眼窩脂肪を減らす方法|目元のたるみをスッキリ解消しよう

眼窩脂肪を減らすことを頑張る女性の画像

目の下をぷっくりと膨らませて、イヤなたるみを作ってしまう眼窩脂肪。目の下のたるみは女性を老け顔にしてしまいますから、なんとかして眼窩脂肪を減らしたいですよね。

「たるみさえなければ、まだ若く綺麗でいられるはずなのに」と思い悩んでしまう日もあるのではないでしょうか。実際に眼窩脂肪が減るだけで、女性の顔は驚くほど若く見えます。

特に40代に入った女性は、まだまだ綺麗でいられるのに「たるみ」が原因で老けて見られてしまうこともあるんですよね。

ここでは老け顔の原因「眼窩脂肪」を減らして、たるみのない目元を手に入れる方法をご紹介していきます。目の下のたるみをスッキリ解消したいという方は、参考にしてみて下さい。

1.眼窩脂肪を減らすのは自分でできる

目の下のふくらみの画像
眼窩脂肪が飛び出て目の下がふくらんだ例(初期症状)

眼窩脂肪は目の大きな人ほどできやすいとも言われています。テレビに出ている綺麗なタレントさんの中にも、眼窩脂肪を減らすことでますます美しくなった方もいるはず。

最近は美容整形の敷居も低くなっていますから、いざという時にはいつでも目の下を綺麗に整えることができると思うだけでも、とても心強かったりします。

でも美容整形に頼るのって、なんとなく抵抗がありますよね。「切るのは痛い?失敗リスクは?ダウンタイムは?費用は?」そんな風に不安になる要素はまだまだたくさんありそうです。

目の下のたるみを作ってしまう眼窩脂肪を減らすには、美容整形をするしかないのでしょうか?

1-1.目の下の眼窩脂肪をセルフケアで減らすためには

眼窩脂肪を自力で解消する女性の画像

眼窩脂肪はセルフケアで減らすことができます。

でも、クマやたるみに効果があるアイクリームを使ったり、マッサージをしてみたりと、目の下の眼窩脂肪を減らす努力をしてみたけれど、効果がよくわからなかったという経験がある人もいるでしょう。

それは目の下のたるみのメカニズムに沿ったケアを、正しくできていなかったからかもしれません。原因にそった解消法を行わないと、目の下の眼窩脂肪を減らすのはとても難しいです。

眼窩脂肪を減らすためには、たるみができるメカニズムを考えてそれに対抗する方法をとることが必要。目の下のたるみの原因は眼窩脂肪ですから、それが前に飛び出さないようにすることで、自力で解消できます。

まずは眼窩脂肪がどのようにして目の下のたるみを作ってしまうのか、それを詳しく知っていきましょう。

2.眼窩脂肪が目の下のたるみを引き起こすメカニズム

目の周りを包み込んでクッションの役割をしている眼窩脂肪。これがどうして目の下のたるみを引き起こしてしまうのでしょうか。そのメカニズムを詳しく見ていきましょう。

2-1.眼窩脂肪による目の下のたるみには、遺伝的要素もある

眼窩脂肪は皆にあるはずなのに、年齢を重ねてからも目の下にふくらみがないという人もいますよね。眼窩脂肪は目の下だけではなく、上下左右、眼球の周りをしっかりサポートしてくれている脂肪です。

眼窩脂肪の画像
目の下の断面図(イメージ)

この眼窩脂肪が飛び出してしまうかどうかは、遺伝的要素もとても大きいです。目の下にぷっくりとしたたるみがあるという人は、元々眼窩脂肪の量が多かったり、前に出てしまいやすい骨格をしている可能性も大きいでしょう。

親族に目の下がぷっくりと飛び出している人がいる場合は、眼窩脂肪がたるみを作ってしまわないように対策をしておきましょう。

2-2.眼球が下がってくると目の下のたるみに

眼窩脂肪でたるみが出来るメカニズムの画像

眼球の下では靱帯がハンモックのように目を支えています。しかし年齢と共に目の下の靱帯はゆるんでくるのです。すると、眼球は重力に従って下がってくることに。

眼球を支えている靱帯の下には眼窩脂肪がありますから、目が下がってくることで上から眼窩脂肪に圧力がかかってしまいますよね。

この時、目の下にある皮膚にハリが足りなかったり、目の下の筋肉が衰えていると、圧力がかかっている眼窩脂肪が前に飛び出して目の下にたるみができてしまうのです。

<眼窩脂肪が出てくるメカニズム>

・加齢により眼球が下がり眼窩脂肪に圧力がかかる
         ↓
・目の下のハリ弾力が足りず(①・②)に、押し出される眼窩脂肪をガードできない(③)
         ↓
・飛び出した眼窩脂肪が、上顎骨(じょうがいこつ)の上に乗る形で下がってくる(④)

