毛穴の悩みを改善したい!危険なスキンケアと正しいスキンケアの違い

毛穴のスキンケアをしている女性の画像

毛穴の悩みは解決しにくいって思っていませんか?美肌の条件はキメの整ったお肌です。

だからこそ、ぽつぽつと目立ってしまう毛穴は早くなんとかしたいもの。それなのにスキンケアを頑張っても毛穴トラブルがなくならない!

そんな風に悩む女性が増えています。問題は、その毛穴のスキンケアにあるかもしれません。

年齢肌を抱えた大人の女性には、安易な毛穴のスキンケアは絶対にNG!30代を越えたら、毛穴に無理は禁物ですよ。毛穴が目立たないお肌を作るためには、正しいスキンケアを心がけましょう。

今回は大人な皆さんの悩み深い毛穴トラブルを解決するために、大切な毛穴のお話しをしていきます。これを読んで、毛穴の悩みを解消してくださいね。


1.毛穴トラブルは正しいスキンケアで改善できる

毛穴のスキンケアに悩む女性の画像

毛穴トラブルに悩んでいるなら、もしかしたらこれまでに色々な毛穴ケアを試されているかもしれませんね。

角栓除去やひきしめ化粧水。一生懸命試しても毛穴の悩みがなくならないのは、お肌を思いやったスキンケアができていなかったからかもしれません。

毛穴の悩みを解消するためによく行われるスキンケアは、残念ながら現状を悪化させてしまうものがほとんどです。

スキンケアをすればするほど、毛穴が目立ってくる。そんな経験をした女性も多いもの。でも毛穴の悩みは解消できないわけでは決してありません!

まずは自分の毛穴の状態をよく観察して、毛穴をこれ以上いじめずに正しくスキンケアをしていきましょう。正しいケアをすれば毛穴の悩みは解消します。

1-1.その毛穴トラブルは、どのタイプ?

毛穴の悩みと言っても、いくつかのタイプがあります。あなたの毛穴はどのタイプのトラブルを抱えていますか?鏡をよく見ながら、チェックしてみましょう。

黒っぽいブツブツのある「いちご毛穴」

いちご毛穴の画像

いちごのようにブツブツとしてしまういちご毛穴。毛穴につまった角栓が黒ずんでしまうことで、毛穴が目立ってしまうようになります。

毛穴のつまりがまだ黒くなっていないという状態は、いちご毛穴の一歩手前。白いふさふさとした角栓に包まれてしまうのも、なかなかスキンケアで解決しない深い悩みになります。

ボコボコ穴が開いたような「みかん毛穴」

毛穴が開いた状態になると、みかんの皮に開いた穴のようなボコボコ肌になってしまいます。これは肌の奥、真皮まで傷んだ状態。とてもキメが粗く、老けて見えます。

長くたるんだ「レーズン毛穴」

たるみ毛穴の画像

みかん毛穴が進行すると、毛穴が長くのびてしまったレーズン毛穴に。よく見ると、毛穴と毛穴がつながっているなんてことも。肌の老化が進んでいるたるみ肌の証拠でもあります。

可愛らしいフルーツに例えてみましたが、どの悩みも肌の状態としては見た目がよくありませんよね。あなたの毛穴はどんな状態でしたか?いちご、みかん、レーズンの混合タイプの方もいるでしょう。

まずは自分の毛穴の状態をよく知ってから、スキンケアをしていくことが大切です。

1-2.年齢を重ねるほど毛穴は目立ってくる

初めは少しだった毛穴の目立ち。だんだんと毛穴が増えていくような気がしませんか?実は年齢を重ねるごとに、トラブルを起こしている毛穴の数は増えていくというデータがあります。

ターンオーバーの遅れや、真皮の衰えが毛穴を目立たせてしまうからです。毛穴目立ちは老化のひとつでもあるんですね。

しかし反対に、スキンケアで毛穴トラブルが改善してキメ細かい肌になれば、その分若く見えるということでもあります。

1-3.本当の毛穴ケアは肌ダメージをなくすこと

一般的な毛穴ケアで悩みが解消しないのは、そうしたスキンケアが余計に毛穴トラブルを深刻化させているからです。毛穴の悩みを解決したくて、肌に負担をかけていませんか?

