乾燥肌の最強スキンケア方法!今すぐ本気で潤い肌に変えるメソッド

乾燥肌のスキンケア方法イメージ画像

「スキンケアをしているのに乾燥肌になってしまう」そんな悩みありませんか?

40代~50代にかけて、肌には水分を保つのが難しくなってしまいます。30代までのスキンケア方法では、大人の乾燥肌には太刀打ちできません。

たっぷり保湿しても乾燥肌に悩む、そんな女性たちのお肌を変えることができたら、私はとても嬉しいです。

大人の女性たちに自信を与えてくれたスキンケア方法を、今日はゆっくりとご紹介していきます。艶肌を目指して、ぜひ実践してみて下さいね。


1.大人の乾燥肌は正しいスキンケア方法で改善する!

乾燥肌のスキンケアに悩む女性の画像

年齢肌の初めにはまず、「お肌の乾燥」を感じたという女性が多いです。カサカサに乾いてしまった大人の乾燥肌は、やがてしわやたるみ、くすみといった老化を引き起こしますから、ちょっとあなどれないですよね。

でも年齢よりも、お肌が若々しいという女性を見たことがありませんか?大人のお肌だからといって、キレイを諦める必要は全くありません。正しいお肌の知識とスキンケア方法があれば、乾燥肌もふっくらとした潤いを取り戻すでしょう。

それでは、乾燥肌にもっとも良いスキンケア方法の前に、まずはあなたのお肌のことを知っていきましょう。

1-1.保湿をしても乾燥肌が治らないのはどうして?

たっぷりと保湿をしても乾燥する。それは今までのスキンケア方法でいくら保湿をしても、肌のすき間から水分が蒸発してしまうからです。せっかくの保湿、とってももったいないですよね。どうして水分が蒸発して乾燥肌が作られてしまうのでしょうか。

肌には美肌を守るための大切なバリア機能があることを、ご存知でしょうか。このバリア機能がしっかりと働いているお肌には、潤いのベールが張られていて、水分が蒸発しにくくなっています。

乾燥して水分が足りなくなれば、肌はトラブルや老化を起こしてしまうからです。

ここで重要なのはお肌のバリア機能でもある、3つの潤いです。

肌のバリア機能の画像

・セラミドなどの細胞間脂質

・NMF(天然保湿因子)

・皮脂膜

水分の蒸発を防ぐこれらの肌バリア成分。実はどれも、大人になると減ってしまうものです。

その理由は主に2つ。合成界面活性剤などによる「肌へのダメージ」、そして「加齢」によって弱まっていくことが原因です。

1-2.バリアを取り戻すスキンケア方法で乾燥肌は劇的に改善する

乾燥肌を潤すためには、お肌の中に水分を保てる状態にしなければいけませんよね。つまり水分蒸発から守る肌バリアのベールを取り戻せば、それはもう乾燥肌ではないのです。

今、あなたのお肌は水分を保てなくなっていませんか?その原因には今までの間違ったスキンケア方法がとっても深く関係しています。

実は、普段使っている化粧品に配合されている「合成界面活性剤」が、深刻な乾燥肌を引き起こす大きな原因です。その理由は、こちらの記事に詳しく書いています。

もちろん肌の乾燥は老化に直結しますから、できるだけスピーディーに対策をたてるべきです。肌バリアを育てるスキンケア方法で、乾燥肌を抜け出して下さいね。

それではここから、乾燥肌を整えるためのスキンケア方法を具体的に解説してまいります!


2.本気で乾燥肌を改善するスキンケア方法

肌が潤いで満たされている女性の画像

美肌を育むことができるのは、内側にも表面にも十分に潤いが足りているお肌です。乾燥肌はカサカサになるだけではなく、理想のお肌から遠ざかる要因に。

乾燥肌さんが潤うためのスキンケア方法をご紹介します。いつものスキンケアと、ちょっと違う点があるかもしれませんね。昨日と違うお肌のために、テクニックをぜひ、取り入れてみて下さい。

2-1.肌バリアを壊さないスキンケアが基本!

