ほうれい線を手術で消す!実際のほうれい線の改善効果と費用・失敗例

ほうれい線の手術の画像

ほうれい線を手術で消したいと思ったとき、気になるのはほうれい線の手術にはどんなものがあるのか?手術の費用は高いのか?失敗はないのか?ということでしょう。

そしてなにより、ほうれい線への効果!これが最も気になります。手術はやり直しが出来ないので、やってみなければ効果が分からない、というのでは不安すぎます。

ほうれい線を改善するメスによる手術は、ほうれい線の原因となっている「たるみ」の引き上げ術、フェイスリフトが広く行われています。

また近年、切る手術以外に、ほうれい線を改善する方法として、スレッド(糸)によるものが登場しました。メスを使うような切除や剥離を行いませんが(最小限の切開がある場合もあります)、術式によってはダウンタイムがあることから、この記事では手術として取り扱います。

フェイスリフト、スレッドリフトとも、手術である以上、失敗の可能性がもちろんあります。またもっとも改善したいほうれい線に対する効果はどうなのか?まさに知りたいのはここですね。

この記事はほうれい線を消す手術の効果や費用、失敗例について詳細に書いています。ほうれい線を手術で改善したい方は参考になさってください。

1.ほうれい線の手術はリスクがあるが効果も期待できる

ほうれい線を改善する方法は色々ありますが、その中でも手術によるものは体への負担も大きく、失敗してもやり直しができないので、それなりなリスクはあります。しかし、上手な医師に任せれば、ほうれい線の改善効果はそれなりに期待できます。

ほうれい線の手術で効果を出すポイントは次の2つです。
①腕の良い医師を探す
②自分のほうれい線の症状にピッタリ合う手術を選択する

特に、②の「自分のほうれい線の症状にピッタリ合う手術を選択する」については、①の「腕の良い医師を探す」さえきちんとできれば、カウンセリングでピッタリ合った手術を提案してくれるはずです。

①を間違わなければ、②の上手くいくといえるでしょう。腕の良い医師の探し方は、3章後半で詳しくお伝えします。まずは、ほうれい線を消す手術にはどんなものがあるのかみてみましょう。

2.ほうれい線を消す手術はメス・糸の2つに大別される

ほうれい線に悩む女性の画像

ほうれい線を消す手術は、大別すると2通りあります。一つはメスを使って余った皮膚の切除や脂肪・筋膜の調整を行うフェイスリフト、もう一つは顔に糸(スレッド)埋め込んで顔を引き上げるスレッドリフトです。

美容クリニックによっては、スレッドリフトは手術に分類していないところがありますが、実際にはそれ相応のダウンタイムがあり、麻酔を使いながら慎重に進めるものなので、糸も手術と同等と考えています。

メスを使う手術、糸を使うスレッドリフトとも、方法や費用、ほうれい線への効果や失敗の内容が異なります。それぞれ分かりやすくお伝えいたします。

2-1.メスによるほうれい線を消す手術

メスによるほうれい線手術の画像

ほうれい線を消すためには、口横にたまっている余分なたるみを取り除かなければなりません。外科的手術でメスを使い、耳あたりのフェイスラインから頬の中央までを剥離し、引き上げて余分な組織を切除します。

フェイスリフトは、剥離する組織の深さにより、「皮膚のみのリフト」、「SMAS(スマス)リフト」、「骨膜下リフト」の3つ術式に分けられます。

メスによる手術(フェイスリフト)の術式詳細

それでは、フェイスリフトの術式の種類、「皮膚のみのリフト」、「SMAS(スマス)リフト」、「骨膜下リフト」についてそれぞれの手術について、詳しくお伝えします。

皮膚のみのリフト

皮膚のみのリフトは、筋膜の手前、皮下脂肪を含めた皮膚のみの引き上げ手術です。剥離が少ないので、3つの術式の中ではもっとも傷の深さや腫れが少ないです。

皮膚のみのフェイスリフトの解説画像

30代前半までの軽いほうれい線の場合は皮膚のみのリフト手術でも効果が見えます。ただし、中程度のほうれい線の場合は皮膚のみのリフト手術では効果が出ません。中程度といってもどの程度か分かりにくかもしれませんので、例を画像でお見せしますね。

