たるんだ顔に喝!顔を引き締めて憧れの小顔を手に入れる方法

顔を引き締めた女性の画像

顔のたるみが進行してくると、フェイスラインがぼってりとだぶついてしまいます。美人の代名詞と言えばキュッと引き締まった小顔。顔周りに無駄な脂肪があると、顔が大きく膨らんで見えますよね。

二重あご、ゆるんだほうれい線など、40代から50代にかけてたるみの悩みは増えていくばかり。でもそろそろ、顔のたるみを引き締めて大人の美しさを手に入れてみませんか?徹底的にたるみを追い出して、憧れの小顔美人を目指しましょう。

この記事では顔のたるみを引き締める方法を一挙にご紹介します。

たるみを引き締めるグッズ、化粧品、体操、美容医療など、あなたに一番ぴったりの方法を見つけて下さい。

1.顔を引き締めるとたるみが改善されて驚くほど若返る

肌のたるみを改善した女性の画像

大人の顔は何もしなければ、40歳を境目に老け感が増していきます。明らかに見た目年齢を変えてしまうのは、顔のたるみ。

人は顔にたるみがあるほど、年をとっているように見えてしまうのです。でもいくつになっても若々しく見える人はいるもの。いかにたるみのケアができているかが、その差を作ります。年齢のせいだから仕方がないかも、と思う方も今から変えることができますよ。

あなたの見た目年齢はいくつぐらいでしょうか?まずはたるみチェックで自分の顔を客観的に見て、改善の必要があるかどうかを判断していきましょう。

1-1.顔のたるみをしっかりとチェックする

人は鏡を見る時、一瞬で顔が変化していることをご存知ですか?実は私たちが普段、鏡で見ているのは、最も理想的な自分の顔です。

自撮りをする時に一番綺麗に映る顔を探すのと、同じ事が鏡を見ている時に起こっているのですね。だから写真に写った自分の顔を見て、こんなはずではないとがっかりしてしまうことがあるのです。

顔のたるみを写真でチェックする女性の画像
普段の自撮りでは一番綺麗に写る顔を探してしまう

自分の顔のたるみ状態をしっかりと判断するには、普段鏡で見ないような角度から客観的に観察することが必要です。

口角が下がっている女性の画像

スマホをお持ちの方は、カメラを活用して顔の観察をしましょう。画面に自分の顔がうつる内側カメラではなく、外側カメラを使うのも客観視点を作るコツです。たるみの状態を良く見るには、顔のやや下側から撮影することが有効です。

横顔の女性の画像

また私たちは普段、斜め側や横顔を人に見られています。正面から見るのはお食事などで真ん前に座った方だけですよね。客観的に自分の顔のたるみを観察するためには、できるだけ自然体で斜めや横側から撮影する必要もあります。

1-2.老けて見えても大丈夫!顔を引き締めて若返ろう

2のチェックで思っていたよりも老けて見えたという方も、がっかりしないで下さいね。今よりももっと若々しいフェイスラインを、誰でも目指すことができます。

たるんだお腹が、引き締めることによって美しくなったという写真を見たことがありませんか?もちろん、お腹だけではなく顔にも同じ事が起こります。余分なお肉のたるみがなくなれば、驚く程に若々しい自分に生まれ変わることができるのです。

2.顔を引き締める方法

顔を引き締める女性の画像

顔にたるみができる原因は主に2つあります。

・顔の筋肉が衰える

・顔の皮膚が衰える

この2つの衰えが、だぶついた「たるみ顔」を作っているということです。つまりたるみを解消して小顔になるためには、顔の筋肉と皮膚をキュッと引き締めてあげることが必要。

それでは顔を引き締める具体的な方法を、ひとつひとつ見ていきましょう。

2-1.クリームで顔を引き締める

顔の引き締めケアのクリーム画像

化粧品で顔を引き締めるためには、クリームを使ったケアがおすすめ。

・肌にハリを与えて顔を引き締める

・むくみを解消して顔を引き締める

クリームでの引き締めアプローチでは、この2点に注目していきます。ここでは顔の引き締めにおすすめのクリームをいくつかご紹介します。

キュエリスト フェイスリフト・エマルジョン(ドゥーシェーン)