肌へのダメージが強くなれば強くなるほど、毛穴はいっそう目立つようになっていきます。本当に毛穴の悩みを解決したいなら、大切なのはそうしたダメージを出来る限りなくすこと。

肌へのダメージがなくなると、お肌は正常化してターンオーバー機能が回復し、自然に毛穴が目立たなくなっていきます。

ダメージを与えないスキンケアを試してみて下さい。お肌のキメがぐんぐん変わってくるのが、わかるはずです。


2.毛穴トラブルが起こる原因

肌の美しさを奪ってしまう毛穴のトラブルは、どうして起こってしまうのでしょうか。それぞれの毛穴の悩み別に、その原因を見ていきましょう。

2-1.毛穴がつまる「いちご毛穴」の原因

いちご毛穴の画像

いちご毛穴は顔を不潔な印象にもしてしまう、とってもイヤな毛穴トラブルです。でも悩んでいる皆さんは、不潔にしているという人はあまりいませんよね。

清潔にしてきちんとスキンケアもしているのに、どうしてブツブツと毛穴がつまってしまうのでしょうか。

毛穴には皮脂腺があり、いつも皮脂を分泌しています。この皮脂ですが美肌にはとても重要。天然のクリームとも言われている肌のバリア機能でもあるんです。

しかし皮脂の分泌が過剰になってしまうと、毛穴トラブルのもとにもなってしまいます。

毛穴のたるみの原因の解説画像

毛穴の中では「古くなった角質」と、「代謝物」、「ほこりやメイクなどの汚れ」、そして「余分な皮脂」が混ざり合ってつまりを起こします。さらにこれが酸化すると、メラニンなどの影響で黒ずんだ毛穴ができあがってしまうのです。

こうして毛穴につまっているのは、皆さんもご存知の「角栓」ですね。

ざらざらした毛穴の画像

実はこの角栓、美肌の人にも、誰にでもあるもの。本来肌を守ってくれている必要なものなんです。でもターンオーバーが遅れていたり代謝が悪かったりすると、うまく肌から排出できずに膨れあがってしまうことに。

こうして毛穴が目立つようになってしまったのが、いちご毛穴です。

・皮脂が過剰に出ている

・ターンオーバーが遅れている

こうした原因でいちご毛穴が出来上がるというわけです。ひとつひとつ解説していきましょう。

皮脂が過剰と言うと油っぽいお肌を想像しがちですが、実は乾燥肌こそが過剰な皮脂の原因です。

●肌の乾燥

●糖分、油分、アルコールが過剰な食事

これが皮脂が過剰になる2大原因ですから、気をつけておきましょう。

ターンオーバーの遅れは、加齢と肌へのダメージが原因。毛穴をなんとかしようと、刺激の多いスキンケアをしていると余計にターンオーバーが遅れて毛穴がつまってしまいます。

2-2.毛穴が広がる「みかん毛穴」の原因

毛穴の周りが落ちくぼんで、ボコボコと広がって見えるみかん毛穴。これは毛穴の周りの皮膚が衰えてしまったために起こります。

皮膚のハリは、表皮の下にある真皮という場所で作られています。ここにはコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力繊維の工場があって、常に肌のハリが製造されています。

ところが年齢を重ねたお肌や栄養不足のお肌は、弾力繊維がうまく作られません。さらに真皮まで届く紫外線A波が、せっかく作られたコラーゲンやエラスチンを引きちぎってしまいます。