ほうれい線の画像

上の画像のように、頬のたるみを伴ったほうれい線の場合は、皮膚のみのフェイスリフトでは改善しません。さらに切除範囲が深くて広い、スマスリフトか骨膜下リフトが向いています。

それでは、皮膚のみのフェイスリフトが向いているのはどのくらいのほうれい線なのでしょうか?

若い人のほうれい線の画像

上の画像を見てください。30代前半までの、やせ形で脂肪が少ないタイプは皮膚のみのフェイスリフト手術でほうれい線が改善できる可能性があります。たるみがまだあまりないからです。

ただし、再発の可能性を考えたら、次のスマスまで切除するリフト手術をしておいた方が良い場合もあります。

SMAS(スマス)リフト

SMAS(スマス)リフトは、筋肉を包んでいる筋膜まで剥離して行うフェイスリフトです。顔にたるみがある場合は、顔の筋肉もたるんでいるので、皮膚のみのフェイスリフトでは、ほうれい線の改善効果は望めません。さらに深い筋膜までしっかりと引き上げる必要があります。

SMAS(スマス)リフトの概説画像

SMASリフトは皮膚だけでなく皮膚の下にあるSMASと呼ばれる組織(表在性筋膜)も一緒に引き上げることでたるみを改善する手術です。皮膚のみのリフトよりほうれい線の改善効果が高く、次の骨膜下リフトほど腫れや傷が大きくありません。ある程度の年齢のフェイスリフトはこの術式が最も多くなっています。

顔にたるみがある人でほうれい線改善の手術を検討するなら、こちらのスマスリフトが適しています。

骨膜下リフト

骨膜下リフトは頭部から内視鏡で骨膜の下を剥離し、顔面の組織を引き上げるフェイスリフトです。SMASリフトに比べ傷跡や腫れが大きくなります。手術時間が長く患者の負担が大きくなるため、通常あまり行われていません。

ほうれい線が深い場合はリガメントを切り離して再固定する

皮下には、皮膚と骨をずれないように固定している、リガメントという靭帯があります。顔にたるみが多い場合は、スマスリフトをしても、リガメントの固定が邪魔して、うまく引き上がらないことがあります。

その理由から手術時にリガメントを切り離してしっかりと引き上げた後で、新たな場所で皮膚と骨を固定する方法を取る場合があります。

老けて見えるほうれい線の画像

上の画像くらいたるみが強いほうれい線の場合は、リガメント切除と再固定の適応となる場合が多いです。

ただし、リガメントの切除をするとダウンタイムがさらに長くなるので、手術前に医師と、リガメント切除の必要性についてよく相談しましょう。フェイスリフトと同時にリガメントの処置をするかどうか、しっかりと決める必要があります。

美容クリニックによっては、リガメントの切除を行うと、通常の手術料金に別途費用がかかる場合があります。

メスによる手術の所要時間・ダウンタイム

ほうれい線手術のダウンタイムのイメージ画像

スマスリフトの場合、手術時間は通常5時間程度かかります。全身麻酔下で行うため、1日入院をします。入院施設がないクリニックは、近くの提携ホテルを紹介することもあります。翌日包帯を交換し、7日~10日で抜糸、その後約3週間目の再診で腫れや傷のチェックをします。

術後2か月、3か月目に再診、半年から1年で傷がほぼ落ち着く形になります。傷の治り方は個人差が大きいです。一般的に3か月で腫れはほぼ治まりますが、傷跡が目立たなくなるまでは1年はかかります。

メスによるほうれい線改善手術の費用

ほうれい線手術の費用のイメージ画像

フェイスリフトの費用は、剥離する深さによりますが、スマスリフトの場合は、100万円前後が一般的です。切開する範囲が狭いミニリフトは、50万円くらいですが、ほうれい線は顔の中心に近いので、ミニリフトではなく本格的なフェイスリフトが必要です。

クリニックによっては、フェイスリフトの費用が30万円や40万円の格安設定になっている場合がありますね。しかし、安いクリニックは技術的にどうでしょうか?