キュエリスト フェイスリフト・エマルジョンの画像

顔の筋肉にアプローチして、たるみをキュッと引き締めるためのクリームです。

むくみ感をスッキリ→ハリ弾力をアップ→血行改善

このアプローチで顔を引き締めてリフトアップしていきます。

マッサージをすることでクリームの効果を最大限に発揮してくれます。ただし、皮膚を引っ張る程のマッサージを繰り返してしまうとかえってたるみの原因になるので、ソフトに血行を促すような優しいマッサージ法がおすすめです。

キュエリスト フェイスリフト・エマルジョン公式HP

ファイナリフト(MOVE)

ファイナリフトの画像

ファイナリフトはむくみ感や肌のハリ不足といった悩みに応えてくれるゲルクリーム状の化粧品です。効果実感度の高い体感型化粧品を目指して作られたこちらのゲルは、引き締め効果を実感したという人も多数。

界面活性剤を使わないなど、旧指定成分無添加なので安心して試すことができます。

ファイナリフトの公式HP

ディオーネクリーム(ディオーネ)

ディオーネクリームの画像

こちらのクリームもむくみにアプローチして顔を引き締めてくれます。ホルミシスクリームの効果で肌細胞を活性化して、お肌を老化させる活性酸素をスッキリ。

お肌にぷるんとしたハリ感を与えながら、むくみまでスッキリさせてくれます。旧指定成分無添加ですから、肌へのダメージも少なく安心して使えるクリームです。

ディオーネクリームの公式HP

プレミアムエナジークリーム(セリフ)

ほうれい線対策化粧品 セリフ プレミアムエナジークリームの画像
本格的にお肌から変えたい!という方にはセリフのプレミアムエナジークリームがおすすめ。たるみのある肌はダメージを受けすぎて、劣化してしまった状態にあります。本来の健康を失ってしまったことで、老化が進んでいるのです。

そうしたダメージ肌を作っているのが、毎日使う化粧品の添加物にあることを私は学びました。ですが、わかっているのに本当に肌のことを思って守ってくれる理想の化粧品ってなかなか見つからないんですよね。

見つからないなら自分で本当の化粧品を作ろう!と思って誕生したのがセリフの化粧品です。傷ついて衰えてしまった肌を新しいものに入れ替える。そのための化粧品です。ダメージを与える成分を排除して、肌の自然な健康を取り戻していくのです。

肌からたるみを引き締めるためには、本来の健康的なお肌を作っていくことからはじめましょう。

プレミアムエナジークリーム公式HP

2-2.グッズで顔を引き締める

美顔器を使用している女性の画像

顔の筋肉に上手にアプローチしてくれるグッズは、自力で顔を引き締める自信のない方にも強い味方になってくれるでしょう。

ここでご紹介する顔の引き締めグッズは、電気機器を使った美顔器と、筋肉のトレーニングをするグッズの2種類。どちらも表情筋に作用して、顔をキュッと引き締めるサポートをしてくれます。自分に一番合ったものを見つけて下さい。

美顔器で顔を引き締める

顔の引き締め効果を期待するなら、美顔器の中でも表情筋に信号を伝えるEMSを搭載したものを選びましょう。

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」といって、体に微弱な電気信号を与えて筋肉を動かしてくれるマシンのことです。アスリートやトレーナーのように筋肉を鍛えている人が、筋肉強化のために体へパッドを貼って電気を送っているのを見たことがありませんか?

一般的にEMSはボディーの筋肉を鍛えることが多いのですが、美顔器に搭載されているEMSは顔の表情筋に対してアプローチしてくれるものです。

ララルーチュ レジーナ

ララルーチュ レジーナの画像

レジーナは女優の杉本彩さんご本人がプロデュースしている美顔器。表情筋を鍛えて顔をリフトアップすることを目的に作られた美顔器です。

美顔器を使用する立場から、綺麗になりたい女性のこだわりを徹底して追求した美顔器だからこその満足感。嬉しいですよね。顔にあてるとピクピクと筋肉が動くのがわかります。

レジーナに搭載されているEMSの周波数は、「High」「Middle」「Low」の3段階。EMSの刺激が痛くて続けられないとい方は、弱めに設定して使いましょう。

ゲルマやLEDなど、美肌をサポートしてくれる多様な機能がついていますから、表情筋だけではなくお肌から顔をキュッと引き締めてくれます。

ララルーチュ レジーナの公式HP

エステナードリフティ

エステナードリフティは筋肉のプロフェッショナルであるRIZAP(ライザップ)と皮膚の専門家が共同で開発した美顔器ですので、こちらも表情筋にビビッと働きかけてくれます。