こうしたメカニズムで、眼窩脂肪による目の下のたるみが出来上がります。

●眼窩脂肪の飛び出しが悪化した例↓ ※上顎骨(じょうがいこつ)の上まで眼窩脂肪が下がっている

重度の目の下のたるみの画像

3.眼窩脂肪を自力で減らす方法

3-1.眼窩脂肪はダイエットで減らせる?

ダイエットをする女性の画像

眼窩脂肪はその名の通り脂肪。ですからダイエットで減らせるのではないか?と考えることがあるかもしれません。ですが、眼窩脂肪は通常の脂肪とはちょっと異なるので、残念なことにダイエットではなかなか減らすことができないんです。

周りにある顔の皮下脂肪とは違って、眼窩脂肪は小さな袋のようなものに入っている特殊な脂肪だからです。頬の脂肪は落ちても目の下だけはぷっくり……というのは、眼窩脂肪がダイエットではあまり減らないからなんですね。

3-2.目の下の皮膚にハリを作る

脂肪の量自体はあまり減らない眼窩脂肪ですが、ようはぷっくりと前に飛び出して見える部分が減れば良いわけです。目の下の皮膚に強いハリと弾力があれば、飛び出してくる眼窩脂肪を減らすことができます。

肌のコラーゲン力を上げる

お肌のハリを作っているのはコラーゲン。ピンと張った網を想像してみて下さい。指で押してもはね返す力を持つ強い網です。この網のように、お肌の真皮で硬いネット状の形をして弾力を作っているのがコラーゲン繊維なのです。

皮膚の構造の画像

そのコラーゲンを作ってくれるのがタンパク質とビタミンC。お肉や魚、大豆、卵などに多く含まれているタンパク質と、野菜や果物にたっぷり入っているビタミンCをバランス良く食べることで、お肌にハリを生んで飛び出してくる眼窩脂肪を減らしましょう。

紫外線を避ける

眼窩脂肪対策に日傘をさす女性の画像

紫外線と聞くとお肌を黒くしたりシミを作るもの!というイメージがあるかもしれませんね。実はもっと困ったことに、紫外線に含まれるUV-Bはコラーゲン線維の張り巡らされている真皮まで届いて、このコラーゲンを破壊してしまいます。

目の下にハリを保って眼窩脂肪の飛び出しを減らすには、紫外線の影響を多く受けないようにしなければいけません。

波長の長いUV-Bは、曇りの日でもたくさん降り注いでいます。一見紫外線が強くないように見える曇りの日でも、日傘や帽子を忘れずにいることでお肌のハリを守ることができます。

目の下を丁寧に保湿する

保湿をしている女性の画像

皮膚はうるおいのバランスを保つことでバリア機能を作り、肌の内部にあるハリや弾力を守っています。そのため目の下が乾燥しておりますと、お肌の機能が衰えてハリのないたるみ肌になってしまうんです。

目の下のハリ弾力をキープして眼窩脂肪の飛び出しを減らすためには、添加物の少ないアイクリームや美容液でお肌をうるおし、もっちりとした肌状態を保ちましょう。

3-3.眼輪筋を鍛えて眼窩脂肪をガードする

目の周りには、眼球をドーナツ状にぐるっと取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があります。しかしこの眼輪筋、うまく使われていないと衰えてしまいますから、そのせいで眼窩脂肪をガードできなくなって目の下のたるみができてしまうこともあります。

眼輪筋の画像
眼輪筋(がんりんきん)

眼輪筋をしっかりと鍛えて目の下にガードをつくり、眼窩脂肪を減らしましょう。

①下まぶたを自力で鍛えるトレーニング

まずご紹介するのは、たるみが気になる下まぶたにフォーカスしたトレーニングです。顔に張り巡らされている表情筋のうち、眼輪筋の赤丸で塗りつぶした部分をしっかりと鍛えます。(下記画像)

