顔のカサカサはそのスキンケアが原因?ずっと潤うお肌を作る方法

顔がカサカサしている女性の画像

頬に触れた時、指触りがカサカサしている・・・ちゃんとお手入れしているつもりなのにどうしてだろう・・・と心配になりますね。

お顔がしっとりとなめらかな場合は、健康な肌状態ですが、顔がカサカサしてしまう原因はなんなのでしょうか?カサカサの他にも、吹き出物などのトラブルが起こっている場合もあります。

実は、顔をカサカサにしてしまう大きな原因は、毎日のスキンケアにあることが多いのです。若い頃は大丈夫でも、年齢重ねれば重ねるほど正しいスキンケアが必要になります。

40代くらいを境に、多くの女性がカサカサ肌に悩むようになります。でも大丈夫、これからお伝えする方法を実践いただければ、今からでもお肌はカサカサ状態から抜け出すことができます。

どうすれば顔のカサカサが解消できるのか、その方法をお話ししていきますので参考にして下さい。


1.「顔のカサカサ」はお肌の異常事態を知らせている

顔のカサカサに悩む女性の画像

いつも顔がカサカサしていると、乾燥肌の慣れっ子になってしまうこともありますよね。顔は乾燥するもの。そんな風にさえ思いがちです。

でも「顔のカサカサ」は、実は肌荒れの状態!異常事態を知らせてくれているのです。本来のあなたの素肌は、肌触りが良くてとてもなめらかなはずなんです。

健康なお肌とカサカサ肌、その差はどこにあるのでしょうか。

1-1.本来のお肌はうるおいベールに包まれている

セラミド化粧品を使っている女性の画像

私たちの肌の内側では、細胞が活発に生まれ変わって新しいお肌が作られています。ですから私たちはいつでも、生まれたての肌を持っています。

肌は下から「皮下組織」「真皮」「表皮」とそれぞれの層を作っていますが、表皮をさらによく見ていくと、一番上は水分と脂質でできたうるおいのベールが存在するのがわかります。

ですから、指で触れればお顔はいつでもしっとりとなめらかなはず。うるおいのベールに包まれているのが、本来の健康な肌状態なのです。

1-2.肌表面のうるおいはバリア機能だった!

顔のヒリヒリが改善した肌

肌を包んでいるうるおいのベール、この役割は肌をしっとりとさせてくれるだけではありません。このベールをよく見ると、水分と脂質(セラミドなど)がミルフィーユの様に重なり合って、細胞と細胞のすき間をすっかり埋めています。

うるおいの層で肌を完璧に密封することで、お肌にはバリアが張られているのです。

「バリア機能」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。このバリア機能は、肌の健康と若さを保つために必用不可欠な存在。

うるおいの膜が張られることで、紫外線やアレルゲンなど外からの刺激や、内側の水分が蒸発してしまうことを防いでくれます。

顔に触れるとしっとりとしている。この時のうるおいは、バリア機能そのものだったんですね。

1-3.顔のカサカサは肌バリアが壊れている証拠

顔がヒリヒリする原因の画像

顔に触れてカサカサしているように感じるとしたら、それは肌表面のうるおい不足。つまり肌バリアが壊れている証拠でもあります。

バリア機能が低下してしまったため、内側の大切な水分まで逃がしてしまうだけではなく、紫外線など外からの刺激も肌がダイレクトに受け取るようになってしまいます。

すると肌はターンオーバーを急いで、傷ついた細胞を外に捨てようとします。けれどターンオーバーしてもその下地の皮膚がしっかりと再生できていないので、顔の表面はカサカサに。

傷ついた肌表面が毛羽だってしまうので、これが指で顔を触ったときのの手触りをカサカサにしてしまうのですね。


2.顔がカサカサになる原因

顔をカサカサにするスキンケアをしている女性の画像

しっとりうるおっているのが通常のお肌。でも顔のカサカサ肌に悩む方って多いですよね。その原因は普段のスキンケアに隠れていることがほとんどです。

あなたのお肌をカサカサにしてしまうスキンケアをしていないか、次の項目でしっかりとチェックしてみてください。

カサカサの原因になるスキンケアチェック
●毎日の洗顔
●保湿の仕方
●使っている化粧品の成分

下記にそれぞれの項目について詳しく説明いたします。

2-1.洗顔のしすぎでカサカサ

洗顔する女性の画像

肌トラブルの多い人は、洗顔をしすぎていることが多いです。肌荒れを気にするあまり、1日に何度も洗顔をしてしまうことがありませんか?

