顔を引き上げて即!たるみを解消する簡単な方法3選 

顔を引き上げている女性の画像

若く見えるかどうかは、顔が上を向いているか、たるんでいるかでほぼ決まります。

年齢を重ねても、たるみのない人は驚くほど若く見えるんです。何もしなければ、40歳くらいを境にたるみはどんどん目立つように。

でも大丈夫です。若さはちゃんと取り戻せるのですから。

この記事では、即効で顔を引き上げる最強のメソッドを選りすぐってお届けします。メソッドの他にも、顔を引き上げて若返る方法をピックアップしてみました。

顔のたるみに悩んでいる方は自分に合った方法を見つけて、たるみの悩みを解消して下さいね。


1.顔を引き上げると顔が驚くほど若返る

顔のたるみに悩む女性の画像

子育てに追われる毎日の中、気付かないうちに老化は進んでいます。 

・どのくらい自分の老化は進んでいるのか

・顔を引き上げるとどのくらい若返るのか

まずは簡単にチェックしていきましょう。

1-2.顔の引き上げチェック

顔のたるみに悩むと、自信がなくなって明るい気持ちになれない日もありますよね。でも本来のあなたは、ちゃんと若々しい力を持っています。

まずはそれを再現して、本当の自分の姿を見つめてみましょう。

  • 鏡の前に姿勢良く立ち、こめかみの上に人差し指から薬指の3本を置く
  • そのまま中指を目尻の斜め下までまっすぐに下ろす。(頰骨の一番高い位置まで)
  • 斜め外側に向かって軽く頬を引き上げる

この状態で鏡をよく見て下さい。これが顔のたるみが引き上げられた本来のあなたの姿です。 

もっとよく知りたいという方は、鏡に横顔を映して、同じように引き上げて下さい。頬を上げる前と後とで、違いがわかりますか?

このチェックですごく若返った!という方は、残念ながらたるみが進んでいる印。たったの1センチ、2センチ引き上げるだけで、こんなにも見た目年齢に差が出るのだということがわかると思います。

指で持ち上げなくても、自然にリフトアップされている本来の自分を目指しましょう。とても簡単なメソッドで、顔はリフトアップ可能ですよ。

それでは早速、顔を引き上げるメソッドをご紹介します。


2.顔を引き上げる簡単メソッド3選

顔を引き上げた女性の画像

顔はなぜたるんでしまうのでしょうか?その大きな原因は、表情筋の衰えにあります。

表情筋は「皮筋」といって、顔の筋肉と皮膚が一体となってつながっている組織です。この仕組みによって、笑うと頬が上がったり、様々な表情を作っているのです。

表情筋の画像

 この表情筋が衰えてしまうと皮膚を支えきれなくなりますから、顔にたるみができてしまうわけですね。

ですが私たちは表情筋を30%程度しか使えてません。さらに加齢やパソコン作業などで表情筋を使わない時間が多いと、表情筋はどんどん衰えてきます。つまり、顔は時間と共にたるんでくるということ。

幸い、表情筋はトレーニングすることで復活します!トレーニングと言っても顔を動かす簡単なメソッドですから、どんどんたるみを引き上げて本来の若さを取り戻しましょう。

2-1.おでこを鍛えて顔全体を引き上げるトレーニング

顔の一番上には、前頭筋という額の筋肉があります。この前頭筋は眉毛から頭皮へ向かって縦方向に並んだ筋肉。この部分をトレーニングすることで頭部分の後頭筋も鍛えることができます。

前頭筋の画像
前頭筋(ぜんとうきん)