こうしてお肌の弾力繊維が足りなくなると、毛穴周りにもハリがなくなって凹みが生まれ、毛穴が広がったように見えてしまうのです。

たるみ毛穴の解説画像

弾力繊維を壊す紫外線A波は、雲や窓ガラス、お肌の表皮をつきやぶって真皮まで届きます。曇りの日や室内でも、私たちは日々紫外線A波を浴び続けているのです。

紫外線ダメージからお肌を守るスキンケアは、曇りの日でも欠かせません。

2-3.毛穴がたるんでいる「レーズン毛穴」の原因

たるみ毛穴の画像

毛穴の開きがひどくなると、今度は毛穴にたるみができて縦長に伸びてきます。ひどい場合は、上の毛穴と下の毛穴がつながってしまうことも。

この時お肌はとてもキメが乱れていて、老けたようにも見えてしまいます。

毛穴のたるみは、肌のハリ不足が進行した状態。そしてさらに顔にたるみができると、毛穴も一緒に伸びて毛穴たるみが進行します

たるみ毛穴の解説画像

こうした毛穴たるみは、ほうれい線の近くの鼻の横の頬から始まることが多いです。

2-4.共通する毛穴トラブルの原因は、肌ダメージと乾燥

いちご毛穴、みかん毛穴、レーズン毛穴。どの毛穴トラブルも、肌へのダメージの積み重ねと乾燥が引き起こします。

毎日のスキンケアによってダメージを受けたお肌や、それによって乾燥したお肌は、ターンオーバーが遅れ、真皮まで衰えていくことになってしまいます。


3.毛穴の悩みを改善するスキンケア法

毛穴トラブルのスキンケア方法イメージ画像

トラブルを起こしている毛穴を立て直すために大切なのは、肌へできるだけ刺激を与えないスキンケアです。

お肌には常に、回復力が働いています。刺激を与えない正しいスキンケアこそが肌が本来持っている回復力を引き出すことになります。

毛穴のトラブルの大半は強引なスキンケアが原因になっていることが大半です。

肌の自然治癒力を高めていけば、毛穴の目立たない美しい肌に生まれ変われます。しかし、完全に改善するためには、人によっては40日~1年かかるでしょう。

それでも、肌に刺激を与えなければ毛穴トラブルを知らないキメ細かな肌質にすることができるのです。

肌に刺激を与えないスキンケアといわれても、ピンと来ないかもしれませんね。次に具体的な方法をお伝えいたします。

3-1.温冷効果を使った毛穴スキンケア

温めたタオルと冷やしたコットンで、毛穴に負担を与えることなく整えるスキンケア法です。

毛穴の中に詰まった汚れを自然に排出し、その後開いた毛穴を冷たいコットンで引き締めます。

温冷毛穴スキンケアの方法
温冷毛穴スキンケアの方法

① 濡らして絞ったタオルを加熱します。(500Wの電子レンジなら約1分)

② 熱すぎないように気をつけて、顔の上に乗せます。

ホットタオルの画像

③ タオルがさめる前に、毛穴は開きます。毛穴が開いた頃にタオルをはずしましょう。

④ メイクをしている場合は優しいクレンジングミルクでさっとメイク汚れを落とします。

⑤ 洗顔料をよく泡立てて、こすらずに泡で洗顔します。

洗顔をする女性の画像

※洗顔料には洗浄力の強すぎないもの、合成界面活性剤を使っていないものを選んで下さい。普通の無添加固形石けんはボディー用なので、洗顔には洗浄力が強すぎる場合があります。

