顔の皮のたるみが気になる|たるみをリフトアップして若返る方法

顔の皮のたるみに悩む女性の画像

顔の皮にたるみができてしまうと、頬がだるんと下がってしまう老け顔をひき起こします。フェイスラインの余った皮を指でつまむことができたとしたら、たるみが進行してしまっている証拠。

顔のたるみのせいで自信が持てなくなってしまうと、毎日がなんとなく憂鬱で楽しめませんよね。なんとかして、ピンと張った上向きのお肌を取り戻すことはできないのでしょうか?

こちらの記事では、顔の皮のたるみの悩みを解消して若返る方法をご紹介していきます。人生は40代からどんどん花開いていくもの。美しさに自信を持って、明るい毎日を送るための参考にしていただければ幸いです。

1.顔の皮のたるみは初期なら自分で改善できる

たるんだ顔のイメージ画像

顔の皮がたるんでしまうと、フェイスラインがブルドッグのように下がってしまったり、ほうれい線が深くなってしまいます。

年齢を重ねても顔のたるみが進まない人はいます。もちろん、時は人に対して平等に過ぎていくもの。ではいつも若々しいお肌を保っている人にはどんな違いがあるのでしょうか?

1-1.整形をしなくてもリフトアップはできる?

顔の皮のたるみについて考える女性の画像

顔の皮にだぶつきを感じるようなたるみ。顔の皮にたるみができてしまったら、もう整形手術をするしかないのかも……。そんな思いがよぎることもあるかもしれません。

確かに美容整形によって顔の皮のたるみは改善することがあります。ですが美容整形にはリスクがつきもの。できれば美容整形に頼らずに、ピンと張ったお肌を取り戻したいものです。

もし顔の皮のたるみが深刻でなければ、クリニックへ行かなくてもセルフケアだけでリフトアップできる余地が十分にあります。「美魔女」という言葉が流行りましたが、「年齢=見た目年齢」ではない彼女たちも、人知れず美しさを保つための努力をしているのです。

努力といってもそんなに構えなくても大丈夫。皆さん楽しみながら自然に行っているから綺麗を続けていられるのです。

まずは顔の皮のたるみができてしまう原因を知ることで、解決策が見えてきます。皮のたるみの原因を学んで、どのようにアプローチすれば若返ることができるのか探っていきましょう。

2.顔の皮のたるみはどうしてできるのか?

顔の皮のたるみを気にする女性の画像

それでは老け顔を作る顔の皮のたるみが、どのようにして出来るのかというお話しをしていきます。

2-1.加齢によって頭蓋骨は縮んでいく

お年を召された方って、頭の小さい人が多いと思いませんか?実はこれは、年齢を重ねることで頭蓋骨の形が変わっていくからなんです。

頭蓋骨はだんだんと目の外側が下がり、頰骨も下がります。あごも短くなっていきます。このように、頭蓋骨はどんどん形を変えて小さくなっていきます。

頭蓋骨の画像
加齢とともに頭蓋骨が小さくなる

小顔になっていくなんて嬉しい!と思う方もいるかもしれませんが、顔を包んでいる皮膚の中が小さくなって、皮膚弾力が衰えていくということは、恐ろしい顔の皮のたるみが待っているわけです。

頭蓋骨が縮むのを予防することは難しいですから、頑張って顔表面の上向きの力をアップしていくしかありません。

2-2.急にやせると顔の皮があまってたるむ

ダイエットのイメージ画像

ダイエットに成功したけれど、お腹や二の腕の皮があまって大きなたるみができたという話しをよく聞くかもしれません。脂肪が厚く太っていた時はそれに合わせて皮がのびている状態ですから、痩せたことで皮があまって、たるみができてしまうんですね。

人間の構造はパーツごとに違うわけではなく、全て同じ。お腹や二の腕だけではなく、当然、顔にも同じことはおこっています。

もしお腹や二の腕の皮のたるみがわずかで気にならなかったとしても、顔はささいな変化でも人に与える印象が大きく変化してしまいますから、たるみが気になるのです。

ダイエットによって脂肪や筋肉が急激に減ることはありますが、皮膚は4ヶ月から1年以上の時間をかけてゆっくり変化していきます。ですから急激なダイエットをしてしまうことで、顔の皮の再生が追いつかずにたるみになってしまうわけです。