乾燥肌のスキンケア方法で一番大切なことは、「肌バリアを壊すスキンケアをやめる」。この一言につきます。私たちのお肌には、どんな保湿よりも強力な肌バリアがそなわっているのですから。

正直、肌バリアが完璧に整っていればスキンケアなんて必要なくなるでしょう。だからこそ、肌バリアを壊してきた今までのスキンケアをやめることが、一番のスキンケア方法になるのです。

基本は、合成界面活性剤を肌に塗らない、すなわち合成界面活性剤が配合されている化粧品を使わないこと。これを私は「ケミカル断ち」と呼んでいます。ケミカルな成分は肌の保水力をどんどん奪うということを忘れずにスキンケアを実践して下さい。

これから、どうすれば乾燥肌が改善できるのか?合成界面活性剤が配合されていない化粧品をどのように使うのか、具体的に解説してまいります。合成界面活性剤不使用の化粧品もご紹介していきます。

2-2.スキンケア手順①化粧水は数回にわけて使う

洗顔をしたら、まず最初に化粧水を使うという方が一番多いですよね。まず水分をなじませて肌を柔らかくする。これは正しいスキンケア方法です。でもあなたがもし乾燥肌なら、ここでちょっと、ひと工夫してみて下さい。

※乾燥肌を改善する洗顔法については、あとでご紹介します。

まずは合成界面活性剤が配合されていない化粧水を準備します。今はまだ持っていない場合は、とりあえず今お使いの化粧水で大丈夫です。

無添加にこだわったお勧め化粧品ブランドはこちら

使うのはできるだけ保湿力の高い化粧水の方が良いです。化粧水を手のひらにとって下さい。いつもより少ない量で大丈夫です。普通の化粧水なら、10円玉大の量で十分でしょう。

これを手のひらで温めてから、肌に密着させるように優しくプレスしていきます。

10円玉大の化粧水を温める → 肌にプレスする

乾燥肌スキンケアのおすすめのイメージ画像

これを23回繰り返して下さい。

実は乾燥した肌には、化粧水はなかなかなじみません。小分けにしてなじませることで、最初の化粧水がブースターの役割をこなして、保湿効果を高めてくれます。

美容カウンターへ行くと、コットンを使ってパッティングするように習うことがあります。実は丁寧に見えるあのスキンケア方法も、それほど重要ではありません。かえって肌への刺激になってしまうので、手のひらで優しく包むようにして化粧水をなじませて下さい。


セリフ エッセンスチャージローション

肌バリアを傷めることなく保湿してくれる、selif(セリフ)の「エッセンスチャージローション」は、ケミカル成分不使用の化粧水です。こうした化粧品はなかなか見つかりませんが、ノンケミカルで、かつ潤い力の高い化粧水を使うことをオススメします。

2-3.スキンケア手順②保湿美容液を選べば理想の肌が叶う

化粧水のあとは、クリームの前に美容液をはさむのが乾燥肌脱出のコツ。十分な潤いは理想のお肌をもたらします。乾燥肌だけではなく、様々なお肌の悩みから解放されたい方は、化粧水のあと保湿美容液を使うのが美肌への近道です。

化粧水だけでは逃げがちな水分を、しっかりと角質層の中に長くとどめてくれます。

手のひらに1プッシュから2プッシュとり(量は肌状態により調整)肌全体に優しく馴染ませていきます。このとき乾燥する部分から付けるのがポイント。ほとんどの方が、頬から目の周りがもっとも乾燥すると思います。その後おでこや鼻筋のTゾーンに薄くのばします。

セリフ パーフェクトモイスチャライジングセラムは、合成界面活性剤や合成ポリマー不使用のお肌に優しい潤いを与えるおすすめ美容液です。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、センチペダンクンニンガミーエキスなどの潤い成分が乾燥肌をを本気でサポート。ダメージ成分が入っていないので、ケミカル断ちでのスキンケアにも役立ちます。

2-4.スキンケア手順③クリームにはセラミドを使う

美容液の後にはクリームでそっと、潤いのフタをしてあげることで、肌水分が逃げてしまうのを防ぐことができます。乾燥肌のスキンケア方法としては、乳液よりも「クリーム」がより効果的です。

合成界面活性剤不使用のクリームを、スパチュラでパール粒大とり、顔の5点に置きます。5点とは、両頬、額、鼻、あご。頬につける量は若干多めがコツ。顔の外側に向かって優しく馴染ませます。目の周りの乾燥が強い場合は、さらに少量取ってなじませてください。

蓋の役目のクリームは、肌バリアの主成分でもあるヒト型セラミド配合のものがオススメです。


セリフ プレミアムエナジークリーム

「プレミアムエナジークリーム」は合成界面活性剤などのケミカル成分が配合されておらず、安心して使える無添加クリームです。さらにヒト型セラミド(セラミドNP)など保湿成分が豊富に含まれているので、乾燥肌におすすめです。