洗顔フォームや石けん、クレンジング剤に入っている合成界面活性剤は、汚れをしっかり落としてくれますが、肌に必要な肌バリアまで洗い流してしまいます。

冬場はついやってしまいがちな、お湯での洗顔も肌バリアを洗い流す行為。後の章で、しっとり肌になれる洗顔方法についてお話ししますので、心当たりのある方は参考にして下さい。

2-2.保湿のしすぎ

保湿する女性の画像

顔が乾燥してカサカサしてくると、保湿をいっぱいしなくては!と考えますよね。化粧水などの保湿剤は、バシャバシャとたっぷり使う。そんな美顔法を実践しているという話しも、カサカサ肌の相談に乗っている中でよく聞きます。

中には、良い化粧品を使うよりもプチプラの化粧品をバシャバシャと浴びるように使う方が美肌になれるのでは?と考える人も。でもそれって、大丈夫でしょうか?

通常、化粧品の成分は肌への刺激となります。ですから、化粧水などを毎日大量に使うと肌バリアを弱めてしまうリスクにしかなりません。

湯船にずっとつかっていたら、指の先がふやけたという経験は誰もが持っていると思います。あれは大量の水分が角質細胞であるケラチンをゆるめてふやかしてしまっているからです。

肌にあふれるほどの化粧品を使い続けていたら、肌の表面が弱くなって、水分を保てないカサカサ肌ができあがってしまいます。

2-3.化粧品選びの失敗

肌の手入れをする女性の画像

洗顔で肌バリアを洗い流し、保てなくなった水分を補うために化学添加物たっぷりの化粧品を使う。そんな毎日を繰り返していないでしょうか。

無添加やオーガニック化粧品も、実は肌負担になる成分が入っていることがあるんです。流通しているほとんどの化粧品は、肌にとって大きな負担になります。

その中で、正しい化粧品選びってすごく難しいですよね。多くの人はそこにつまずいて、知らず知らずのうちに肌バリアを失い、カサカサお肌を作り上げているのです。

年齢を重ねると、こうした負担が肌をどんどん弱くしていきます。


3.顔のカサカサを解消する方法

美肌になるスキンケアのイメージ画像

では、カサカサ肌から脱却してうるおい続けるお肌を作るには、どうしたら良いのでしょうか。まずは正しい洗顔と保湿がとても大切です。

3-1.うるおい肌を作る洗顔法

ピーリングをする女性の画像

ここでは、うるおい肌を作る洗顔の方法についてお話しします。どれも大切なことばかりですから、ポイントの①~④、通して実践してみて下さい。

ポイント①基本は11

洗顔フォームや石けんでの洗顔は、1日に1回が基本です。洗いすぎは皮脂を奪いすぎて、肌バリアを壊してしまいます。特にカサカサ肌の人は、必要以上に洗顔を行うのをやめてみましょう。

顔は基本、何かで極端に汚れてしまった場合と、メイクを落とす就寝前にだけ洗います。朝は石けん類を使わずに、ぬるま湯や水だけで洗顔することで、皮脂の奪いすぎを防げます。

朝から肌バリアを削って、1日のダメージから守れないお肌を作るのは避けたいですね!