年齢を重ねる程、お肌の再生速度やハリは弱まっていきますから、40歳をすぎたらダイエットはゆっくり行うことが美しく痩せるポイントになります。

2-3.皮膚の弾力線維の衰え

皮膚には「表皮」という表面の層の下に、「真皮」と呼ばれる層があります。お肌の奥なので、美容液などでは直接にはアプローチできない部分です。

この真皮には、肌のハリを作っている弾力線維があります。コラーゲンという言葉なら、女性の皆さんはきっとよくご存知だと思います。お肌をぷるぷるにしてくれるという印象の強いコラーゲン。これこそが真皮で活躍する弾力線維のこと。

肌の老化の画像

真皮の内側では硬いコラーゲンが網の目のようなネット構造を作り、柔軟なエラスチンがそれをつなぎ合わせることで顔の皮のハリ弾力を作っているのです。

しかし加齢や紫外線ダメージなどによって、この弾力線維は衰えてしまいます。真皮の弾力が衰えてしまったお肌は、弱々しくなってハリを失い、皮のたるみを引き起こします。

2-4.表情筋の衰えで顔がスカスカに

表情筋の画像
表情筋

顔の筋肉は体に比べてもともと薄いのが特徴です。その薄い表情筋はとても衰えやすくて、使われていないとますます薄くなっていきます。

一日中、ほとんど笑わなかったり、事務作業に没頭したりする生活をしていませんか?表情筋は日常生活でも使うことが少なく衰えやすい筋肉ですが、心からの笑顔の少ない生活をしていると余計に衰えてしまいます。

心からの笑顔は、顔の筋肉を上向きに引き上げて、眼輪筋を動かします。口を横にひく作り笑顔では、効果はありません。よく笑う人が美しいのは、心から輝きを放ちながら上向きの顔を作っているからかもしれませんね。

でも顔の筋肉が衰えてしまうことで、なぜ皮までたるんでしまうのでしょうか?顔にある表情筋は「皮筋」と言って、皮膚からつながっている筋肉なのです。ですから筋肉がしっかりリフトアップすることで、顔の皮のたるみもひっぱり上げてくれますよ。

表情筋の解説画像
表情筋と皮膚(皮下組織・真皮・表皮)はぴったりくっついている

また脂肪や筋肉が衰えてしまうことで、のびきった皮だけが残り顔の内部がスカスカになると、たるみが起こります。顔の皮のたるみは頭蓋骨、脂肪、筋肉といった内部の層がスカスカになる一方で、皮膚が衰えてしまうことで出来上がるのです。

3.顔の皮のたるみをリフトアップする方法

顔の皮がたるんでしまう原因がわかったら、それを踏まえて改善策をとっていきましょう。顔の皮のたるみをリフトアップさせる鍵は、「皮膚」と「筋肉」です。お肌と表情筋を強化することで、頑固なたるみを改善していきます。

3-1.「顔の皮膚を強化」して顔の皮のたるみを引き上げる

顔の皮にたるみがあるという方は、皮膚のハリが失われてしぼんだ風船のようにヨレヨレの肌状態になっています。ピンと張った皮膚を取り戻して、顔の皮のたるみを引き上げていく基本のケアをご紹介します。

保湿強化

保湿のイメージ画像

肌はうるおいのバリアによって、その内部にダメージが届かないように守られています。しかし肌が乾燥してしまうとバリアが壊れ、外側からの強いダメージの影響を簡単に受けてしまう肌状態に。

内側からもっちり、ふっくらとしたお肌を作ってくれる基本は「うるおい」だということを忘れないようにしましょう。うるおいの満ちたお肌は、自分で水分を維持できるようになります。

ですが化粧品の成分などのダメージによって、私たちの肌表面は削られて水分も蒸発しやすくなっています。

まずは過剰な添加物の入っていないスキンケアで、バリア機能が壊れて水分を維持できなくなったお肌を回復させて下さい。

洗顔後の保湿をしたら優しい化粧品で必ずフタをして、もっちりとうるおえる肌バリアを作って下さいね。まずは水分を逃さないお肌を作ることが、顔の皮がたるまないようにするための基本のスキンケアです。

紫外線予防

紫外線対策をする女性の画像

老化現象の原因の約80%が、太陽光によるものだということをご存知ですか?太陽の光によって肌が傷つき、老化が進んでしまう現象を「光老化」といいます。

太陽光の紫外線のうち、紫外線A波はとても波長が長いです。そのため、雲や窓ガラスを簡単に突き抜けて通過します。そして恐ろしいことに、皮膚の表皮も貫通して真皮まで届き、弾力線維をずたずたに破壊してしまうのです。

顔の皮がたるむ原因のひとつは、圧倒的なハリ弾力不足。UVカットできる日傘や帽子などで紫外線をブロックして、肌のハリを取り戻しましょう。

バランスのとれた栄養

顔のたるみ防止に栄養バランスを考えた食事の画像

過度なダイエットで急激に痩せると、顔の皮の内側が薄くなってたるみができあがってしまうことはお話ししました。でも過度なダイエットが起こすたるみの原因はそれだけではありません。

