ほうれい線をしっかりケアするおすすめコスメと顔の筋トレ

ほうれい線をケアする女性の画像

ある日突然気になり始めるほうれい線。ほうれい線に気づいたら1日も早く積極的なケアを行いましょう。放っておけば、ほうれい線はどんどん深くなり目立ってきます。まずは自分が気づいた時にすぐにケアを始めること。そうすればほうれい線を恐れることはありません。

ほうれい線は人から指摘される前に自分が気づきます。その時点では、まだ人から認識されていません。ほうれい線に悩んで改善方法を探し始めたときこそが、最適な「ケア時」なのです。

この記事では、ほうれい線ができた原因を知り正しくケアする方法をお伝えします。ぜひ参考になさってください。

1.ほうれい線は保湿力が高いコスメと顔の筋トレでケアする

ほうれい線に悩む女性の画像

ほうれい線の改善には、保湿力が高いコスメでのお手入れと、顔の筋トレ、すなわち表情筋トレーニングがもっとも有効です。

なぜなら、ほうれい線の大きな原因は、乾燥と顔のたるみだからです。肌が乾燥気味になると肌の潤いを保つ力が弱っていきます。口のようによく動かす部位は、シワの復元力が弱り、次第に溝や線が目に見えて現れるようになります。

顔のたるみは皮膚の真皮層の弾力不足や表情筋の弱りで、皮膚が下垂しておこります。顔がたるむと、口と頬の境目のほうれい部分に窪みやシワができやすくなります。

ほうれい線を改善するためには、ほうれい線ができた原因に合わせてケアすることが大切です。

2.ほうれい線の2大原因は肌の乾燥と顔のたるみ

化粧品の画像

ほうれい線の原因が肌の乾燥の場合は、肌に負担がなく保湿力の高いコスメでケアして改善します。顔のたるみが原因の場合は、表情筋トレーニングで顔を土台からアップさせ、ほうれい部分の負担を取り除きます。

表情筋のイラスト

肌の乾燥と顔のたるみの両方ともが原因の場合は、コスメでのケアと表情筋トレーニングでのケアの両方を実践しましょう。

2-1.ほうれい線の原因を調べる

チェックのイメージ画像

それでは、自分の顔になぜほうれい線ができてしまったのか?原因を調べてみましょう。

乾燥肌・・・ほうれい線の原因チェック

ほうれい線の原因が「乾燥肌」かどうかを調べます。下記のチェック項目を見て頂き、当てはまるものがいくつあるか数えてみましょう。

肌の乾燥度チェック

当てはまる項目が4つ以上の場合は、ほうれい線の原因が乾燥肌であることが多いです。

顔のたるみ・・・ほうれい線の原因チェック

次に、ほうれい線の原因が「顔のたるみ」かどうかを調べます。下記のチェック項目を見て頂き、当てはまるものがいくつあるか数えてみましょう。

顔のたるみチェック表

当てはまる項目が5つ以上の場合は、ほうれい線の原因が「顔のたるみ」であることが多いです。

3.ほうれい線をケアするおすすめコスメ

上記のチェックでほうれい線の原因が乾燥だと分かったら、お肌のお手入れを見直しましょう。肌に負担を与えない無添加で保湿力の高いコスメがおすすめです。

3-1.機能性無添加コスメを選ぶ

無添加化粧品を使う女性の画像

機能性無添加コスメとは、無添加でありながら、美肌成分が多く配合されたコスメのこと。

一般的に無添加化粧品といわれるものは、「旧指定成分を配合していないもの」をさすことが多いのですが、肌のバリアを壊す成分が入っていても「無添加」と表現や広告することができ、「無添加」=肌に優しい化粧品と思い込んで、それらを使用している方が多いのが現状です。

肌のバリアを壊さないために、合成界面活性剤と合成ポリマーが一切配合されていないものを選びましょう。アンチエイジング系のコスメには高保湿をうたったものが多いですが、合成界面活性剤と合成ポリマーが配合されていれば、かえって乾燥肌をひどくしてしまいます。

またそれらが全く配合されていない無添加であっても、ただ肌に負担のある成分を配合していないだけの無難な化粧品では、ほうれい線に悩む肌には物足りないもの。本当の意味で無添加で、かつ美肌成分がたっぷり配合されているコスメを使えば、年齢重ねた肌にも負担なく、ハリとツヤを与えることができます。

3-2機能性無添加コスメSelif(セリフ)がおすすめ

私は以前、ほうれい線や目の下のたるみに悩んだ経験があります。当時は納得のいく化粧品に出会えず、コスメジプシーを続けていました。そこで本気でほうれい線などに悩む肌に、ハリの実感のある肌に優しい化粧品を作ろうと思い立ちました。どこにも無いなら、自分でつくってしまおうと考えたのです。