30度以下のぬるま湯で、よくすすぎます。

⑦冷やした化粧水や精製水をひたしたコットンを肌に置いて3分間パックします。

コットンパックの画像

※パックをしすぎると水分が蒸発してしまうので気をつけましょう。

終わった後鏡を見ると毛穴が引き締まっているのがわかります。冷やすことでの引き締め効果は一時的ですが、毛穴にはこうして引き締める練習が必用です。

⑧合成界面活性剤を使っていないスキンケアアイテムで、保湿をします。年齢肌には仕上げにヒト型セラミド配合のクリームを使いましょう。

 このスキンケアを、夜の洗顔時に11回行って下さい。

温冷毛穴スキンケアでは、洗顔料の選び方がとても重要になってきます。肌バリアを守りながら洗えるselif(セリフ)のリラックスソープがおすすめです。

 セリフ リラックスソープ
セリフ リラックスソープ

3-2.ホホバオイルを使った毛穴スキンケア

毛穴の汚れを落としたい時、強引に落とす方法は逆効果です。優しく毛穴の汚れを落としたい場合はホホバオイルを試して下さい。

ホホバオイルは植物ホホバの種子から採れるオイルです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、皮膚刺激が少ないので、クレンジングやマッサージなどのスキンケアによく使われています。肌質を問わないので、毛穴のケアにも最適です。

ホホバオイルを使った毛穴ケアの方法

ホホバオイルの画像

① クレンジング後、精製したホホバオイル(ケミカル成分をまぜない物)を肌に乗せます。

② そのまま5分間パックしておきましょう。
※刺激を避けるためにマッサージは行いません。

③ よく泡立てた洗顔料(ケミカル成分をまぜない物)で、こすらずに洗い流します。

③  スキンケア用品で保湿をします。

これを1ヶ月間毎日、夜の洗顔時に行います。その後は1週間に1度行うようにしましょう

3-3.毛穴スキンケアに丁寧な保湿は必須!

毛穴のトラブルを改善するためには、肌に優しい成分のスキンケア用品で丁寧に保湿をしていくことが大切です。

毛穴周りには適量の化粧水、美容液で丁寧に保湿をしていきます。1度で終わらせず、2~3回に分けて浸透させると、肌はたっぷりとうるおいますよ。

肌バリアが弱まった年齢肌、開き毛穴、たるみ毛穴には最後にヒト型セラミド(セラミドNPなど)を配合したクリームを重ねて、肌バリアを補って下さい。

毛穴周りにダメージを与えないスキンケアのためにとても重要なのは、合成界面活性剤や合成ポリマーなどのケミカルな成分を使わないこと。

「無添加」という言葉も商品の宣伝のためだけに使われているものがとても多いので、スキンケア用品の成分をしっかりとチェックして使うようにして下さいね。

selif(セリフ)の基礎セットなら、肌バリアを壊してしまう成分を使うことなく、毛穴をケアしながらお肌を保湿してくれます。

ヒト型セラミドだけではなく、センチペダンクンニンガミーエキスなどの成分が、お肌を優しく守るのでおすすめです。

一般的に行われているスキンケアや毛穴ケアには、毛穴トラブルの大きな落とし穴がたくさん潜んでいます。どんなスキンケアが正しく、どんなスキンケアが毛穴を目立たせてしまうのか、まずはよく知っていきましょう。


4.危険な毛穴スキンケアとは?

危険な毛穴スキンケアのイメージ画像

とても人気の角栓をはがすシートパックが、毛穴トラブルを悪化させてしまうことは良く知られていますね。それ以外にも、多くの毛穴スキンケアが毛穴トラブルを悪化させます。

これが、どんなに頑張ってスキンケアをしても毛穴の悩みが消えない理由です。一体どんなスキンケアが毛穴の悩みを悪化させてしまうのでしょうか。

4-1.毛穴パック

鼻のパックをする女性の画像

毛穴パックのやりすぎはダメ!と聞いたことがあるかもしれません。でもにゅるっと角栓が大量にとれる毛穴パック。やめられない人も多いですよね。

毛穴パックの広告で、いちごの表面にパックを用いた動画を見たことがあります。いちごにパックの粘着面を貼ってはがすと、いちごの粒々が驚くほどたくさん取れました。

そして同時に艶々としていたいちごの表面もはがれて、グロテスクなまでに内側の赤い果肉が露出していました。まさにこれは、毛穴パックの効果をよく表した広告動画ですよね。