2-5.スキンケア手順④オイルはスキンケアの仕上げに

現在、乾燥肌の人には、潤い感をもたらしてくれるオイルがとても人気です。中にはオイルのみのスキンケア方法を実践する人もいますね。

私の周りにも、オイルを使ったら乾燥肌が解消した!という方がいました。ところが、洗顔後にはまたお肌がガサガサになってしまい、やがて粉が吹き始めたのだそう。

オイルはお肌表面の「潤い感」が強いので、それだけのスキンケアでは気付かないうちに乾燥が進んでしまうのです。もちろん、オイルには水分が入っていませんから、保湿になっているはずがありませんね。

また、オイルの純度が低いと肌の上で酸化や油焼けを起こしやすいです。酸化は老化のもと。オイルでのスキンケアを行う時は、質の良いオイルを使うことが絶対条件でしょう。

セリフ ディープモイスチャーオイル
セリフ ディープモイスチャーオイル

selif(セリフ)の「ディープモイスチャーオイル」は、合成界面活性剤不使用、コエンザイムQ10配合の美容オイル。お手入れの最後に乾燥する部分のみ伸ばすのがコツです。


3.乾燥肌にならない洗顔方法

クレンジングをする女性の画像

スキンケアの一番最初は、洗顔ですよね。洗顔はお肌にとって大切ですが、方法によっては肌バリアを壊してしまいます。潤い肌のための洗顔の基本は、肌バリアを壊さないこと。乾燥肌を作らない洗顔方法を実践していきましょう!

3-1.クレンジングは「優しい成分」と「素早さ」がコツ

落ちにくいメイク汚れを溶かすため、クレンジング剤はお肌にとってすごく強力にできています。合成界面活性剤など肌バリアまで溶かしてしまう成分が、ほとんどのクレンジング剤に使われているのもその一因。

もちろん、強力なクレンジング剤の方が簡単にメイクを落とせるでしょう。でも、肌バリアごとメイク汚れを落とす危険性大!

メイク落としは、必ず合成界面活性剤を使っていないクレンジング剤を使いましょう。今はやりのクレンジングオイル、簡単にメイクがするっと落ちて乾燥知らず、と広告に良くあります。

しかししっかりと成分を調べてくださいね。合成界面活性剤が配合されているクレンジングオイルなら、継続して使っているうちに乾燥がひどくなってしまうことが多いのです。

もし今クレンジングオイルを使っている、という方は、容器の裏の成分をチェックしてみてください。下のリストにある成分がなければ大丈夫です。もし該当する成分があったら使用はすぐ中止して合成界面活性剤無配合のクレンジングに切り替えましょう。

<合成界面活性剤 表示名リスト>

※ クリックすると表示されます。

合成界面活性剤(ア行)

合成界面活性剤(カ行)

合成界面活性剤(サ行)

合成界面活性剤(タ行)

合成界面活性剤(ナ行)

合成界面活性剤(ハ行)

合成界面活性剤(マ行)

合成界面活性剤(ヤ行)

合成界面活性剤(ラ行)

3-2.バリアを壊さず、潤いを守る洗顔料を使う

クレンジングだけではなく、洗顔もまたお肌のバリア機能を洗い流します。純石けんにはバリアを奪う合成界面活性剤が使われないことも多いですが、洗浄力が強すぎてやっぱりバリア機能ごと流してしまうことに。

洗顔料には優しく洗えて、かつ潤いをくれるものを選んで下さい。

3-3.こすらずに泡は20秒で落とす

洗顔をしている女性の画像

毛穴の汚れが気になって、洗顔をする時にゴシゴシとこする人がとても多いです。でもこのゴシゴシ洗いも肌バリアを壊す原因。こすらずに泡をなじませるようにして優しく洗うだけで、洗顔料はお肌の汚れを落としてくれます。

洗顔料は肌ダメージになりやすいですから、15秒から20秒以内に洗い流して下さい。肌に洗顔料が残らないように、念入りにすすいで下さいね。

3-4.30度以下のぬるま湯を使う

肌バリアでもある皮脂は、30度くらいで溶け出します。このぐらいの水温なら、適度に古い皮脂は落ちてくれるでしょう。でもそれ以上に熱いお湯を使ってしまえば、皮脂を落としすぎてしまいます。

乾燥肌を防ぐための洗顔方法では、30度以下のぬるま湯を使いましょう。

3-5.最後は水ですすいで乾燥肌を防ぐ

お風呂の後、体が温まっていますよね。血行が良くなれば、もちろん美容にもよい影響を与えます。ですが顔が火照って熱くなっていれば、それだけ洗顔後の水分蒸発は大きくなります。

洗顔の最後に水でクールダウンさせてあげれば、無駄な水分蒸発をおさえることができますよ。

3-6.洗顔のしすぎは乾燥肌の元!