形成外科専門医はそれなりな知識や技術の研鑽期間が必要で、誰でも簡単になれるわけではありません。頭蓋骨や筋肉、筋膜など組織の構造も熟知し、縫合の技術が高い医師がそのような安い価格で5時間はかかる手術を受けるわけがありません。

費用が安いところはそれなりです。研修医上がりの経験が浅い医師が手術する可能性がないともいえません。またしょっちゅうキャンペーンを行っているクリニックも同様。半額キャンペーンなどの魅力的な言葉で、大切な顔を手術することはないようくれぐれもご注意ください。

同時に脂肪吸引をすると費用がアップする

脂肪吸引を同時に行うと、手術費用が30万円くらいアップします。フェイスラインからほうれい線にかけて脂肪が多い場合は、余分な脂肪を吸引すると、頬の重さがなくなりスッキリします。

ただし、顔の脂肪を取りすぎると、ふっくら感がなくなりかえって老ける場合がありますので、脂肪を取る場合はくれぐれも取り過ぎないようにしなければなりません。手術を任せるのは絶対に腕の良い医師にしましょう。

2-2.糸によるほうれい線を消す手術

スレッドリフトの手術を受ける女性の画像

糸による手術はスマスリフトといい、専用の糸(スレッド)を顔に通し、アゴから頬、こめかみにかけて糸の力でリフトアップする手術です。フェイスリフトのような大きな切開は必要ないので、仕事が長く休めない方などが選択することが多いです。

こめかみから糸を出して固定する場合は、小さい切開が必要です。こめかみで固定しない場合は、糸のひっかかりの力だけで皮下組織を引き上げます。その場合は、メスは使いませんが、手術台に寝て受けるので、この記事ではあえて手術として扱っています。

糸にはいずれ吸収されるものと、吸収されないものがあります。吸収される糸は、皮膚の中に残らないのであとあと心配がないのですが、吸収されない糸に比べるとリフトアップ効果が早くなくなります。

安全性の高い溶ける糸がおすすめ

スレッドリフト手術のイメージ画像

溶ける糸は解けない糸に比べて持続期間が短くなるのですが、とはいえ、将来の万一のことを考え、持続期間が短くても溶ける糸をおすすめします。一時期もてはやされた「金の糸」は、術後しばらくたってからからトラブルが多発しています。

金の糸が登場した当時は、どこの美容クリニックでもこぞって「顔が若返る!」と宣伝していたものです。金の糸でアレルギーが出ても、取り出すのが容易ではなく泣き寝入りを余儀なくされている人もいます。そのことを考えると、まだ新しい術式のスレッドリフトで溶けずに体内に残るのは心配です。

体内に残るものは避ける

糸のリフトアップが登場した当初は、溶けない糸を使用していました。溶けない糸の素材は、ポリプロピレンやナイロン、ゴアテックス製です。しかし最近は安全性を考えて、溶けない糸での手術が多くなっています。

溶ける糸は、吸収性PDSやポリ乳酸でできています。また糸自体は溶けないが、組織をひっかけるバイオコーンは溶ける素材でできている場合があります。安全性が高いのは、糸も組織をひっかける部品も、すべて溶ける素材でできた糸です。