ポイント②ぬるま湯で洗う

30度以上のお湯を使うと、皮脂を奪いすぎてしまいます。顔の水分は温かいお湯で洗うと、すごい勢いで蒸発していきますから、できるだけ蒸発しないような温度で洗うことがカサカサ予防の鉄則。

顔に付けた時に温かく感じたら、体温よりも熱いお湯を使っているということですから、気をつけて下さいね。

ポイント③泡を使って1520

角栓や毛穴の黒ずみが気になると、ついゴシゴシと肌をこすってしまいがちですよね。でも「肌をこすらない」を徹底してみて下さい。

よく泡立てて、泡だけをあてるようにして15~20秒、肌をマッサージします。泡が残ると肌負担になりますから、しっかりとすすいで洗い流して下さいね。

ポイント④ラストは冷水で

洗顔の最後は冷たい水ですすぎます。勘違いしがちですが、これは毛穴を引き締めるために行うわけではありません。

お湯だけではなく、ぬるま湯を使った洗顔でも肌から水分は蒸発しはじめます。最後に冷水で締めることで、この時の水分の蒸発を防いでくれます。

3-2.保湿は引き算を心がける

マイナスのイメージ画像

カサカサ肌をうるおい肌にする洗顔方法を実践したら、次にしっとりお肌のための保湿方法を覚えましょう。

過剰な保湿はNG

保湿のしすぎには気をつけて下さい。成分によっては、肌の上であまった化粧品が酸化することもあります。化粧品の使用説明に書いてあるとおりの正しい量だけ使いましょう。

化粧品を多く使えば使うほど肌が綺麗になると思いがちですが、必要以上の量は肌に負担になる場合もあるのです。正しい量を使うようにして下さい。

合成界面活性剤は乾燥の敵

化粧品にどうしても使われてしまうのが合成界面活性剤。化粧水の水と油を混ぜ合わせたり、品質を保ったり、しっとり感を演出したりするのに必要なのです。

しかし、合成界面活性剤が配合されている化粧品を使い続ければ、肌バリアが弱まって顔のカサカサが進行していくばかりです。

特に昨今のアンチエイジング化粧品には多くの有効成分が含まれており、それを肌深く浸透させるために合成界面活性剤が働きます。しかし、この作用は肌のバリアをゆるめる結果にもなるのです。

合成界面活性剤の配合された化粧品は、使った直後は顔の手触りがよくなり、カサカサが解消したように思えますが、実はそれは一時的です。継続しているうちに、洗顔後になにもつけなければ肌表面がけば立ったようになって、カサカサがよりひどくなるのです。

でも今使っている化粧品に合成界面活性剤が配合されているかどうやって調べたらいいのでしょうか?化粧品の化粧箱や容器に全成分が書かれていますので、それでチェックできます。

次に、顔をカサカサさせない化粧品の選び方について説明いたします。


4.顔をカサカサさせない基礎化粧品の選び方

化粧品のイメージ画像

毎朝お化粧乗りの悪いカサカサのお顔。外に出るにも心がはずみませんよね。ちゃんと保湿をしているはずなのにカサカサするとしたら、基礎化粧品の選び方を間違えています。

もうカサカサさせないためには、どんな基礎化粧品を使ったら良いのでしょうか?

4-1.本当に肌に良い無添加化粧品を見抜く

まずは、化粧品のすべてのアイテムで「合成界面活性剤」が配合されていないものを使うことです。カサカサ肌の人は化粧品を徹底的に直しましょう。

では、「無添加」と表示されているものを使えばよいのか?というと実はそれだけでは安心できません。「無添加」というと安心して使えるイメージです。肌が敏感な人ほど、無添加化粧品やオーガニック化粧品にはこだわっていることと思います。

ですが、1つ添加物を使わないだけで「無添加」、1つ植物性成分を入れただけで「オーガニック」の化粧品を名乗れるのも事実。無添加化粧品、オーガニック化粧品といっても肌を傷めないとは限らないのです。

肌のためを思って作られた化粧品というよりは、売り文句として「無添加」や「オーガニック」と書かれていることもあります。売りたいだけの化粧品なのか、本当に肌のための化粧品なのか、成分をよく見て判断しましょう。