「表情筋を動かすEMS」+「温熱効果で肌をほぐすラジオ波(RF)」+「美容成分を届けるイオン」

トリプル作用が顔をキュッと引き締めて、若々しい小顔づくりをサポートしてくれます。1回たったの5分、最低週2回でOKなので、美顔器は続けられないという女性でも簡単に使うことができそうですね。

エステナードソニックリフティの公式HP

表情筋トレーニンググッズで顔を引き締める

マシンではありませんが、計算されつくした物理構造で顔の筋肉を引き締めてくれる便利グッズもあります。グッズを使えば負荷の高い筋肉トレーニングができますから、効率よく鍛えたいという方におすすめです。

PAO(パオ)

長いバーを口にくわえて首を振ることで、負荷を与えて表情筋を鍛えてくれるのがパオです。スマートなデザインで見た目にもインパクトがあるパオ。今とても注目を集めている表情筋トレーニンググッズです。

見た目年齢の老化は顔のたるみから来ることに着目して、大学との研究開発から生まれたパオ。口輪筋からのびているあらゆる筋肉にアプローチして、ほうれい線、フェイスライン、口元を引き締めます。

PAOの公式HP

パタカラ

口の中に入れて使うパタカラは、主に口の周りの筋肉を鍛えてくれます。パタカラを装着すると、口をうまく閉じることができません。ギュッと力を入れて口を閉じることで、普段あまり使われずに衰えてしまった口輪筋を、しっかりと引き締めることができます。

口輪筋は顔のたるみに関するあらゆる表情筋とつながっていますから、この部分を鍛えることは顔全体の引き締めにつながります。

パタカラの公式HP

2-3.顔の運動で顔を引き締める

表情筋のイラスト画像

グッズを使わなくても、表情筋を鍛えて顔を引き締めることは可能。実のところ、顔の筋肉は激しいトレーニングを必用としていません。衰えてしまった表情筋も適度な運動で簡単に引き締まります。

もちろん表情筋トレーニングではコストもお手入れ時間もかかりませんから、手軽に顔を引き締めたいという方には最もおすすめの方法です。

それでは顔をキュッと引き締めるための表情筋トレーニング方法をご紹介していきましょう。

口周りの筋肉を鍛えて顔を引き締める

口の周りの筋肉を鍛えて引き締めるトレーニングです。二重あごの予防にもなり、続ければフェイスラインもスッキリしてきます。気軽に試してみて下さい。

「あえいうえおあお」を言うだけトレーニング

それでは、「あえいうえおあお」を言うだけトレーニングをやってみましょう。

1、まず、笑顔をつくり、口角をしっかり上げます。(基本姿勢です)

そして
■ 一言一言は一秒ずつ
■ 常に口角を上げた状態を維持
を意識しながら、下記の言葉を言います。

あ・え・い・う・え・お・あ・お

か・け・き・く・け・こ・か・こ

さ・せ・し・す・せ・そ・さ・そ

た・て・ち・つ・て・と・た・と

な・ね・に・ぬ・ね・の・な・の

を繰り返します。

●回数・・・続けて3回。1日1回実践

●トレーニングのコツ・・・顔にシワを寄せない程度の大きな口で行いましょう。

口周りの筋肉が衰えている人は、「あいうえお」と繰り返すだけでかなり口元に負荷がかかるのがわかると思います。

顔を動かすことが目的ですから、発音しないで口パクでもOK。毎日、家事をしながら、テレビを見ながらでよいので継続して行いましょう。

首の筋肉を鍛えてあごのたるんだ肉を引き締める

あごの下の筋肉を鍛えて、顔の下の方に下がった余分なお肉を引き締めましょう。

首の浅い筋肉を鍛える

準備

pic_about_28

①ゆっくり5秒かけて、真上を見上げる

pic_about_29

②アゴをぐっと突き出す→5秒キープ
( 首の皮がピンと突っ張るのを感じる)

pic_about_30  横から見たろところ→ pic_about_31

③次に「いー」の口をする→5秒キープ

pic_about_32

●回数・・・2 セット 1日1回

お風呂に入っている時などに行うと、全身の血行もよくなって一石二鳥です。工夫して続けてみて下さいね。

首の深い筋肉を鍛える

たるんだあご周りの肉をさらに取り除いて顔を引き締めるためには、表情筋だけではなく全身のトレーニングが必要です。全身のエクササイズですが寝転んで行うことができるので、とても簡単ですよ。