それが、機能性無添加コスメSelif(セリフ)です。機能性無添加コスメとは、肌のバリアを壊さないことは最低条件でありながら、さらに肌にハリを持たせる機能を持った新しいカテゴリーの化粧品です。

Selifの基礎アイテムのうち、乾燥が原因のほうれい線には「プレミアムエナジークリーム」がお薦めです。
セリフプレミアムエナジークリームの画像
セリフ プレミアムエナジークリーム 30g  9,400円(税抜) 

セリフプレミアムエナジークリームは、とろけるようなコクと瑞々しいテクスチャー。たっぷりのうるおい成分がシルクのような滑らかなお肌に整えます。センチぺダクンニンガミ―エキス、アスタキサンチン、AC-11が肌にハリと弾力を与え、ヒト型セラミドが自ら潤う肌へ導き、乾燥を防ぎます。

シアバター、アルガンオイル、マカデミアナッツオイル、ホホバ種子オイル、アーモンドオイルがお肌にシルクのようなツヤを与えます。

プレミアムエナジークリームの特徴は、お肌に伸ばすとホイップ状に変化すること。これはセンチぺダクンニンガミ―エキスが高濃度に配合されているから。白いホイップ状に変化したら、上向きへ軽くマッサージするように馴染ませてください。クリームが透明になったら、美肌成分がお肌に密着した合図です。

※保湿成分
センチぺダクンニンガミーエキス
アスタキサンチン
AC-11(ウンカリアトメントサエキス)
シアバター
アルガンオイル
マカデミアナッツオイル
ホホバ種子オイル
アーモンドオイル
※うるおい成分
セラミドNP

合成界面活性剤・合成ポリマー・シリコン・パラベン・合成香料・着色料は一切使用していない、機能性無添加コスメです。

4.ほうれい線ケアに必須の顔の筋トレ3選

先ほどのチェック表で、ほうれい線の原因が顔のたるみだと分かった方は、今からご紹介する顔の筋トレを実践ください。顔の筋トレとは表情筋トレーニングのことでしたね。

トレーニングはたったの3種類です。頬の下をすっきりさせて、ほうれい線を改善する「頬下スッキリトレーニング」と、顔の重心を上げて、ほうれい部分の負担を除く「ほっぺたアップトレーニング」、口周りの筋肉を固くしてほうれい線の溝を付きにくくする「お口カチカチトレーニング」です。簡単ですのでやってみてください。

4-1.ほうれい線ケアの筋トレ① 頬の下をすっきりさせる

頬の下の脂肪をしぼり取ってスッキリとさせ、ほうれい線を解消します。

頬下スッキリトレーニングの手順

口をとがらせる。

pic_about_34

①頬のお肉を吸いこむ。( 限界まで)

pic_about_58

②吸い込みを維持したまま、口を一文字にする。

pic_about_59

④吸い込みを維持したまま口を写真のように引き締める。

pic_about_60

回数・・・2セット 1日1回

「頬下スッキリトレーニング」のコツ
■ 口を横に引くとき、ほほのたるみをぎゅっと引き締めるつもりでやると効果的です。

4-2.ほうれい線ケアの筋トレ② 顔の重心を上に上げる

顔の重心を上に上げて口の横の負担を除き、ほうれい線を解消します。頬を上に引き上げます。

ほっぺたアップトレーニングの手順

1、上の歯ぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げ1分間 → 鼻の下のばし5秒間。 1日1回

 

「ほっぺたアップトレーニング」のコツ
■ 頬を黒目の真下にもっていくように引き上げるとうまくいきます。

頬を上げている画像

1分間ほほ上げの状態を続けても、ほほが痛くならない場合は、口に力が入っている可能性があります。口の周りはリラックスさせた状態で、頬上げを行いましょう。

4-3.ほうれい線ケアの筋トレ③口輪筋を引き締める

口の周りの筋肉「口輪筋(こうりんきん)」を鍛えて固くすると、ほうれい線の溝が食い込みにくくなります。

お口カチカチトレーニングの手順

1、上のくちびると下のくちびるを押し合う。10秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像1

2、表側にくちびるを思い切りだす。5秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像2

3、次は内側にくちびるを思い切り巻き込む。5秒キープ

ほうれい線を消すトレーニング画像3

●回数・・・2セット

 

「お口カチカチトレーニング」のコツ
■ 上唇と下唇を垂直に押し合い、口周りの筋肉をしっかり緊張させます。

5.その他のほうれい線ケア

この章では、3章と4章でご紹介した保湿と表情筋トレーニング以外のほうれい線ケアをご紹介します。上の方法で効果が物足りない場合はお試しください。

5-1.美顔器でほうれい線をケアする

美顔器を使っている女性の画像

美顔器でほうれい線をケアすることもできます。美顔器には色々ありますが、特にほうれい線にはEMS機能付きの美顔器がおすすめです。顔のたるみは表情筋のゆるみで引き起こされるので、電流で筋肉を動かして疑似トレーニングできるEMS機能が付いたものが最適です。

