眼窩脂肪を取り除く治療方法についてご紹介しましたが、眼窩脂肪を取らずに見た目だけを補正していく方法もあります。この方法では眼窩脂肪ヘルニアに対して何も行わないので、根本解決にはなりません。

ですが、脂肪を取り除くよりも簡単にできるので症状の軽い方はこれだけでも十分に見た目を改善できることがあります。

切らない眼窩脂肪ヘルニアの画像

4-1.ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注入の画像

眼窩脂肪ヘルニアの人は、目の下がぷっくりと膨らんでいる状態ですよね。ヒアルロン酸注射では、眼窩脂肪のふくらみの下の凹んでいる部分にヒアルロン酸を注入することによって顔の段差をなくし、たるみを目立たなくさせることができます。

注入したヒアルロン酸はだんだんと体に吸収されてしまいますから、効果は半年から1年程度です。吸収の早さは人によって差がありますが、初めて注入される場合は3ヶ月など早く吸収されてしまうこともあるようです。

処置は10分ほど、ダウンタイムもまれにごくわずかな腫れや内出血が起こる程度と、とても気軽に受けられる治療になりますが、目の下はとても繊細で難しい部分なので医師の腕によって仕上がりが左右されます。

とは言え、失敗したかな?と思ってもヒアルロン酸を分解する注射で元に戻すことができるので、リスクを最小限にして処置を受けることができます。

ヒアルロン酸注射のメリットやデメリットなどの詳細は、『 目の下のたるみをヒアルロン酸注射で取る|値段とメリット・デメリット 』を参考になさってください。

4-2.PRP皮膚再生療法

PRP療法のイメージ図

PRP皮膚再生療法では自分の血液を使った治療をします。自分自身の血小板を多く含む多血小板血漿を注射することで、皮膚や細胞を復活させるパワーをアップして若返りをはかる方法です。

血小板にはお肌のハリを作る工場、線維芽細胞を活性化してコラーゲンを増やすなどの力があります。この力を利用して、目の下の皮膚にハリを作ってたるみを改善するのです。

PRP皮膚再生療法では注入後ゆっくりと効果を増して、1~2年もの間、目の下を強い皮膚が守ってくれます。

しかしあくまで皮膚を強くするだけの処置なので大きなたるみは支えきれないことが多いようです。初期的な眼窩脂肪ヘルニアに効果があります。

PRP皮膚再生療法の手順やメリット・デメリットについては、『 PRP療法(自己多血小板血漿療法)』を参考になさってください。

5.眼窩脂肪ヘルニアにマッサージは効果がある?

目のマッサージをする女性の画像

目の下のたるみが気になると、マッサージで取れるのではないか?と一生懸命にたるみを押し流そうと試みた人もいるのではないでしょうか。実際、マッサージで眼窩脂肪ヘルニアは改善するのでしょうか?

5-1.むくみには効果的

目の下のマッサージでは、眼の周りにぐるっと円を描くようにして優しくリンパを流していきます。お顔のむくみやすい人は、このマッサージを続けることでリンパの滞りを押し流すことができるので、若干スッキリとすることもあります。

ですが、眼窩脂肪ヘルニアは目の後方から飛び出してきた脂肪によるふくらみ。横に流すことでむくみは改善できても、眼窩脂肪そのものを減らすことはできません。

5-2.眼の周りのマッサージはたるみを悪化させることも

眼の周りの皮膚はとても薄く、繊細にできています。特に気になるたるみのある目の下は、厚さが0.5mm~0.6mmとかなり薄い部分。

ほんの少しの力でも、自己流でこすりすぎると傷つけたり伸びてしまったりと、目の下のたるみや老化を悪化させてしまうことになります。

自分でマッサージを行う時は、オイルやマッサージクリームをたっぷりつけて、薬指を使って数回優しくなでるだけにしましょう。力の入れすぎ、こすりすぎは絶対にNGです。

6.ダイエットで眼窩脂肪は減らせる?

ダイエットをする女性の画像

「脂肪」というからには、食事制限のダイエットで顔やせすれば減るのでは?と考えて一生懸命にダイエットをしているという方もいます。

ですがこの眼窩脂肪は通常の皮下脂肪と違って、ダイエットをしてもほとんど減らすことはできません。その代わり、太ったとしてもこの眼窩脂肪が増えたりすることもありません。

ですが、眼窩脂肪の上にはほんのわずかだけ、皮下脂肪が被さっています。本当に、ほんのわずかです。ですから、極端に体重の多い方は、ダイエットをするだけで目の下の脂肪が減ることがあるかもしれませんね。

7.まとめ

目の下にたるみを作ってしまう眼窩脂肪ヘルニアは、恐い病気ではありません。でもいつまでも若々しくありたい女性にとっては大問題ですよね。

ですが、眼窩脂肪ヘルニアは改善できないものではありません。どんなスキンケアをしても目の下のたるみを改善できなかったという人も、まずは自力で改善できる表情筋トレーニングをプラスしてみて下さい。

若々しい顔は自分で作ることができます。眼窩脂肪ヘルニアに悩んでいる方も、自信を持った明るい表情を取り戻すことができるよう願っています。

なお、眼窩脂肪ヘルニアによって生じる「目の下のたるみ」は、スキンケアなどトータルでケアすると早く改善できます。目の下のたるみを自分で解消する方法を分かりやすくまとめた『 目の下のたるみを自分で改善する3つの簡単セルフケア 』も併せて参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