私たちの体は細胞のひとつひとつに至るまで、食べ物の栄養素から作られています。ダイエットによって、皮膚や筋肉を作っている栄養素が足りないとどうなるでしょうか。顔の皮はもちろん、全身の皮膚が薄くなってハリ弾力のないスカスカの肌状態になってしまいます。

顔の皮を作り直してたるみを改善するためには、タンパク質やビタミンが必要不可欠です。

タンパク質は肉や魚、大豆、チーズなどから摂ることができますので、ダイエットだからといって肉を控えていると顔のたるみを増長してしまいますよ。

睡眠は最初の3時間、ぐっすり眠る

熟睡している女性の画像

栄養をしっかりとったら、よく眠ることで体を作っていきましょう。人は寝ている間に成長ホルモンが分泌されて体を修復します。

よく、夜の22時~深夜2時は美肌のための睡眠ゴールデンタイムと言いますよね。どうしてもこの時間に寝ていなければいけないわけではありません。

現代人にとっては、お仕事などの都合で22時に就寝することは難しいことでもありますから。

睡眠の最初の3時間が成長ホルモンをたくさん分泌できる時間。この時にぐっすりと質の良い睡眠をとれていなければならないのですが、体内時計が乱れた生活を繰り返しているとこの時間に深く眠ることができません。

体内時計を整えるコツは、何時に寝ても朝は決まった時間に起きることです。そうすることでメラトニンが正しく分泌されて、眠り始めの3時間の睡眠の質が上がります。成長ホルモンをたっぷり分泌させて、顔の皮のたるみを修復させて下さい。

3-2.「表情筋を強化」して顔の皮のたるみを引き上げる

顔のたるみ体操2

顔の皮膚にハリ弾力を取り戻して、たるみをリフトアップするのはなかなか難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。

たしかに皮膚だけで顔を引っ張り上げるのは、たるみが顕著な場合は大変です。それに伸びてしまった皮膚が縮んでいくには、とても時間がかかるのです。

一方で、筋肉を強化することでのリフトアップは皮膚の強化よりもわかりやすく効果を実感できます。

顔にある表情筋は日常生活では使われることが少ないので、しっかりとリフトアップさせるためには意識してトレーニングをしていかなければなりません。必ず正しいトレーニング方法を用いて、表情筋を強化して下さい。

次の章ではいよいよ、顔の皮ごとたるみを引き上げてくれる、表情筋トレーニングの具体的な方法をご紹介します。

4.表情筋を鍛えるトレーニングのやり方

それでは顔の皮ごとたるみをリフトアップさせる、表情筋トレーニングを頑張っていきましょう!

4-1.頬を上げる表情筋トレーニングの方法

まずは顔の真ん中にある頬の筋肉を鍛えて、顔の皮のたるみを改善していきます。

1、軽く口をとがらせます

2、上の歯ぐきをむき出すようにしながら頬の上部にぐっと力を入れます。

頬を高くするトレーニング解説画像

頬を高くするトレーニング詳細解説の画像

●時間・・・頬上げを1分間継続 → 鼻の下のばし5秒間。 1日1回

 

●トレーニングのコツ・・・頬は真上に向かって上げます。黒目の下に頬を近づけるつもりで。

頬を高くするコツの画像
真上に向かって上げる

●1分間、頬を上げ続けると、頬の筋肉である大頬骨筋(だいきょうこつきん)、小頬骨筋(しょうきょうこつきん)が引き上がります。顔の中心部の頬が上がると、見た目にも、とても若返ります。

頬の筋肉は広範囲のため鍛えるのに少々時間がかかり、効果は3週間目から感じることが多いです。

4-2.フェイスラインをシャープにする表情筋トレーニングの方法

次に顔の頬の下の方にある筋肉を鍛えて、マリオネットラインができやすいフェイスラインのたるみを改善していきます。

1、口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ  

口を寄せた反対側のアゴのライン(フェイスライン)がはっきりと出るように、しっかりと口を片側に寄せます。

顔のたるみ改善トレーニング画像1

2、反対も同様に。口角を限界まで片方に寄せる。5秒キープ

顔のたるみ改善トレーニング画像2

回数・・・2セット 1日1回

口を横に寄せると、ほうれい線の溝が深くなります。線として定着しないよう、人差し指を溝に当て、ほうれい線ができないよう予防します。ただし、指で無理に口角を引っ張り上げないよう注意しましょう。

このトレーニングは、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)、外側翼突筋(がいそくよくとつきん)など、顔の下半分の多くの筋肉を鍛えます。また、あごは効果の出方が早く、毎日きちんと続ければ、10日程度でフェイスラインのたるみが解消されるのが分かるでしょう。

5.美容整形で顔の皮のたるみを改善するには?