頭のたるみは顔全体のたるみにつながりますから、まずは前頭筋を鍛えて顔全体を引き上げていきましょう。

おでこを引き上げるトレーニングのやり方

1、人差し指と中指でチョキを作り、おでこに当てる。指は強く押しつけないように注意。

おでこのしわを消すトレーニング説明画像1 

2、まゆげの上げ下げをゆっくり10 回する。2本の指でまゆ毛を上げたときにできるおでこのシワを防ぎます。

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像2

3、まゆ毛を上げたままキープ10 

 おでこのしわを改善するトレーニングの画像3

上記のトレーニングを、11回、1セット行って下さい。

始めてから2週間目くらいで、徐々に引き上げ効果を実感できるようになります。顔の引き上げだけではなく、おでこのしわ予防や上まぶたのたるみの解消にもなりますよ。

2-2.頬を引き上げてほうれい線を改善するトレーニング

顔のたるみで最初に気になってくるのは、頬のたるみかもしれませんね。鼻の横から下へ向かって頬がたるむことで、ほうれい線が深くなって老け感が色濃く出てしまいます。

このトレーニングでは頬の中心部を支えている大頬骨筋と小頬骨筋にアプローチして、ほうれい線の原因になるたるみをぐっと引き上げていきます。

頬の筋肉の画像1
大頬骨筋(だいきょうこつきん)

頬の筋肉の画像2
小頬骨筋(しょうきょうこつきん)

頬を引き上げるトレーニングのやり方

1、軽く口をとがらせます。

2、上はぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

ほうれい線の改善トレーニング画像 

頬を真上に向かって上げる説明画像 
頬を真上に向かって上げる

頬は真上へ引き上げて1分間キープして下さい。引きのばしは5秒間行います。

2-3.フェイスラインを引き上げるトレーニング

年齢を重ねると顔の輪郭がだんだんとぼやけてきますが、これはフェイスラインのたるみによって起こります。キュッと引き締まっていない顔。これが老け顔の始まりなのです。

テレビで見る女優さんは、フェイスラインがとてもすっきりしていますよね。引き上がったフェイスラインこそが、美しさの象徴です。

このトレーニングでは、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)、外側翼突筋(がいそくよくとつきん)、顎舌骨筋(がくぜっこっきん)といったあご周りの筋肉にアプローチしてフェイスラインを引き上げます。

内側翼突筋の画像
内側翼突筋(ないそくよくとつきん)
※上に重なるように外側翼突筋(がいそくよくとつきん)がある

女優さんのように美しいフェイスラインを目指しましょう!

フェイスラインを引き上げるトレーニングのやり方

1、口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ 

顔のたるみ改善トレーニング画像1

口を寄せた反対側のあごらいん(フェイスライン)がはっきりと出るように、しっかりと口を片側に寄せます。

2、反対も同様に。口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ

顔のたるみ改善トレーニング画像2

これを11回、2セット行って下さい。

指でほうれい線部分を押さえていますが、指を使って口角を引き上げないように注意して下さい。

口から顎にかけては効果がとても出やすいので、10日くらいで実感できるようになりますよ。小顔効果もプラスされますから、ぜひ頑張って続けてみて下さいね。

2-4.効果がでるまでの時間は?

トレーニングする部位によっては、短時間で変化を感じることができると思いますが、顔全体がトータルで引き上がるまでは1ヶ月~3ヶ月のトレーニングが必要です。

運動不足気味の人は、少し時間がかかるかもしれません。「テレビを見ながら」「お風呂のついで」など手軽にできますから、習慣に取り入れて続けてみて下さいね。

もっと瞬間的に顔を引き上げたい!という方は、次にあげる応急処置の方法も参考にしてみて下さい。


3.顔を引き上げるテープでとりあえず即効で若返る

顔を引き上げるテープの画像
ピタっと貼るだけで瞬時に顔のたるみを引き上げてくれる、たるみ引き上げ用のテープがあります。メイクのように、即効で効果が出ますからとても便利ですよね。

顔のたるみを引き上げるテープには様々な商品が販売されていますが、0.01mmから0.005mmなどかなり薄く、肌に貼っても目立たない透明なテープです。

こめかみの上の髪の生え際や、もみあげ部分、耳の後ろなどに貼って使います。そのままメイクができますので、髪で上手に隠せば気付かれないように顔を引き上げることができます。