人間のお肌も、いちごの表面と同じようにとても繊細です。粘着力のとっても弱いセロハンテープでも50回、貼ってはがすのを繰り返すと、人間の表皮の角質層はすっかりはがれ落ちて、肌内部の液体がにじみ始めます。

強力な毛穴パックの粘着力は、角栓だけではなく肌表面のバリア機能や皮膚そのものを根こそぎはがしてしまうでしょう。

傷ついた皮膚を守るために、すぐにでも新しい角栓はつまり、毛穴はハリを失ってボロボロに広がっていきます。

4-2.ピーリング

毛穴が気になってくると、スキンケアにピーリングを取り入れたくなります。これも肌表面をはがしたり溶かしたりする行為ですよね。

お肌の表面には何があるかと言いますと、私たちの肌の奥深くまで守ってくれるバリア機能です。ピーリングを繰り返しているとバリア機能がどんどん弱まり、毛穴トラブルは悪化していきます。

4-3.スクラブ洗顔

毛穴のつまりが気になると、スキンケアでごっそりと掻き出したくなるでしょう。毛穴スキンケアにもよく使われるスクラブ洗顔もやはり、肌を傷めつけます。肌ダメージは毛穴トラブルの原因ですから、スクラブ洗顔は危険です。

4-4.泥洗顔、泥パック

毛穴のクレンジングと言えば、泥。泥の成分はとても吸着力が強いので、毛穴の奥の皮脂まで吸い取ろうとしてくれます。

しかし皮脂はお肌にとって天然のクリーム。泥を使えばバリア機能の一部でもある皮脂を失うことになりますから、毛穴トラブルは必然的に悪化していきます。


5.注意しておきたい毛穴スキンケア

毛穴の汚れにはとても効果的でも、やりすぎることで逆効果になってしまうスキンケアもあります。

5-1.酵素洗顔

毛穴の汚れを手っ取り早く落としてくれるのが酵素の力。パウダーなどの酵素洗顔が角栓などをごっそり溶かしてくれると、この頃とても人気を集めていますね。

酵素洗顔は確かに、角栓の不要部分などを綺麗に落としてくれます。ですが溶かすのは角栓だけではありません。肌のバリア機能も同時に溶かしてしまいますから、やりすぎは完全に逆効果。多くても月に2、3回にとどめておきましょう。

5-2.炭酸洗顔

炭酸水で洗顔をすると、毛穴を開いて毛穴の奥の汚れまで落としてくれます。また、炭酸が血流を良くするため、お肌の代謝がアップするとも言われています。

しかし炭酸もお肌への刺激になります。毛穴トラブルの原因は肌への刺激ですから、炭酸洗顔もやりすぎると毛穴の悩みを悪化させることになりかねません。

多くても週に1回程度にとどめましょう。敏感肌や乾燥肌、年齢肌の人は肌が赤くなったりすることもありますので、そういう方はひかえるようにして下さい。


6.ターンオーバーを整えることが毛穴トラブルを防ぐコツ

毛穴スキンケアをする女性の画像

毛穴につまった角栓には、お肌から排出しきれなかった古い角質が混ざっています。通常、私たちのお肌は古くなった皮膚をはがして排出する、ターンオーバーという機能によって次々に新しく生まれ変わっているはず。

ですが、ターンオーバーは加齢などの原因によってどんどん遅れてしまうのです。ターンオーバーがうまくいかないと、毛穴にはどのように影響するのでしょうか。

古い角質がつまって蓄積してしまうだけではありません。肌が新しく生まれ変わることがなかなかできませんから、肌の弾力も衰えていきます。

つまり、ターンオーバーの遅れは「いちご毛穴」「みかん毛穴」「レーズン毛穴」、どの毛穴トラブルにもつながってしまうわけです。ターンオーバーは早すぎてもダメですから、正常に肌のサイクルが巡るように整えておきましょう。