糸によるリフト(スレッドリフト)の種類

糸によるほうれい線の手術には、使用する糸によりさまざまな種類があり、リフトアップの持続期間がことなります。

ハッピーリフト

スレッドリフト用の糸
ハッピーリフトに使用する糸

ハッピーリフトの糸は、上の画像のように1本の糸に「トゲ」がたくさん付いています。このトゲを皮下組織にひっかけて顔をリフトアップしてほうれい線の改善を狙います。

しかし、初期の糸は、ささくれのようにどんどん裂けていき、ひっかけ力が無くなりすぐ元に戻ってしまうことが多くありました。現在はひっかけ力が持続するよう改良を重ね、進化した糸も誕生しました。機能性の高い糸が多く開発されています。

シルエットリフト

シルエットリフトは、皮下組織をひっかける、バイオコーンという円錐状の部品が取りつけられた糸を使います。初期の糸のように、トゲが裂けてしまう心配がないので、しっかりと皮下組織を引き上げ、ほうれい線を改善します。

3Dシルエットリフト

3Dシルエットリフトは、シルエットリフトの進化版です。糸についたバイオコーンの向きが、糸の中心から向かい合うようについています。それぞれのコーンがお互い引っ張り合う形でしっかりと皮下組織を固定します。シルエットリフトよりほうれい線の改善効果が高く、持続期間も長いのが特徴です。

ショッピングスレッド

ショッピングスレッドは、髪の毛よりも細い溶ける糸が入っている針を皮膚に挿入し、短い溶ける糸を皮膚に挿入する施術です。韓国式美容鍼と呼ぶこともあります。鍼を刺した刺激と、糸が解ける際の刺激で真皮の線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンの生成を促します。

ただし、ショッピングスレッドは糸により皮膚の引き上げ力がないので、あくまで皮膚にハリを出す程度の効果しかありません。

色んな糸を組み合わせると効果が高まる

糸には色んな種類がありますが、それぞれ良い面があるので、現在は色んな糸を組み合わせて手術することが多くなっています。

双方向のバイオコーンがついた3Dシルエットリフトと、肌にハリをもたらす効果の高いショッピングスレッド両方の手術を同時に受けると、肌にハリを与えつつ顔もしっかり引き上がり、ほうれい線の上のたるみ肉を引き上げることができます。

糸による手術の所要時間・ダウンタイム

ダウンタイムのイメージ画像

糸による手術の所要時間は、約90分です。ほうれい線を引き上げるには、より多くの糸を挿入する必要があります。色んな糸を組み合わせる手術の場合は、2時間近くかかる場合がありますが、2時間を超えることはまずありません。

当日は多少腫れますので、しっかりと家で冷やします。手術から3日程度は顔のところでころが凸凹することがあります。時には内出血する場合がありますが、コンシーラーで隠れる程度です。痛みも当日の夜がピークで徐々に和らいできますが、顔を動かした時や指で触った時に、ぴくっと痛むのが3週間くらい続くこともあります。

糸(スレッド)によるほうれい線改善手術の費用

ほうれい線手術の費用のイメージ画像

スレッドリフトの費用は、糸の種類や本数によりますが、ほうれい線の改善のために、色んな種類を組み合わせた場合、ショッピングリフトの糸100本、シルエットリフトの糸左右4本ずつでだいたい60万円から80万円です。

糸が一本いくら、合計いくらと計算しているクリニックもあります。ほうれい線の改善のためには中面顔を引き上げる必要があるので、1~2本の少ない本数では、ほうれい線の改善はまず無理です。

また、全部で20万円など極端に安いクリニックは糸の質や術式に不安があります。医師の質も分からないので、安すぎるところはやめた方が無難です。

3.手術を任せる腕の良い医師の選び方

腕の良い医師を選ぶ必要があるのはご理解いただけたと思うのですが、私たちが少ない情報の中から医師の技量がどの程度なのか事前にす知るのは至難の業です。おすすめは、JSAPS「日本美容外科学会」の医師を選ぶことです。