簡単に使えますが、メリットとデメリットがありますから、デメリットにも十分注意して使って下さい。

3-1.顔のたるみ引き上げテープのメリット

同窓会や久々の集まり、披露宴などのパーティーに呼ばれた時。たるみ顔を見せたくない!と思う時ってありますよね。

表情筋の衰えを回復してあげればすぐにたるみは解決しますが、大事な日まで時間がないという時のお役立ちアイテムとして、顔を引き上げるテープは活躍してくれます。

気になるたるみを瞬時に解決してくれるのが、顔のたるみ引き上げテープのメリットです。

おすすめの顔用テープをこちらで紹介していますので参考にしてください。記事ではほうれい線用としてご紹介していますが、顔のたるみにも有効です。

3-2.顔のたるみ引き上げテープのデメリット

顔のたるみを引き上げるテープは、あくまで一時的にたるみを解消してくれるアイテムです。貼っている時だけ効果がありますから、本当に若返るためには自分の土台をしっかり引き上げていく必用があります。

また、貼っているうちにテープがはがれてきて目立ってしまったり、テープの持続力が長時間もたなかったという声もありました。

最も注意しなければならない点は、使いすぎてしまうことで皮膚がのびてしまう可能性があることです。

とても薄く繊細な皮膚を無理に引き上げ続けるわけですから、貼っているポイント周辺の皮膚が伸びてしまい、余計に顔がたるんでしまうことも。

日常使いはしないで、特別な日だけピンポイントで使用することをおすすめします。どうしてもたるみを引き上げなければならない、そんなピンチの日に使いましょう。

どうしてもすぐにたるみを解決したい、という場合は美容医療という手段を選ぶ方も増えています。美容医療にもメスを使うものから使わないもの、様々な方法がありますので、ひとつひとつご紹介していきたいと思います。


4.美容医療で顔のたるみを引き上げる

クマ治療クリニックのイメージ画像

若々しさを取り戻せるなら、美容クリニックでのリフトアップも気になるところ。でもどんな施術なのか、リスクや費用はどうかな?と、不安な点はたくさんでてきますよね。

・切開するリフトアップ整形

・切らないリフトアップ整形

・レーザーや高周波でのリフトアップ

美容クリニックで顔のたるみを引き上げる方法は、大きく分けてこの3つです。それぞれにかなり違ったアプローチをしますから、効果もリスクも様々。

まずは、メスを使うリフトアップ整形からご紹介していきます。

4-1.切って顔のたるみを引き上げるフェイスリフト

メスによる顔の引き上げ手術の画像

フェイスリフトの整形手術では、皮膚の一部を切開して取り除き、縫い合わせることでたるみやしわを治療します。

~フェイスリフトの種類~

・皮膚だけをリフトアップ

皮膚だけを切り取って引き上げるため、効果はあまり大きくありません。

SMAS

皮膚と筋膜を切り取って縫合します。皮膚だけを切り取るよりも効果がでる方法です。

・リガメント法

皮膚と筋肉の間では、リガメントと呼ばれる靱帯があります。いくつものリガメントがボタンのように皮膚と筋肉をつなぎ合わせているため、上部だけ引っ張っても下の方は引き上がらないんです。

このリガメントをはずすことで、より効果的にたるみを引き上げるのがリガメント法です。

 フェイスリフトのデメリット

顔には顔面神経や三叉神経など、多くの神経が走っています。そのため、フェイスリフトでは神経を傷つけてしまうなどといった失敗例が多く報告されています。

たとえば、痛みが残ってしまったり、顔がひきつってしまったなど。傷跡が残ったというケースもあります。

フェイスリフトで顔のたるみを引き上げる方法は、とてもリスクが高いためにおすすめはできません。ダイエットなどで皮膚がとても余ってしまった場合などに、有効な手術です。

費用も100万円~200万円とかなり高額になるのもデメリットの1つです。

4-2.糸でたるみを引き上げるスレッドリフト

スレッドリフトの糸の画像

美容整形でたるみを引き上げたいけれど、メスは使いたくないという場合に選択できるのが、スレッドリフトです。

スレッドリフトでは注射器を使って、ギザギザのついた糸を皮膚に通すことで、顔のたるみを引き上げる手術法です。

費用は何本の糸を入れるかによって異なりますが、溶ける糸を使った場合は20万円~40万円くらいです。

 スレッドリフトのデメリット

 最近では溶ける糸を使って引き上げるので、糸が溶けてしまえば引き上げ効果がなくなってしまいます。持続期間は約1年間なので、ずっと効果を維持したい場合は繰り返し施術を行わなければなりません。