眼窩脂肪を自力で改善する場所の画像

①舌を軽く出し、上下の歯で舌を軽く噛む。

※舌を軽く噛む理由は、顔の下半分の力を抜いて、目の下に集中させるため。

②下のまぶただけで目を閉じるように下まぶたに力を入れる。

リズムカルに下まぶたを上げたり下ろしたりを繰り返す。

下まぶたのトレーニング画像

●回数・・・1秒に1回上げ下ろし。30回 慣れたら、目の下がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・頬の力を使わず、できるだけ下まつ毛が生えているすぐ下あたりを引き上げるようにしましょう。

②眼輪筋全体を鍛えるトレーニング

次に眼輪筋全体を鍛えるトレーニングをご紹介します。

①舌を上下の歯で軽く噛んだまま、片目をつぶってウィンクする。これを踏切の信号機のように繰り返す。

目の下のたるみ改善トレーニングの解説画像

●回数・・・1秒に右と左のまばたき。左右30回 慣れたら、目の横がだるくなるまで。

●トレーニングのコツ・・・まばたきは通常の目を閉じる動きで大丈夫。下まぶた上げより簡単です。

眼窩脂肪を自力で解消できるまでの期間は?

①と②のトレーニングを続けていると、眼窩脂肪の飛び出しが徐々に目立たなくなってきます。筋肉は落ちやすい組織でもあります。しっかりと効果をだして眼窩脂肪を減らすためには、毎日トレーニングをしましょう。

効果は症状の度合いによりますが、毎日のトレーニングで2ヶ月~1年以上続けることで飛び出してくる眼窩脂肪を減らすことができます。

4.眼窩脂肪を減らす美容クリニックの施術

美容クリニックのイメージ画像

目の下のたるみがまだ少ない人は、眼輪筋のトレーニングだけで十分に効果がでます。ですが眼窩脂肪がたっぷり飛び出してしまっている人は、皮膚や筋肉の力だけでは押し戻すのが難しいことも。

それでも美容クリニックなら眼窩脂肪を減らす施術を受けることができますから、目の下のたるみをなんとかしたい!という方はまずはクリニックでカウンセリングを行ってもらうのもよいでしょう。

具体的に、クリニックではどのようにして眼窩脂肪を減らすのかご紹介していきますね。

4-1.経結膜下脱脂法

目の下の内側、あかんべーをした時に見える粘膜の部分から、眼窩脂肪を取り出す手術方法です。傷口は下まぶたの内側になるので、外からは見えません。切るのが粘膜部分なので治りも早く、主なダウンタイムも数日の腫れと1週間程度の内出血ですむことが多いので手軽にできる手術です。

結膜から脂肪を取る説明画像

ですが眼窩脂肪は減らし過ぎてしまうと元に戻すことができません。減らす量が多すぎた場合、目の下が凹んでしまったり皮膚が余って新たなシワやたるみができる失敗リスクがあります。

4-2.下眼瞼切開(皮弁法)

目の下の皮膚を切って、しわや眼窩脂肪のたるみを取りのぞく手術です。たるみよりも目の下のシワが気になるという方に向いています。ダウンタイムは一週間程度で腫れや内出血が治まりますが、傷口は下まぶたの直下なので表側ということになります。

余った皮膚と脂肪を取り除く説明画像

稀ではありますが、あかんべーをした状態になってしまうという失敗リスクがあります。

4-3.下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

皮膚と筋肉(眼輪筋)、脂肪を切除して眼窩脂肪を減らす手術法です。眼窩脂肪を取ると共に、筋肉を切って斜め上に持ち上げることで目の下のたるみを解消します。

目の下のたるみ施術

傷口は下まぶたの直下で表側。ダウンタイムなども下眼瞼切開(皮弁法)と同じ1週間程度です。

以前はこの方法が目の下のたるみとりのスタンダードでした。

4-4.ハムラ法(筋皮弁法の応用)

上でご紹介しました3つの眼窩脂肪を減らす施術のデメリットをなくして、より美しく仕上げるのがハムラ法です。

下まぶたの際から目の下の眼窩脂肪を取り除きますが、減らす量は最小限におさえて凹みのできた部分を埋め合わせていくので、表面が平らになって美しく整います。仕上がりに失敗したくない、凹みなど気にせず美しく仕上げたいという方に向いています。