日本美容外科学会は2つの団体があります。少しややこしい事情があるようです。お医者さん選びにはコツがあります。

腕の良い医師選びの手順は「自分にあった腕の良い美容クリニック選びの手順」に詳細に書いています。医師選びの参考になさってください。

4.ほうれい線の手術の失敗例

ほうれい線の手術に失敗した女性のイメージ画像

ほうれい線の手術の主なものには、フェイスリフトとスレッドリフトがありますが、やはり手術である以上、失敗はつきものです。絶対に安心で効果が約束された手術などありません。

美容クリニックのHPでは、手術の詳細や費用、考えられる傷跡についてまでが多く、思わぬ失敗やトラブルについて語られることはまずありません。実際にはどんな失敗があるのでしょうか?それぞれ見てみましょう。

4-1.フェイスリフトの失敗例

実は、フェイスリフトの失敗は山ほどあります。ただし、患者が失敗と思っても、医師は失敗の部類に入らない、という場合があります。どのような状態なら失敗と言えるのか難しいところだと思いますが、患者が失敗と思った事例をご紹介します。

<フェイスリフトの失敗例>
・左右の顔が非対称になった
・目が開きづらくなった
・傷がケロイド状になった
・縫合したところが感覚がなくなった、または触るとしびれるような感じがする
・耳の穴が小さくなって、イヤホンが入らない
・耳が不自然に吊り上がった(リフト耳)
・腫れが引いたら元に戻った
・ほとんどリフト効果がなかった
・ほうれい線が改善しなかった

「リフト効果がなかった」「ほうれい線が改善しなかった」に関しては、患者の手術に求める期待値にもよります。実際には前より改善しているのにかかわらず、自分の考えていた仕上がりでない場合、このような不満がでやすいです。

4-2.スレッドリフトの失敗例

次に糸によるリフトの失敗例を見ていましょう。スレッドリフトはフェイスリフトのように基本的に切開は有りませんが、皮膚の中に糸を埋め込む点でそれ相応のリスクがあります。

<スレッドリフトの失敗例>
・皮膚がところどころ凸凹している
・糸が皮膚から飛び出してきた
・左右で引き上がり度が違う
・顔を動かすと痛い
・口を大きく開けられない
・効果が2週間しか続かなかった
・ほうれい線が改善しなかった

「顔を動かすと痛い」と「口を大きく開けられない」というのは最初の2週間程度の場合もあるし、1か月以上続く場合もあります。

5.手術のほうれい線への満足度はそれほど高くない

ほうれい線が気になる女性の画像

フェイスリフトの手術やスレッドリフトともそれぞれダウンタイムがあり、腫れを伴うものです。これだけ頑張ったんだから、一番の悩みのほうれい線は解消してほしい、と願うものです。実際のところ、「ほうれい線」の改善効果はどうなのでしょうか?

実は、フェイスリフト、スレッドリフトとも、ほうれい線の改善効果はそれほど高くないというのが本当のところのようです。身体的な負担、料金の負担を考えた場合の見返りとして、悩みの程度がどれくらい軽くなったかをみると、満足度がそれほどでもないようなのです。

5-1.顔の中心部まで引き上げが及ばない→ほうれい線の改善効果が少ない

ほうれい線は顔の中心部にあります。フェイスリフトは、耳周りを中心に髪の毛の生え際を切開して剥離するので、切開したラインに近いところが一番引き上げが強いことになります。

一方、ほうれい線は顔の中央部に近い場所。実際は剥離した部分から2センチ程度しか引き上がらないため、ほうれい線まで引き上げるのが難しいのが実情です。

スレッドリフトも同様、糸の力で引き上げるので、フェイスラインはスッキリしますが、ほうれい線の改善をするほど糸の引き上げ力は強くありません。また、ある程度の効果があっても、すぐに戻ってしまいます。

5-1.過剰な期待をせず別の方法を検討する

メスによる手術のフェイスリフトもスレッドリフトも、ほうれい線の改善に期待しすぎると、ガッカリすることになるかもしれません。

ただし、フェイスラインが引き上がることに寄り、顔全体が若返るのは事実です。多少ほうれい線は残っても、若返った印象にはなるので、それで良しとするか、というところだと思います。

6.手術以外でほうれい線を解消する方法

フェイスリフトもスレッドリフトも、ほうれい線へはイマイチの効果だとすると、他にもっと良い方法はないのでしょうか?