とはいえ、4章で紹介した、自分で顔を動かす表情筋トレーニングとは本質的に違います。あくまでも補助として使うものとなります。

下記にEMS機能付き美顔器を2機種をご紹介します。機能の項目で、筋肉に作用するものは「赤いマル●」、皮膚に作用するものは「肌色のマル●」を付けています。「特徴」については、美顔器メーカーの説明文を引用しています。私自身が使用した感想ではないことご了承ください。

2-1.エステナードソニックリフティ

エステナードソニックリフティの画像

<メーカー(エステナードソニックリフティ)> 

健康コーポレーション

<機能(エステナードソニックリフティ)>

RF 
EMS 
ION ●

<定価(エステナードソニックリフティ)>

単品価格:28,000円(税別)

<特徴(エステナードソニックリフティ)>

●RFで肌をあたため、じっくりほぐす・・・ RF(ラジオ波)の高周波による温熱効果と、「リフティ」を動かすマッサージ効果で、肌深くまであたためながらじっくりほぐすことで、スキンケアの恩恵を受けやすい肌環境に。

●EMSで表情筋を刺激し、肌を引き締める・・・EMS(電気刺激)を肌に当てると、普段動かしていない顔の筋肉が刺激され、エクササイズしたような状態に。土台からキュッと引き締まったハリ美肌へ導きます。

●IONで美容成分をしっかり届ける・・・IONの力でジュルの美容成分を肌のすみずみまで、しっかり浸透。さらに、乾燥個所を見つけ出し、集中的に保湿。肌表面にふっくらとしたハリを与えます。

エステナードソニックリフティの公式HP

2-2.RF Beaute フェイスEX

ツインエレナイザーPROⅡの画像

<メーカー(RF Beaute フェイスEX)>

ヤーマン

<機能(RF Beaute フェイスEX)>

RF機能 ●
イオン導出入機能 ●
EMS機能 ●
冷却機能

<定価(RF Beaute フェイスEX)>

36,000円

<特徴(RF Beaute フェイスEX)>

●温めて上げるラジオ波+EMSがポイント。トータルケアでお肌をキュッと引き締め、理想の素肌へ

●ヤーマン独自の新技術 & 形状が1MHzのラジオ波による温熱効果を。「より深く、より広く、より早く、より長く」お肌を温めます。

●RF (Radio Frequency -ラジオ波)・・・~お肌を奥深く (角質層) から温めて、お肌をひきしめる~ラジオ波は、電磁波の一種で、エステでも人気の美容法です。

●イオン導出入~イオンの力で、美容液の浸透をサポート & 汚れを吸着します。

●EMS (Electrical Muscle Stimulation)~電気信号で、筋肉を鍛える~筋肉は、脳から送られている電気信号から指示をうけて働きます。EMSでは直接その電気信号を筋肉に伝え意思とは関係なく筋肉を動かすことができます。

●RFだからできる、温冷美容ケア お肌の奥 (角質層) から汚れを取り去り、うるおい実感 お肌をあたためながらEMSで表情筋をケア RFであたためたお肌を、クールモードで温冷美容

●RFボーテ フェイスEXのEMSモードは、周波数の異なる低周波と中周波をミックスした「ダブル波EMS」で、表情筋に刺激を与え、ピンとした上向きフェイスへと導きます。

*……表情筋の一部 (しゅう眉筋、側頭筋、口角挙筋、翼突筋、頬筋、オトガイ筋) を表した造語です。

●「RF深層温冷美容」なら、肌深部 (角質層) までエイジングケア

●RFボーテシリーズは、RF (ラジオ波) で、お肌の深部 (角質層) まで温めながら、イオン導出入【クレンジング・モイストケア・アイケア*】、EMS【表情筋ケア】をおこなうことによって、トータルに効果的なフェイスケアができます。さらに、最後の仕上げにクールモードで肌をひきしめ、みずみずしいお肌へと導きます。

*……フェイスEXのみ。

RF Beaute フェイスEXの公式HP

5-2.肌の内側から肌に弾力を与える

食事をする女性の画像

その他のほうれい線ケアは、体の内側からのアプローチです。肌に弾力を与える栄養素を摂ることでほうれい線を解消します。お肌は食べたもので出来るので、どんな栄養素を摂るかはとても重要ですね。

