顔のたるみを整形でとる|費用と失敗のリスク・ダウンタイム

顔たるみ整形のイメージ画像

顔のたるみは、老けて見える原因のナンバーワン。整形で改善できれば嬉しいですが、失敗リスクや費用のことを考えると不安は大きいと思います。

40歳を過ぎた頃から顔のたるみは深刻化していきます。最近では整形での若返りが気軽にできるようになりましたから、多くの人がアンチエイジングのためにクリニックを利用するようになりました。

でもクリニックのサイトには整形の失敗について詳しく書かれていませんから、不安もありますよね。この記事では多くの方の美容の相談に乗ってきた立場から、美容整形の気になる本当のところを書いていきます。

・どんな失敗リスクがあるのか
・費用はどのくらいかかるのか
・どのくらいで仕事に復帰できるのか

そんな疑問に真っ直ぐにお答えします。顔のたるみに悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

目次

1.顔のたるみは整形で改善できるがリスクもある

顔のたるみに悩む女性の画像

顔にたるみがあるか、ないかで、見た目年齢にはぐっと差がつきます。エステでのリフトアップはもう限界、と感じる方は次に美容整形を考えるかもしれませんね。

顔のたるみは、美容整形で本当に改善できるのでしょうか?

1-1.整形で顔のたるみは改善できる

アンチエイジングでなんとしても改善したい点と言えば、「しわ」や「たるみ」ではないでしょうか。若々しくいることへの女性の憧れは強く、美容整形で顔のたるみを改善したという方も多いです。

現在では顔全体のリフトアップをする手術や、部分的に顔のたるみを解消したり、肌を若返らせる方法でたるみを改善したりと、整形の手段も選ぶことができます。

1-2.顔のたるみの整形は失敗リスクも考えなくてはいけない

顔のたるみを改善する整形はリスクも多いと言われていますが、それは本当でしょうか?

私はたるみ改善コンサルタントとして、たるみに悩む多くの女性のお話しを聞いてまいりました。そうした中で「美容整形でたるみを治そうとしたら余計に悪化してしまった」「見た目が悪くなってしまった」という方も実際にいらっしゃったのが残念でなりません。

美容整形の失敗リスクを知ることで、失敗を避けて下さい。またプチ整形であってもダウンタイムがあったり、痛みや後遺症が出ることもありますから、施術を受ける時はよく理解した上で行うようにして下さいね。

2.顔のたるみの原因

顔のたるみをとりたい女性の画像

たるみの改善をするためには「どうしてたるみができるのか」、その原因をしっかりと知っておきましょう。まずは原因の改善が基本!当てはまるものがあったらしっかりチェックして下さいね。

2-1.たるみの原因①表情筋のおとろえ

表情筋の画像

実は顔の筋肉ってあまり使われていないんです。この文章を読んでいる時も、皆さん表情を動かさずにじっと見ているのではないでしょうか。

特に日本人は欧米人と違って表情を大袈裟に動かすということがほとんどありません。日本語も筋肉をあまり使わずに話すことができるので、顔の筋肉はとても衰えやすいのです。

さらに加齢や、人とあまり話さない生活で顔の筋肉がおとろえてしまうことで、たるみは加速してしまいます。

2-2.たるみの原因②肌のハリが失われる

肌の老化の画像

私たちの肌の奥、真皮という場所ではコラーゲンやエラスチンといったハリを作るタンパク質がお肌にしなやかな弾力を保っています。

コラーゲンなどのハリ線維は「線維芽細胞」という言わば弾力の工場で作られているのですが、加齢や紫外線などの影響で線維芽細胞は衰えてしまいます。

お肌にハリがないと、皮下脂肪を支えられなくなって重力に負けてしまうたるみ顔が出来上がってしまうことになります。

2-3.たるみの原因③顔や体の歪み

猫背が顔のたるみをつくる説明画像

たるみの下にあるのは皮膚と筋肉。そして一番深くには骨格が存在しますよね。肌や表情筋だけではなく、この骨格が歪んでしまうことでも顔のたるみはできてしまいます。

・猫背になって首を突き出している

・頬杖をついている

など顔が歪んでしまう習慣はありませんか?そうした毎日の姿勢が、顔のたるみを作っています。

3.顔のたるみ解消の整形の種類と費用

美容クリニックのイメージ画像

顔のたるみを整形には、主に大きく分けて3種類あります。

・切開して顔のたるみを治す

・糸で顔のたるみをひっぱり上げる

・高周波やレーザーで顔のたるみを改善する

それでは1つずつ、詳しくご紹介していきましょう。

3-1.切って縫合する美容整形「フェイスリフト」

フェイスリフトのイメージ画像

余った皮膚を切開して取り除き、縫い合わせることで顔のたるみを治す手術を行うのがフェイスリフトです。この方法は失敗も多く報告されていて、リスクもあるためにあまりおすすめはできません。