美容クリニックのイメージ画像

顔の皮のたるみの症状が深刻な場合や、すぐにでもリフトアップしたいという場合は、美容整形のたるみ治療を受けるという方法もあります。

美容整形は美容外科クリニックで行うことができますが、リスクもありますからいくつかのクリニックでカウンセリングをしっかりと受けて、納得した上で選択しましょう。

では顔の皮のたるみを引き上げることができる美容整形にはどのような種類があるのか、ダウンタイムや費用なども合わせてご紹介していきましょう。

5-1.フェイスリフト

皮のたるみを引っ張り上げる代表的な整形手術は、フェイスリフトです。この手術では余った皮膚をカットして縫合することで、たるみを引き上げていきます。

3種類あるフェイスリフトの施術方法

・皮膚だけをカットする方法

・筋肉までカットするSMAS法

・靱帯までカットして確実に引き上げるリガメント法

顔面神経麻痺などの失敗例があったり、高額なのに効果が実感できないことがあるなど、リスクが大きいため、この方法を選ぶのは慎重になった方が良さそうです。

ダウンタイムは2週間程ですが、髪の毛で隠さなくても傷がわからなくなるまでには3ヶ月程度かかります。

費用は100万円~200万円とかなり高額です。

5-2.スレッドリフト

フェイスリフトのように切って縫合する美容整形ではなく、注射器のような道具を使って顔の中に糸を通すのがスレッドリフトです。

ギザギザのついた糸を数本入れて、頬をひっぱり上げるのです。最近では溶ける糸を使うことが主流で、糸は自然と溶けて体に吸収されてしまうので持続する期間は1年から2年です。

一定の効果がありますが、顔のたるみの引き上げ効果を持続させたい場合は再度スレッドリフトの施術を受ける必要があります。糸が入っているため、しばらくは痛みやひきつれ感を感じるケースがあるようです。

皮膚を切らないのでダウンタイムは短め。腫れやむくみがひくまでには多くの人がおおよそ3日間ほどダウンタイムを経験します。長い方でも2週間程度です。

費用は20万円~80万円と、使う糸の数によって差が出てきます。顔全体で皮のたるみの症状が深刻な場合は、糸を多く使うケースもあるでしょう。

6.美容クリニックでお肌を若返らせる

セルフケアだけで皮膚の改善をすることに、苦戦をすることもあるでしょう。

もし人工的に顔の皮のたるみを引っ張り上げるのではなく、肌の状態だけを改善したいという場合にも、美容クリニックでの施術を受けることができます。

6-1.レーザーや高周波といった照射治療が肌をよみがえらせる

顔の皮のたるみを引き起こす1つの原因が皮膚の衰え。現代医療の技術を借りて、皮膚を若返らせるのもひとつの手段です。

メスを使うような外科手術と違って、光やレーザー、高周波を肌にあてる治療なら美容外科だけではなく美容皮膚科でも行ってくれますよ。

・サマークール

・ヤグレーザー

・フォトフェイシャル

・フラクショナルCO2レーザー

など、照射系の治療方法とマシンは多岐に渡ります。

治療によってはほとんどダウンタイムはありませんから、美容整形よりもずっとチャレンジがしやすいですよね。

ただし、照射系の治療はあくまで機能回復です。整形とは違いますから、照射治療だけで顔の皮のたるみがリフトアップしてくる実感は少ないと言えます。

7.まとめ

顔の皮があまってしまうことによる、深刻なたるみ。女性はやっぱりいつまでも若々しくいたいという気持ちがありますから、とても悩んでしまいますよね。

時をさかのぼることはできませんが、今から改善を頑張ることはいくらでもできます。ポイントは、「筋肉の強化」と「皮膚の強化」。まずはセルフケアから試してみてはいかがでしょうか。キュっと引き締まった、たるみのない若見えフェイスを目指して下さいね。

なお、第4章で顔のたるみに効果的な表情筋を鍛える方法をお伝えしましたが、もっとしっかりと徹底的に顔を鍛えたい方は、『 顔のたるみを体操で解消!1日3分「ながら」でできる簡単メソッド 』でご紹介しているその他のトレーニングにもチャレンジしてみてください。さらに顔のたるみ改善効果がアップしますよ。

コメントはこちらからどうぞ