6-1.ターンオーバーの整え方

それでは、どのようにしたらターンオーバーを整えることができるのでしょうか。やらなければいけないことが、いくつかありますから見ていきましょう。

・肌への刺激を減らしてバリア機能を育てる

・質の良い睡眠をとる

・ビタミンA、ビタミンC、タンパク質、亜鉛をバランス良くとる

・保湿をする

・できるだけストレスをためない

こうして見てみると、本来の健康的な生活が、お肌を整えてくれるということがよくわかると思います。普通のことなのに現代人にはなかなか難しいようですね。

まずはお肌に優しい生活を、頑張ってみて下さい。


7.たるみ毛穴に効果的なトレーニング

真皮の弾力を失って、顔のたるみと共にのびきってしまうたるみ毛穴。みかんを入れたネットのように、お肌がのびてしまっている状態です。

毛穴の悩みもここまで進行してしまうと、正常な毛穴を取り戻すまでに少し時間がかかってしまいます。

そこで、顔の表情筋をきたえて皮膚を持ち上げることでたるみ毛穴を解消していく方法を提案します。

表情筋のトレーニングをしていると顔の血流が良くなりますから、毛穴トラブルも予防してくれますよ。

7-1.たるみ毛穴を撃退する表情筋トレーニング

 それでは、お顔を持ち上げるトレーニングを実践していきましょう。とても簡単ですから、テレビを見ている時、お風呂に入っている時など、毎日の生活に取り入れて習慣化してみて下さい。

 ①思いっきり笑顔を作って頬に意識を集中して下さい。

②笑顔のまま「な~」と口角を上げて発音します。口角がしっかりと上を向いていますか?

③思いっきりの笑顔を保ったまま、「の~」と発音します。

④続いて、笑顔を作ったまま「い~う~え~お~」と順番に発音していって下さい

⑤①~④の「な~の~い~う~え~お~」の発音を2分間繰り返します。

○重要なポイント○

・ほっぺたが目の下にくっつくイメージで思いっきりの笑顔を作ること

・な~の~い~う~え~お~全ての発音で口角をしっかり上げること

声を出すのはちょっと、という方は、声を出さなくてもOKです。毎日1回、このトレーニングをまずは2週間続けてみて下さい。

続ければ続けるほど、頬にハリが出て、たるみ毛穴が目立たなくなってきますよ。


8.まとめ

毛穴トラブルの原因は、肌のいじめすぎ。私たちは知らず知らずのうちに、肌を傷つけていたのです。毛穴が目立って来たら、お肌を傷めていたんだなと気づいてください。

優しいスキンケアができるようになれば、自然に毛穴も整っていきます。

くれぐれも、強引な毛穴ケアをしないで下さいね。毛穴をなんとかしようとする程、抜け出せなくなる負のスパイラルからはもう脱出していい頃です。

お肌への思いやりのこもったスキンケアで、どうかキメ細かな美肌を取り戻して下さい。

なお、毛穴のトラブルでも特に「斜め毛穴」や「たるみ毛穴」に悩む方は、『 毛穴のたるみの改善・引き締め法!原因とツルツルになる3つのケア 』を参考になさってください。

10歳若返る!
全34ページの老け顔改善マニュアルをプレゼント

加齢とともに顔にさまざまな老けの兆候が出て、どうしたらよいかと悩んでいませんか? これらは美容整形さえすればすべて解決できるものではありません。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 目の下のたるみが何をやっても改善しない
  • ほうれい線が年々深くなる
  • 口の横にだぶついた肉が増えてきた
  • 顔全体がたるみ、老けてきて不安だ

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、
「たるみようがない顔のベース」を自分の顔にしっかりと作り上げるしかありません。

私自身も悩みから解放され、多数のメディアで紹介された老け顔改善メソッドを全34ページに渡って詳細に解説しています。私のbefore&after画像も公開しています。 いつまでも若々しく輝くためにぜひお役立てください。

コメントはこちらからどうぞ