「保湿」がしたい。それなのに私たちは「洗顔」をしなければなりません。洗顔とは、潤いと肌バリアを洗い流す行為でもあります。

とても顔に汚れがつきやすい生活をしていなければ、何度も洗顔する必要はありません。肌バリアを、過剰に洗い流さないようにしましょう。

洗顔料を使うのは基本、夜だけでOKです。朝は水洗顔が良いとよく聞くのは、潤いの肌バリアを守るためでもあるんです。

丁寧なスキンケアを心がけていると洗顔も頑張りがちですが、「優しい洗顔料で最小限に洗うこと」。これが一番のスキンケア方法になるでしょう。

どうしてもクレンジング剤や洗顔料は、肌ダメージになりがち。自分の目で成分をしっかり見極めるようにして下さいね。「無添加」の表示があっても多くの場合はそこに、肌へのダメージとなる成分が配合されていることが多くあるので、注意が必要です。

どんなものを使ったら良いかわからないという方には、selif(セリフ)の洗顔料を自信を持ってオススメしたいと思います。

セリフの「フレンドリークレンジングミルク」と「リラックスソープ」でしたら、肌に優しく、安心して洗顔できます。保湿をしながら洗うので、乾燥肌さんのスキンケアに便利ですよ。


セリフ フレンドリークレンジングミルク

セリフ リラックスソープ
セリフ リラックスソープ


4.乾燥肌のスキンケアにはセラミドが重要!

保湿のイメージ画像

乾燥肌は、肌バリアを壊す成分を肌に塗らないことと、保湿成分をたっぷり潤って保護することが改善の一番の近道です。

保湿成分で優秀なのは、肌が持っている成分。アレルギーを起こしにくいだけではなく、肌馴染みやバリア力の高さが評価されています。

4-1.肌の成分を使ったスキンケア方法

お肌が元々持っている成分にとても近い、潤い成分を保湿・保水力順に並べてみました。

潤い力★★★★★ セラミド

潤い力★★★   ヒアルロン酸

潤い力★★    コラーゲン、エラスチン

潤い力★     NMF(天然保湿因子)

セラミドはやはり断トツ。肌バリアとして、他の油分以上に乾燥から守ってくれるのがセラミドです。今や乾燥肌対策のスキンケアには欠かせない成分でしょう。

4-2.セラミドが肌バリアを助ける理由

肌バリアの80%を占めると言われているセラミド。私たちの皮膚ではセラミドなどが細胞と細胞のすき間をぴったりと埋めて、肌内部の水分が逃げないようにふさいでくれています。

本当は、油分より何より自分の持つ肌バリアが、こうして水分の蒸発を防いでくれるはず。でも間違ったスキンケア方法や、加齢によってこのセラミドのフタはスカスカになってしまうんです。

セラミドは肌表面、角質層にある成分。これを補ってあげることで、大切な肌バリアの役割をこなしてくれますよ。

4-3.乾燥肌にはヒト型セラミド

化粧品に配合されているセラミドには、とてもたくさんの種類があります。

  • 酵母から生成された「ヒト型セラミド」

(セラミド1、セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなど)

  • 化学的に合成された「疑似セラミド」
  • 馬などから抽出された動物由来の「天然セラミド」
  • 米、大豆、とうもろこしなどの植物由来の「植物性セラミド」

この中でも高い保湿力が注目されているのは、ヒトの持つセラミドととても近い構造をしている「ヒト型セラミド」です。もし本当に乾燥肌に悩んでいるとしたら、このヒト型セラミドを使ったスキンケア方法がオススメ。

お肌にバリアを作って、水分を守ってくれますよ。ただし、せっかくヒト型セラミドを使っているのに、肌バリアを破壊してしまう合成界面活性剤などのダメージ成分を使っていたら、台無しですよね。セラミド化粧品選びにも、十分に気をつけて下さい。


5.乾燥する日中のスキンケア方法

クマ予防のパソコン作業のリフレッシュ画像

朝と夜、洗顔後のスキンケア方法について、ここまで学んできましたね。でも日中に顔の乾燥を感じたら、どんなスキンケアをしたら良いのでしょうか。

5-1.一日中、乾燥は進む!