溶けない糸でのスレッドリフトでは、糸が出てきてしまったなどリスクも報告されています。

溶ける糸でも痛みが残ったという声もありました。始めは引きつり感も気になるようです。多少違和感があっても、たるみを引き上げたいという方向けの施術です。

4-3.皮膚にハリを出す高周波・レーザー・光治療

たるみ治療レーザー機器の画像

メスや注射器を使わず、皮膚のハリ弾力のメカニズムにアプローチしてくれるのが高周波やレーザー、光を照射する治療です。

真皮に照射することでハリ組織を活性化させて、コラーゲンを増やして肌を引き上げてくれます。

高周波・レーザー・光治療のデメリット

肌にアプローチすることでとても自然にたるみを引き上げる方法なので、すぐに効果がでるわけではありません。

1ヶ月から3ヶ月間ほどかけて、ゆっくりゆっくり皮膚が回復していきます。

あくまで皮膚だけに影響を与える治療ですから、それほど大きい効果は望めません。「たるみの症状がまだ深刻ではない」「肌も綺麗にしたい」という方に向いているでしょう。

効果の持続時間は1年くらいですから、維持したい方は繰り返し受ける必要があります。

フェイスリフト、スレッドリフト、照射系治療の詳細は、『 顔のたるみを整形でとる|費用と失敗のリスク・ダウンタイム 』を併せて参考になさってください。


5.顔を引き上げるマッサージ方法

スキンケアのイメージ画像

むくみ改善やリフトアップに効果があるということで、顔のセルフマッサージが注目されています。やったことがあるという方もいるかもしれませんね。

でもセルフマッサージって実は結構リスクが高いんです。最近では肌に強い刺激を与え、皮膚を引っ張るマッサージも流行っています。こうしたセルフマッサージは、皮膚がゆるんでたるみが進行してしまうことがあります。

皮膚がゆるんでしまうのは、結構早いですよ。回復にはとてつもなく時間がかかってしまいますから、気をつけるようにしましょう。

ご自身でマッサージをする時は、必ずクリームを使って優しく行って下さいね。この章では正しく顔を引き上げる、優しいマッサージの方法をご紹介します。

5-1.頬を引き上げるマッサージ

頬を引き上げるマッサージの手順

① マッサージクリームをつけます。

② 両手の指を揃えて手のひらを自分に向け、人差し指の先を目頭、人差し指の付け根を小鼻にあてます。ヤッホーと叫ぶ手の形です。

③人差し指から小指までの4本の指を使い、目頭の下から目尻まで流していきます。

④ ②と同じように指を揃え、今度は指先だけを使います。両方の頬に指を置きます。指を上に持ち上げながら、同時に顎を引きます。

⑤ 人差し指から小指までの4本の指を頬にあて、くるくると内側から外側にらせんを描くようにして、口角からこめかみまでマッサージしていきます。

5-2.おでこをほぐして顔全体を引き上げるマッサージ

おでこをほぐして顔全体を引き上げるマッサージの手順

① マッサージクリームをつけます。

② 両手を開いて額にあてます。髪の生え際を均等に指で押さえるようにして下さい。

③ その場で指を上下させます。指を小刻みに動かすのではなく、額に当てたまま手だけを動かして下さい。この時、手の動きに連動して目や眉付近の皮膚が上に引っ張られている感覚があれば問題ありません。

④ 眉のマッサージを行います。親指、人差し指、中指を使います。上に中指と人差し指、下に親指がくるような形で眉頭をつまみます。

⑤ 少しずつ眉頭から眉尻までをつまみながら、揉み解していきます。

⑥ 親指でグッドサインを作ります。

⑦ そのまま親指で眉頭とまぶたの間の骨のくぼみ部分を押します。

※机などの安定した場所に座って肘をつき、親指を当てた状態で頭の重みを利用するようにして押すと無理なく行えます。

絶対に指に力を入れ続けたまま動かさないで下さいね。押さえる位置を変えるごとに、頭を上げながら力を抜きましょう。そのまま指を移動させて、小刻みに押しほぐしていってください。