傷口は下まぶたの際なので、メイクで隠すことができます。

眼窩脂肪を減らす手術の手順や費用、リスクなどの詳細は、『 目の下のたるみ取り手術は失敗しない?手術の種類と費用とリスク 』をご覧ください。

5.初期の目の下のたるみに有効な美容クリニックの施術

ヒアルロン酸を注入している女性の画像

切開をして眼窩脂肪を減らすことに抵抗があるという方には、注射によってたるみを目立たなくさせるという手段もあります。まだ眼窩脂肪の飛び出しが初期でたるみも小さいという方なら、注射だけでも眼窩脂肪が減ったように見せることができるでしょう。

リスクも少ないので、不安が大きい方はこちらから試してみるのも良いかもしれません。

5-1.ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸の種類のイメージ画像

眼窩脂肪のたるみの下って、脂肪がなく段差ができた状態になっていますよね。この眼窩脂肪の段差による影こそが、たるみで顔を老けて見せる張本人です。

目の下のたるみクマの説明画像

ヒアルロン酸注入ではこのたるみの下にヒアルロン酸を注入することで凹んだ部分を盛り上げ、眼窩脂肪のたるみを目立たなくさせる処置をします。

処置時間はおよそ10分。稀に注射跡の内出血や軽い腫れがあるくらいで、ダウンタイムもほとんどないので手軽にできるたるみ解消法です。

ヒアルロン酸は自然に体に吸収されて6ヶ月から1年をかけて消えていくもので、溶解する成分もあるため、失敗によるリスクも最小限です。

ヒアルロン酸注入の手順や費用、メリット、デメリットについては、『 目の下のたるみをヒアルロン酸注射で取る|値段とメリット・デメリット 』をご覧ください。

5-2.PRP療法(自己多血小板血漿療法)

PRP療法のイメージ図

私たちの血液の中にある血小板には多くの成長因子が含まれていて、これがコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作る線維芽細胞を元気にしてくれます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸と言えば、お肌のハリを作るのに欠かせない成分。これらを効率よく作ってくれる血小板を自分の血液から取り出して注入するのがPRP療法になります。

自分の血液の力で自然にハリ弾力を作っていくので、即効性のある施術ではなく、1ヶ月から2ヶ月の時間をかけてコラーゲンを作っていきます。効果の持続時間は、長くて2年。より自然に眼窩脂肪を減らしたいという方に向いている施術方法です。

6.美顔器をつかって自力で眼窩脂肪を減らす方法

美顔器を使っている女性の画像

やっぱり美容クリニックでの処置には抵抗がある、セルフケアで目の下の眼窩脂肪を減らしたいという場合は、美顔器を使って目の下のケアをサポートすることも有効です。毎日のトレーニングと合わせて使ってみるのもよいでしょう。

こちらでは目の下のたるみにおすすめの美顔器をご紹介します。

6-1.エステナードリフティ

エステナードリフティの画像

皮膚美容の専門家と、あの筋肉トレーニングで知られているライザップの共同開発で誕生したのがエステナードリフティです。

皮膚のハリをよみがえらせてくれるだけではなく、眼輪筋にアプローチして眼窩脂肪をガードする筋力をつけてくれるのが嬉しい美顔器です。

エステナードソニックリフティの公式HP

6-2.エステナードソニックROSE

エステナードソニックROSEの画像

イオンと超音波の2つを使ってお肌のハリにはたらきかけてくれる、人気の美顔器です。1分間に100万回~800万回もの超音波で目の下にアプローチして、深くうるおったもっちりお肌を作り上げます。筋力は自力でトレーニングできるので、とにかく皮膚にハリを作って眼窩脂肪を減らしたいという方におすすめです。

エステナードソニックROSEの公式HP

なお、眼窩脂肪が原因の目の下のたるみに効果的な美顔器の選び方や機能など詳細は、『 目の下のたるみに効果的な美顔器の選び方とおすすめ機種3選 』で詳しく説明していますので、参考にしてください。

7.まとめ

減らすだけで顔の印象がパッと若返るのが眼窩脂肪。目の下のたるみでお疲れ顔や老け顔に見せないようにするためにも、改善の努力をしてみる価値はあります。セルフケアで眼窩脂肪を減らすためには、毎日の習慣をちょっぴり増やすという努力は必要。でもケアはお手軽にできますから、習慣にしてしまえば簡単にできますよ。

クリニックでは技術力の高い医師を見つけて、納得するまで相談をすることも大切です。まずはカウンセリングをしっかり受けて下さい。自分に合った眼窩脂肪の減らし方で、スッキリとした目元を取り戻して下さいね。

なお、自分できる目の下のたるみの改善法については、『 目の下のたるみを自分で改善する3つの簡単セルフケア 』にまとめています。併せて参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