それでは、弾力がある肌、というものはどういった状態なのでしょうか?考えてみたいと思います。

肌の弾力を司る真皮がほうれい線改善のカギ

弾力ある肌は、ずっしりと肌の奥が満たされたイメージです。ほうれい線の深い溝をよせ付けないくらいのしっかりとした肌弾力があれば、ほうれい線の悩みはなくなります。これは、皮膚の真皮内に膠原線維(こうげんせんい)のコラーゲン、弾性線維(だんせいせんい)のエラスチンが規則正しくしっかりと張り巡らされた状態です。

深いしわの画像

しかし、加齢にともない、肌弾力の元となるコラーゲンなどを作り出す線維芽細胞の機能が衰えてしまいます。

年齢とともにコラーゲンは減少する

また、コラーゲンとエラスチンの隙間を埋め尽くすヒアルロン酸は、肌のうるおいを保つ役割を担っています。 これもはすべて線維芽細胞によって生み出されますが、年齢とともに線維芽細胞の数が減り、産生する量が急速に減少します。

減るだけでなく分解の遅れが生じ真皮内の新陳代謝がうまく行われなくなるために、古い変性したコラーゲンが真皮内にたまっていき、肌は固く弾力がなくなっていきます。

肌の弾力に重要な線維芽細胞を活性化させる

上記の理由から、肌の弾力を保つには、線維芽細胞が大切だということが分かりました。それではどうすれば年齢とともに減る線維芽細胞を増やすことが出来るのでしょうか?

実は最近のある研究から、コラーゲンを口から摂取することが大変有効だということが分かりました。コラーゲンを摂取すると、コラーゲンを生みだして傷を修復する線維芽細胞がより活発になり、傷口に集まりやすくなることが分かったのです。

また、コラーゲンを分解してできたアミノ酸のほうが、他のたんぱく質由来のアミノ酸よりコラーゲンを合成する率が高いということも解明されました。

市販のコラーゲンを摂取した人の血中に、コラーゲンに多いアミノ酸・ヒドリキシプロリンが結合した化合物が長時間残ることを確認。その機能をマウスの皮膚や細胞で調べたところ、コラーゲンを生み出して傷を修復する線維芽細胞が傷口により集まりやすくなることがわかったとのことです。

コラーゲン(ゼラチン)の分解物のペプチドが皮膚の傷の修復を助けるメカニズムが、京都府立大などのグループの研究で分かった。コラーゲンは「肌に良い」と言われながらもそのメカニズムは不明で疑問視する声もあったが、機能の一端が初めて確かめられた。近く発行される米国化学会の学術誌「食品と農芸化学誌」の2009年第2号に掲載される。

グループは、佐藤健司教授(食品機能学)、大学院生の岩井浩二さん、大阪夕陽丘学園短期大の重村泰毅助教ら。コラーゲンは皮膚や軟骨などを構成するタンパク質の一つで、食物から摂取すると分解されて体内に吸収される。これまで個々のアミノ酸にまで分解して吸収されると考えられており、「肌に良い」のがコラーゲン本来の働きかどうかは不明だった。

佐藤教授らは、人の実験で、ブタや魚のコラーゲンを食べると、コラーゲンに多いアミノ酸のヒドロキシプロリンとプロリンが結びついたペプチド(アミノ酸化合物)が血中に長時間にわたって増えることを突き止めた。このペプチドの機能をマウスの皮膚細胞で調べたところ、ペプチドが再びコラーゲンになるのではなく、コラーゲンを作って傷を修復している皮膚の繊維芽細胞を傷の部分に呼び寄せるのを助けることが分かった。

佐藤教授は「コラーゲンの一部はペプチドとして体内に取り込まれて働いているらしい。コラーゲンの摂取により血圧を降下させたり、骨密度低下を抑えることも報告されており、その機能を確かめたい」と話している。

(2009年1月30日 京都新聞)

この研究により、コラーゲンを食品やサプリメントで摂ることは肌の弾力を増やす可能性があるということが分かりました。市販のコラーゲンには飲料やタブレットタイプなど多くのものがありますが、これらは決して無駄でなないということなのですね。いずれにせよ、コラーゲンをはじめとするタンパク質は美肌には欠かせない栄養素なので、積極的に摂りたいものです。

コラーゲンサプリの画像

※ コラーゲンを多く含む食品
鶏皮・軟骨・うなぎ・カレイ・さざえ・ふかひれ・ゼリー など。

6.まとめ

ほうれい線をケアして改善する方法として、乾燥対策の肌の保湿と顔の筋トレ、美顔器、コラーゲンの補給についてお伝えしてまいりました。

ほうれい線は正しいケアを行えば、溝が深くなったり、真皮までシワが入り込み本ジワへ移行することを未然に防ぐことができます。口元のシワは老けてみられるので、早めのケアでいつまでも若々しい魅力的なお顔を維持してまいりましょう。

コメントはこちらからどうぞ