5-3.フェイスラインを引き上げるマッサージ方法

老廃物や脂肪、むくみの元になる水分を流すマッサージです。少し強めの力でぐぐっと引き上げるようにします。

フェイスラインを引き上げるマッサージ方法の手順

① マッサージクリームをつけます。

② 親指は離して人差し指から小指は4本揃えて手のひらを自分に向けます。

③ 親指の付け根から母子球の外側を、口角の下に当てましょう。

④ 口角を始点にして、小鼻脇まで頬を引き上げます。

⑤ 目尻に向かって頬骨の下をなぞるように、こめかみまで手を動かして下さい。

⑥ フェイスラインを引き締めます。手は②と同じ形をつくります。そのまま親指と人差し指の間のVの字になっている部分を、フェイスラインに当てて下さい。始点は顎の中央にくるようにします。

⑦ フェイスラインに沿って、耳の付け根を挟み込みます。

⑧ そのまま引き上げるように動かします。


6.エステティックサロンで顔を引き上げる

エステサロンの画像

美容クリニックでのメスや注射器を使った施術と違って、エステではとても自然な形で顔を引き上げてくれます。

 エステではハンドマッサージやリフティングトリートメントの機器を使って施術を行うのが普通。美容クリニックのような劇的な変化がでるわけではありませんが、顔のたるみを引き上げる効果は、さすがプロの集まるサロンと言えるでしょう。

通う頻度は、お店や個人によって変わってきます。1週間に1回、1ヶ月に1回など自分に合ったペースで通えるお店を選びましょうね。

施術にもよりますが、だいたい半年くらい通うと顔のたるみがしっかりと引き上がった効果を実感できます。最低でも3ヶ月は通いましょう。

セルフマッサージではやり方を間違えるとたるみが進行してしまいます。マッサージはプロのエステティシャンにまかせてみる、というのもおすすめです。

エステに興味がある方は、『 顔のたるみはエステで改善できる?効果の程度と施術の種類・費用 』を参考にしてください。


7.まとめ

たるみを作っている大きな原因は筋肉の衰え。ですから、これを改善することで、驚くほど顔のたるみは引き上げることができます。

表情筋のトレーニングは本当に簡単ですから、ぜひメソッドを続けてみて下さいね。

表情筋トレーニングの他、シーンによってはたるみを引き上げるテープやセルフマッサージを試してみるのも良いでしょう。

美容医療はお試しというわけにはいきませんが、エステはまず体験コースを利用するのも良い手段です。表情筋トレーニングのメソッドと合わせて、自分にあった引き上げ方法を選んで下さいね。

あなたの若々しい輝きを、私はいつも応援しています。

なお、顔のたるみを防止して引き上げるためには、日々使う化粧品にこだわることも大切です。顔の引き上げに有効な化粧品は、『 顔のたるみに効果的な化粧品の最新ランキングと口コミ評価 』でご紹介しておりますので参考になさってください。

10歳若返る!
全34ページの老け顔改善マニュアルをプレゼント

加齢とともに顔にさまざまな老けの兆候が出て、どうしたらよいかと悩んでいませんか? これらは美容整形さえすればすべて解決できるものではありません。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 目の下のたるみが何をやっても改善しない
  • ほうれい線が年々深くなる
  • 口の横にだぶついた肉が増えてきた
  • 顔全体がたるみ、老けてきて不安だ

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、
「たるみようがない顔のベース」を自分の顔にしっかりと作り上げるしかありません。

私自身も悩みから解放され、多数のメディアで紹介された老け顔改善メソッドを全34ページに渡って詳細に解説しています。私のbefore&after画像も公開しています。 いつまでも若々しく輝くためにぜひお役立てください。

コメントはこちらからどうぞ