ですが120kg以上の体重の方が体重の半分程を一気に減量した場合、皮膚だけが極端に余ってしまうことがありますが、そのような時の整形にも有効な手術です。

フェイスリフトにもいくつかの手法があります。

・皮膚だけをリフトアップする方法

皮膚の表面部分だけを切って縫い合わせて整形します。あまり大きな効果はないようです。

・SMAS法

皮膚の真皮よりも奥、皮下組織と筋肉の間にある筋膜までをカットして縫合するので、皮膚だけのリフトアップよりも顔のたるみを引き上げることができる整形です。

・リガメント法

フェイスリフトでは皮膚の一部を切ってひっぱり上げますが、リガメントと呼ばれる靱帯がボタンをつけるように皮膚のところどころを筋肉と結びつけているため、上部だけをひっぱり上げても下はなかなか引き上がりません。

このリガメントを切り離して顔のたるみをひっぱり上げるのがリガメントです。

フェイスリフトの費用

フェイスリフトにはたるみを一部だけリフトアップさせる方法と、あご周りやほうれい線周りなど全体的にリフトアップさせる方法があります。またリガメント法を使うかどうかなど、行い方によって整形費用は変わってきますが、100万円~200万円と、かなり高額になります。

3-2.糸で引き上げるスレッドリフト

スレッドリフトの糸の画像

糸リフト、スレッドリフトと呼ばれるリフトアップ整形です。口元からこめかみにかけてなど、皮膚に糸を通すことで顔のたるみをひっぱり上げることができます。糸にギザギザが付いているため、そこにひっかけてたるみを引き上げます。

糸を通す際に注射器の様な道具を使うため、メスで切らないたるみ引き上げ方法になります。

以前は溶けない糸がよく使われていましたが、現在では後に残らない溶ける糸が主流になっています。

スレッドリフトの持続時間

溶ける糸の場合、2年程で糸は徐々に溶けて体に吸収されていきます。糸が溶ければ効果はなくなりますから、たるみ引き上げの持続時間は1年くらいです。

最近では持続時間の長い糸も登場していますので、使う糸によって2年程効果が持つこともあるようです。

スレッドリフトの費用

溶けない糸の場合、右に2本、左に2本の合計4本で30~40万円くらいです。しっかりとした効果を出すためには合計で8本ほど必用になるケースもありますから、その場合の整形費用は60万円~80万円になります。

溶ける糸の場合も本数によって異なってきますが、20万円~40万円くらいで行うことが多いようです。

3-3.高周波やレーザーなどの照射治療

たるみ治療レーザー機器の画像

照射系の治療では、高周波、レーザー、超音波、光などを肌へ照射してたるみを改善します。肌の奥、真皮のハリ組織に刺激を与えて活性化することでコラーゲンが作られて、お肌のハリを取り戻すことができるとても自然な治療法です。

真皮に熱を加えると、ヒートショックプロテインによって「コラーゲンを作るぞ!」という指令が出ます。特に高周波治療で人気のサマークールでは、熱によってコラーゲンを変性させて肌を引き締め、照射後1~3ヶ月の時間をかけてゆっくりと肌が若返り、たるみを引き上げてくれるのです。

照射治療の持続時間

治療器によって持続時間は異なりますが、代表的なサマークールを使った場合の持続時間は半年から1年です。

照射治療はたるみ改善の効果が薄い?