4-2.合成界面活性剤の表示名

下記に合成界面活性剤の表示名をお伝えします。購入を考えている化粧品は成分を必ずチェックしてください。下記のリストにある成分があれば購入を見送りましょう。

ただし、合成界面活性剤はどんどん新しいものが出ていますから、このリストにないからといって安心はできません。成分名で検索すると今は情報が得られますから、使う化粧品の全成分をチェックしてから使う習慣を身につけてください。

<合成界面活性剤 表示名リスト>

※ クリックすると表示されます。

合成界面活性剤(ア行)

合成界面活性剤(カ行)

合成界面活性剤(サ行)

合成界面活性剤(タ行)

合成界面活性剤(ナ行)

合成界面活性剤(ハ行)

合成界面活性剤(マ行)

合成界面活性剤(ヤ行)

合成界面活性剤(ラ行)

4-3.肌バリアを壊さない化粧品を使う

肌バリアとは「自らお肌が潤う機能」のことです。その機能には3つあります。

・セラミドなどの細胞間脂質

・NMF(天然保湿因子)

・皮脂膜

水分の蒸発を防ぐこれらの肌バリア成分。実はどれも、大人になると減ってしまうものです。

肌のバリア機能の画像

これらバリアを壊さず安心して使える化粧品をご紹介します。

Selif(セリフ)は、合成界面活性剤、合成ポリマー、シリコン、パラベン、合成香料、着色料が一切配合されておらず、また良質な保湿成分がたっぷり配合されているので、顔のカサカサにお悩みの方にも優しい使い心地でおすすめです。

顔のカサカサには、エッセンスチャージローション、パーフェクトモイスチャライジングセラム、プレミアムエナジークリームがうるおいを補ってくれます。

selif(セリフ)エッセンスチャージローション


セリフ エッセンスチャージローション

カサカサした敏感な肌にもしみることなく、すっとなじむ化粧水です。付けるときはさっぱり、あとでしっとり肌に変わります。

selif(セリフ)パーフェクトモイスチャライジングセラム


セリフ パーフェクトモイスチャライジングセラム

みずみずしい潤いを肌のすみずみまで届けるパーフェクトモイスチャライジングセラム。肌のバリア機能を優しくサポートします。

selif(セリフ)プレミアムエナジークリーム


セリフ プレミアムエナジークリーム

スキンケアの仕上げはクリームでフタをしてしっかりと潤いを閉じ込めます。朝晩使うことで、肌表面のカサカサのけば立ちが落ちつき、なめらかに変わっていきます。特に翌朝手触りの違いを感じるでしょう。


5.カサカサ肌を放置すると老化する!

肌がカサカサしている女性の画像

さて、一度なってしまった顔のカサカサ、これを放置しておくとどうなるでしょうか?顔のカサカサはいわばお肌のSOS。そのまま放置してしまえば、肌状態はどんどん悪くなっていきます。

カサカサになったと思ったら、その後どうケアしていくかが、お肌の分かれ道になります。正しいお手入れ法を4章でお伝えしましたが、ここで一度、カサカサ肌がどうしてダメなのかお伝えしますね。

5-1.顔がカサカサになると気になること

カサカサ肌は見た目や手触りが良くないです。キレイだなという印象のお肌は、大抵の場合、見た目にも艶やかで輝いています。

粉が吹いたり、化粧乗りが悪い。そうなってしまうと、美肌に見せるのも難しくなっていきます。

5-2.顔のカサカサが進むと起こること

では、顔のカサカサを放っておくとどのようになるのでしょうか。

しわが出来る

乾燥によるシワの画像

ちりちりとした細かな小じわ。これは乾燥が原因で肌にできてしまったひび割れです。乾燥を放置すれば小じわが増えて、やがて大きなしわにも発展しかねません。

たるみが進む

乾燥によるたるみの画像

カサカサに乾燥したお肌は、バリア機能が崩れているために内側のハリ組織までダメージが簡単に届いてしまいます。コラーゲンやエラスチンといった弾力組織がゆるんでしまえば、顔には深刻なたるみができることに。