ほうれい線の改善に期待できるのは、ヒアルロン酸注入や、照射系治療があります。そして、なにより顔の土台から引き上がるのは、やはり顔の運動、表情筋エクササイズですね。それぞれご説明いたします。

6-1.ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入法とは、ほうれい線や目の下、ゴルゴ線、こめかみなど、窪んで老け感がある部分に直接ヒアルロン酸を注入して、シワや窪みを改善する方法です。

ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とによって構成された高分子の物質で、人間の皮膚や関節、臓器などに存在している成分です。

注射器で気になる凹み部分に注射してほうれい線を改善します。顔のたるみは解消しませんが、凹みを埋めるので、注射した直後にほうれい線の影が薄くなります。

ヒアルロン酸注入について詳しく知りたい方は、「 ほうれい線へヒアルロン酸注射の効果と失敗しないための対策 」を参考にしてください。

6-2.照射系治療

照射系の治療は、光やレーザー、高周波を当てて、顔をリフトアップするものです。代表的なものに、光治療のタイタンや高周波を使ったサーマクールがあります。

治療機器の種類には、RF(ラジオ波=高周波エネルギー)、レーザー、I.P.L(光治療)、などがあり、それぞれ効果の出方が違います。

照射の機械もどんどん新しいものが開発されており、真皮の深い部分から脂肪層まで達するもの、筋膜(SMAS)なで達するものがあります。ほうれい線には、できるだけ深い部分まで到達するものを選んだ方が効果が高いです。

真皮まで届くタイプは、熱でコラーゲンがいったん壊され、再生するときに肌にピンとしたハリをもたらします。ハリが出ることでほうれい線の改善を図ります。しかし、効果の持続期間は3週間から3か月程度です。

なお、照射系の治療マシーンは沢山あり、自分にはどれが良いのか迷ってしまいますね。『 ほうれい線に効くレーザー治療はどれ?効果順ランキング 』で効果的な照射系治療の解説をしていますので、検討されている方は参考になさってください。

6-3.表情筋トレーニング

表情筋の画像

メスで切ったり、糸を埋め込んだりせず、もっとも安全でほうれい線の原因にあった方法は、表情筋トレーニングです。表情筋がたるんでほうれい線が出来ているので、筋肉を引き上げるには鍛えるしかありません。

人工的な方法ではなく、自分が生まれながらに持っている表情筋を鍛えるだけですので、ダウンタイムも失敗もありません。

ほうれい線の改善に良い表情筋トレーニング(表情筋エクササイズ)のやり方は、「 ほうれい線を消す表情筋エクササイズの効果的な方法 」の記事を参考になさってください。

7.まとめ

ほうれい線を手術で改善する方法をまとめました。手術である以上やはりリスクがあります。ほうれい線への効果についても、体に負担があるわりに、それほどでもない場合が多く、実際はフェイスリフトをしたあとにヒアルロン酸注射が必要になる場合があります。

フェイスリフトやスレッドリフト単体では、ほうれい線の改善効果が今一つだからです。あとあとのメンテナンスも不安な場合は、手術を見送った方がよいかもしれません。

その他のヒアルロン酸注入や、照射系、表情筋トレーニングで様子をみながら、いよいよほうれい線だけでなく顔全体がたるんで来た!というときに手術を考えても良いと思います。

この記事がほうれい線の手術に迷っている方の参考になれば幸いです。

コメントはこちらからどうぞ