照射でのたるみ改善は、肌を健康的に若返らせることによって弾力を取り戻すものですから、肌がとても綺麗になります。ですがあくまで自然の力で顔のたるみを引き上げるもの。整形というよりは機能回復なので、深刻なたるみをリフトアップさせるには至らない印象があります。

4.顔のたるみ解消の整形のダウンタイムと失敗のリスク

整形の失敗が不安な女性の画像

現代の医療では美容整形もほんの短い時間で行って、すぐに帰れるという手軽さから気軽に施術を受ける人も増えてきました。簡単にたるみが解消するということなら、嬉しいですよね。

ですが美容整形には術後しばらく顔が腫れるなどのダウンタイムがあります。

美容整形をしたことが他人に知られないようにするためには、ダウンタイム中は仕事を休まなければならなかったりもするでしょう。事前準備として、ダウンタイムにどのくらいの期間を考えておけば良いのか、知っておく必要があります。

そして何よりも恐い失敗リスクもありますから、整形によってどんなことが起こりえるのか知って、失敗リスクを避けることも大切です。

この章では、それぞれの施術にどのくらいのダウンタイムがあるのか、どんな失敗リスクが考えられるのかをお話しします。

4-1.フェイスリフトのダウンタイム

フェイスリフトは顔の皮膚を切る整形手術を行いますから、ダウンタイムは長くなります。腫れや痛みは3日程度の人から2週間程度の人がいます。1週間から10日くらいで抜糸をすることになり、メイクができるようになるのは抜糸3日後からになりますから、2週間はお休みをとる必要があるでしょう。

また、傷がほとんど分からなくなるまでは、最低でも3か月はかかります。ただし、切開は髪の毛の中や耳の複雑なラインに沿って行うので、髪型を工夫すれば隠すことができます。

4-2.フェイスリフトの失敗リスク

フェイスリフトは耳の横の皮膚を切って縫合することが多いです。そのため、失敗ではないですが耳横の髪の生え際部分を毛根ごと切除されてしまうため、髪の一部が禿げてしまうというリスクがあります。

医師の腕にもよりますが傷跡はわずかで、髪の毛で隠せばわかりません。しかしもみあげ部分がなくなってしまうので髪をアップにしたりショートカットにしたりといったことに抵抗が出るケースが多いです。

また、耳穴がふさがってイヤホンを入れられなくなったり、耳たぶが長くなる、耳が引っ張られて不自然になるといった失敗例があります。

顔の神経を傷つけてしまうと、顔面神経麻痺が起こったり痺れが残ることがあります。フェイスリフトは非常に高額な整形手術ですが、高いお金を払ったのにほとんど効果がなかったという失敗例もよくあるようです。

4-3.スレッドリフトのダウンタイム

スレッドリフトには注射針を刺した小さな穴がもみあげの生え際にできるくらいで、ダウンタイムはないというクリニックもあります。

ですが2~3日は表情がついて来れずにつっぱった感じがあり、腫れやむくみ、内出血が3日~長くて2週間ほど続くことがあります。痛みも2週間でひいてくるケースが多いようですね。

4-4.スレッドリフトの失敗リスク

溶けない糸を使ったスレッドリフトでは、糸が出てきてしまったり痛みがずっと消えなかったりといった事例があり、現在では溶ける糸を使ったたるみ改善がメインになっています。失敗しても、糸は2年で溶けてしまうのでその分リスクは低くなるのです。

溶ける糸の場合も、痛みが続くことがあるようです。

失敗例としては、糸を浅い部分に入れすぎて凸凹ができてしまったり、糸が透けて見えてしまう例があります。また、引っ張り上げた場所以外の顔のたるみがとても目立ってしまうという方もいます。

糸に引っ張られるため顔が動かしにくくなり、表情が不自然になるケースも。

しかしながら、痛みや顔を動かしにくいというデメリットがあっても、顔のたるみを解消できるならと糸リフトによる整形をリピートする女性が多いようです。

4-5.高周波治療のダウンタイム

次に照射系の治療でたるみを改善する際のダウンタイムについてお話しします。

サマークールなどの高周波での治療はメスや注入などを使わずにお肌に高周波を当てます。そのためダウンタイムはほとんどないと言われています。

4-6.高周波治療の失敗例

失敗とまでは言えませんが、お肌は綺麗になったものの顔のたるみの改善はほとんど実感できなかったという人も。高周波などの照射治療では肌を健康的に改善することで自然なリフトアップを目指しますから、たるみが進行している方には改善が難しいのです。

肌が痩せてしまい、かえって老けてしまったというケースもあります。

5.美容整形に失敗しないためには確実な医師選びを!