肌荒れ

肌荒れしている女性の画像

カサカサ肌はそもそも肌荒れです。それに加えて、肌表面のカサカサを放置していると、大人ニキビや炎症など、肌トラブルが起こります。

敏感肌

敏感肌に悩む女性の画像

化粧品や紫外線、アレルゲンなどのちょっとした刺激で肌トラブルを起こしてしまう敏感肌。化粧品がしみたり、何もしていないのに肌がヒリヒリするのも、敏感肌の症状ですよね。

顔の皮膚がカサカサしている時、肌バリアがとても弱まっていますから、こうした敏感肌の症状を引き起こしやすくなっています。

顔のカサカサは表面の見た目の悪さにとどまらず、次第にしわやたるみの老化肌や、敏感肌にまで移行してしまうのなら本当に怖いです。顔のカサカサには早めの対処が必要であることがよく分かりますね。


6.うるおいはインプットとアウトプット

顔のカサカサ肌改善のために水を飲む女性の画像

スキンケアを見直したら、体の中へうるおい力をチャージしていきます。暑い真夏以外でも、水分補給はしっかりして下さいね。

6-1.皮脂が出にくいカサカサ肌

乾燥の季節になると皮脂が出ないという女性もいます。汗や油分が少ないので一見して楽そうですが、新陳代謝が悪く肌バリアを作れない体質は、もちろん美容にも良いはずがありません。

皮脂が出ないという方は、しっかりと訓練していくことが必用です。自然に皮脂膜で肌を守れる体質へ、改善していきましょう。

6-2.カサカサにならない体質を作る方法

運動のイメージ画像

うるおいは、「取り込むこと」「出すこと」この2つの両方があって作られるもの。

  • 水分を補給する
  • 運動をする

この生活習慣を守っていれば、自然に代謝の良い体ができあがります。健康な体、キレイな素肌は全てうまく循環していく「サイクル」で作られているのです。皮脂が出ない体質の人は、水分補給と運動の訓練をしていきましょう。

1日に1リットル以上の水を飲まないという方は、まずは1リットルを目標に水分補給をしていって下さいね。慣れてくるとたくさん飲めるようになりますから、2リットルまで補給していってかまいません。

水分をとったら、ウォーキングやジョギング、トレーニングなど適度に汗をかくような運動を習慣にすると、自然にお肌のカサカサも忘れているはずです。


7.まとめ

カサカサ肌を作るスキンケアと、健やかなお肌のためのスキンケア、どちらを選びますか?良いと思っていたスキンケアが、肌を傷めていないとは限らないのです。

ちょっとしたカサカサが、老化や肌トラブルに直結してしまいます。今までのお手入れでカサカサが改善しなかったという方は、すぐにでもスキンケアを見直しましょう。

しっとりと、触れた指がなめらかにすべる本来のお肌を、取り戻して下さいね。

なお、特に目元の乾燥が気になる方は、『 目元の乾燥はシワの危険!即、潤いをチャージして保つ方法 』を併せて参考になさってください。

10歳若返る!
全34ページの老け顔改善マニュアルをプレゼント

加齢とともに顔にさまざまな老けの兆候が出て、どうしたらよいかと悩んでいませんか? これらは美容整形さえすればすべて解決できるものではありません。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 目の下のたるみが何をやっても改善しない
  • ほうれい線が年々深くなる
  • 口の横にだぶついた肉が増えてきた
  • 顔全体がたるみ、老けてきて不安だ

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、
「たるみようがない顔のベース」を自分の顔にしっかりと作り上げるしかありません。

私自身も悩みから解放され、多数のメディアで紹介された老け顔改善メソッドを全34ページに渡って詳細に解説しています。私のbefore&after画像も公開しています。 いつまでも若々しく輝くためにぜひお役立てください。

コメントはこちらからどうぞ