乾燥肌の場合、水分は日中でもお肌から逃げていきます。特に空気の乾燥は、お肌からも水分をどんどん奪ってしまいますよね。お部屋にいる時は十分な加湿が必要。ですが外出先では、気候や冷暖房によるお肌の乾燥を防ぐのも大変です。

朝、保湿スキンケアをしっかりしてきたのに、日中にはもうカサカサ。乾燥が進むとそんな症状もでてきます。日中も保湿でのスキンケアを忘れないようにしましょう。日中の保湿方法は下記を参考にしてください。

5-2.日中の応急スキンケアにはミストではなく保湿美容液を使う

お化粧をしている外出先で肌の乾燥を感じたら、美容液を補うのがもっともベター。

よく肌の乾燥を気にしてミストを使う人がいますが、水分主体のミストを吹きかければ、それは「水分を蒸発させろ!」という合図になってしまいます。お肌は水分を与えると、それを蒸発させようと働いてしまうからです。ですから、ミストだけでの保湿はNG。

肌の乾燥対策NG画像

日中のスキンケアでは、メイクの上から美容液をぬる方法が適しています。

まず清潔なティッシュを軽く乗せて、余分な皮脂をほんの少しだけおさえます。あぶらとり紙を使う方法だと皮脂を奪いすぎてしまいますから、気をつけて下さいね。その後に、保湿美容液を乗せましょう。

美容液をつける女性の画像

美容液ではお肌のテカりが気になったり、化粧崩れが心配という場合は、その上からパウダーを軽く使って整えていきます。

ただし乾燥肌の場合は、パウダーを付けすぎないように。多すぎる粉が皮脂を吸収してしまい乾燥感が強くなりますので、付ける場合はほんの少しにとどめましょう。


6.食品でのスキンケアは老化と肌トラブルの元!

「自然の栄養素を使えばお肌のためになる」そういう思いで食品をスキンケアに使う習慣は、古くからあります。ヨーグルトやフルーツ、野菜、オイル、ハチミツなど。パックや保湿に使ってみたくなりますよね。

ヨーグルトの画像

でも食べられるものだからといって、肌への刺激にならないわけではありません。もちろん、フルーツのビタミンCが浸透してお肌にいきわたることもありません。

化粧品というのはお肌への負担がないよう、精製してつくられています。自然の食品ならケミカルではないから安心、と考えがちですが、食品には不純物がまざっていますのでスキンケア方法としてはオススメできません。

不純物よりもっと問題なのは、「酸化」でしょう。バージンオイルやココナッツオイル、ホホバオイル、亜麻仁油を保湿に使う時は、お肌の上での酸化に気をつけなければいけません。

酸化は老化を呼びます。いくら自然のものが良いとしても、お肌には食品ではなく化粧品を使う方がよいでしょう。


7.まとめ

乾燥肌のためのスキンケア方法。いつものスキンケアとはちょっと違う部分が、あったのではないでしょうか?

・肌バリアを傷つけない洗顔をする

・洗顔の最後に冷水を使う

・ケミカル成分を使わない化粧品を選ぶ

・回数をわけて化粧水をつける

・保湿美容液を使う

・セラミド入りのクリームを使う

・オイルは仕上げにつける

・日中の乾燥肌スキンケアには美容液を使う

・食品でのスキンケア方法はやめる

ひとつひとつとても小さなことに見えますが、心を込めたその手間の積み重ねが、潤い肌を作ります。たくさんあるので、忘れてしまいそうでしたら、どこかにメモして置いておくのもよいですね。

今日お伝えしたスキンケア方法をぜひ実践して艶々のお肌をゲットしてくださいね。

なお、体の中から潤い美肌をつくるには、インナーケアがお勧め。不足したコラーゲンを補うために『 コラーゲンサプリおすすめランキング|モチ肌サプリの比較と効果的な飲み方 』を併せて参考になさってください。

10歳若返る!
全34ページの老け顔改善マニュアルをプレゼント

加齢とともに顔にさまざまな老けの兆候が出て、どうしたらよいかと悩んでいませんか? これらは美容整形さえすればすべて解決できるものではありません。

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 目の下のたるみが何をやっても改善しない
  • ほうれい線が年々深くなる
  • 口の横にだぶついた肉が増えてきた
  • 顔全体がたるみ、老けてきて不安だ

これらの悩みを解決する方法はただ1つ、
「たるみようがない顔のベース」を自分の顔にしっかりと作り上げるしかありません。

私自身も悩みから解放され、多数のメディアで紹介された老け顔改善メソッドを全34ページに渡って詳細に解説しています。私のbefore&after画像も公開しています。 いつまでも若々しく輝くためにぜひお役立てください。

コメントはこちらからどうぞ