美容整形に失敗してしまうと、一時的にせよその後の人生を失敗した自分の顔で生きていかなければならなくなります。失敗しないために、まずは必ず腕の良い医師を見つけて下さい。

5-1.腕の良い日本形成外科専門医探す方法

形成外科専門医の画像

しっかりとした知識を持ち鍛錬した整形外科医は、厳しい試験のある「日本美容外科学会」に所属して日本形成外科専門医として登録しています。

日本形成外科専門医は、日本形成外科学会のホームページを使って探すことができますから、医師の名前からクリニックを探してみましょう。

腕の良い医師の見つけ方は、こちらの記事を参考にしてください。

6.ヒアルロン酸注入でたるみを目立たなくさせる

ヒアルロン酸注入の画像

顔のたるみをリフトアップさせる整形にはまだ抵抗があるという方は、症状にもよりますがヒアルロン酸を注入することでたるみをごまかす方法もあります。

ほうれい線や、目の下のたるみの凹んだ部分にヒアルロン酸を注入してボリュームアップをすることで、顔のたるみが目立たなくなるのです。たるみを引き上げる施術ではありませんが、お悩みによっては見た目を若返らせるのに有効ですよ。

6-1.ヒアルロン酸注入の失敗リスクは?

ヒアルロン酸は人体にもともとある物質ですからアレルギーもなく、処置も10分程度ととても気軽に行うことができます。

ヒアルロン酸は通常は半年から1年程度で体内に吸収されて消えてしまうので、効果時間は短いですがその分、失敗リスクは低くなります。

しかし体質によりヒアルロン酸が吸収されないことがあり、ヒアルロン酸の厚みと重みによって顔のたるみが悪化するケースがあります。

6-2.ヒアルロン酸注入の費用

費用は注入するヒアルロン酸の種類や量によって4万円~20万円くらいです。医師のカウンセリングを受けて相談しながら量を考えましょう。

6-3.ヒアルロン酸注入のダウンタイム

気軽に行えるプチ整形ではありますが、ダウンタイムはあります。腫れが出ますので1週間~10日くらいはダウンタイムがあると考えておきましょう。大きな腫れは3日程度でおさまることもあります。

注射器を使いますので人によっては、注入した箇所から内出血を起こすこともあります。

7.自力でたるみを解消する表情筋トレーニング

顔のたるみ体操2

やはり美容整形は失敗のリスクが恐い!と不安になる方はまずは表情筋トレーニングから初めてみてはいかがでしょうか。

トレーニングは美容整形のように即効性があるものではありませんが、1日に数分だけ、しっかりと続けることで年齢に関係なく顔のたるみをリフトアップすることが可能です。

土台から引き上げますから、美容整形並に効果があった!と喜ぶ方も多いですよ。

7-1.頬の真ん中のたるみをリフトアップする表情筋トレーニング

ほほのリフトアップの手順

1、軽く口をとがらせます

2、上の歯ぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げを1分間継続 → 鼻の下のばし5秒間。 1日1回

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。黒目の下に頬を近づけるつもりで。

頬を高くするコツの画像
真上に向かって上げる

●1分間、頬を上げ続けると、頬の筋肉である大頬骨筋(だいきょうこつきん)、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)が引き上がります。
顔の中心部のほほが上がると、見た目にも、とても若返ります。

ほほの筋肉は広範囲のため鍛えるのに少々時間がかかり、効果は3週間目から感じることが多いです。

7-2.フェイスラインのたるみをリフトアップさせる表情筋トレーニング

フェイスラインのリフトアップの手順

1、口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ 
口を寄せた反対側のあごらいん(フェイスライン)がはっきりと出るように、しっかりと口を片側に寄せます。

顔のたるみ改善トレーニング画像1

2、反対も同様に。口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ

顔のたるみ改善トレーニング画像2

回数・・・2セット 1日1回

注意点・・・指で口角を引っ張り上げないようにしましょう。

顔の下部が引き上がって、引き締まった小顔に見えるようになります。あご周りは効果が出るのが早いので、10日程度でフェイスラインのリフトアップが分かるでしょう。

8.まとめ

気軽に出来るようになったと言われる美容整形。それでも後悔しないためにはしっかりと失敗リスクやダウンタイムのことを考えて、事前に準備をしておくことが大切です。

そして必ず、カウンセリングを行ってからその美容整形が自分に合っているのか、不安なことはないか、焦らずに家に帰って考えましょう。

この記事が皆様の参考になりましたら幸いです。

なお、たるみをセルフで引き上げて改善する『 たるみ顔を即!リフトアップ!顔の土台から引き上げる4つの方法 』も併せて参考になさってください。

コメントはこちらからどうぞ