①上を向いて寝る。手は体の横につけ、手のひらを下にしておく。

ppw

 

②頭と足を同時に上げる。このときあごを胸に付けるイメージで。両肩は床についたままにするのがポイント。

二重あご解消のトレーニング2

③頭と足を同時にゆっくりとおろす

二重あご解消のトレーニング3

二重あご解消のトレーニング4

●回数・・・頭と足同時に上げて下げるを10回。上げる時、と下げる時、5秒くらいかけてゆっくりすると行うと、首の深い筋肉群を鍛えられます。

●ポイント・・・頭と足を同時に上げるときは呼吸を止めないように。自然な呼吸を心がけます。

頭を上げる時は、あごを胸に付けるようにします。体を持ち上げないように。肩は常に床についている状態を維持します。

特に首を下げるときに、首の深層筋がしっかりと鍛えられます。上げ下げは5秒くらいかけてゆっくりと行うと二重あご解消に効果があります。

3.毛穴を引き締めるとたるみが改善する

鼻の横の毛穴を観察してみて下さい。キュッと引き締まっていますか?実は顔のたるみに悩む人の多くが、毛穴の開きやたるみに悩んでいます。

いつも毛穴が開きっぱなしという人は、毛穴を引き締める力が弱まっている証拠。顔のたるみは筋肉の衰えと皮膚のゆるみに直結していますから、毛穴の引き締め力を養って顔のたるみを改善しましょう。

3-1.毛穴引き締めトレーニングの手順

①ホットタオルで毛穴を開いて中の汚れを取り除く

ホットタオルの画像

毛穴が詰まっていると、いくら頑張っても毛穴を引き締めることはできません。ですが刺激を与えて汚れを掻き出すのは絶対にNG!電子レンジで温めた蒸しタオルを顔に当てて、洗顔前に毛穴を開きましょう。

②冷やした精製水パックで毛穴を閉じる

コットンパックの画像

ドラッグストアなどで100円前後で売っている精製水を使います。精製水は純粋な水。コンタクトレンズ用のものでOKです。

洗顔をしたら冷蔵庫で冷やした精製水にコットンをひたして、顔に乗せて3~10分間パックします。長時間パックをしすぎると顔の水分が奪われるので、時間は守って下さいね。コットンをはずした後、毛穴が引き締まっているのがわかります。

このように毛穴の開閉を繰り返すことで、毛穴の収縮力をつけていきます。

③収れん化粧水で毛穴を引き締める

ローションで毛穴を引き締める女性の画像

毛穴の引き締めに必用な化粧品は収れん化粧水です。たっぷり与えて毛穴をキュッと引き締めてあげて下さい。

④十分に保湿する

クリームをぬる女性の画像

毛穴を引き締めてたるみを改善していくためには、衰えた肌を健康肌へよみがえらせてあげる必要があります。そのためには、お肌を守ってくれる十分なうるおいが必要です。

洗顔後に化粧水を塗ったら、水分が蒸発しないようにクリームなどでフタをしてあげましょう。お肌を守るうるおいベールを強化するには、ヒト型セラミドを配合したクリームなどがおすすめです。

4.美容医療で引き締める

美容クリニックのイメージ画像

なかなか顔のたるみが改善しない場合や、少しでも早く顔を引き締めたいという方には美容クリニックの助けを借りるのも手段のひとつです。美容皮膚科や美容外科での施術では、それぞれの肌に合わないなどリスクもありますから、カウンセリングを何度か受けて医師としっかり相談しながら行って下さいね。

4-1.高周波・レーザーで肌から引き締める

レーザー治療機器の画像

顔の筋肉はトレーニングによってとても簡単に引き締まりますが、ゆるんでしまったお肌を引き締めるのはなかなか大変です。

たるみ治療には効果のあらわれが早い高周波・レーザーがスタンダード。熱エネルギーを照射することで、肌のハリ弾力を作っている真皮に力を与えて、たるんだお肌を引き締めてくれます。

照射治療には「サマークール」「タイタン」「ポラリス」など様々な種類がありますから、カウンセリングを行って自分の肌状態に最も適したものを選びましょう。

4-2.小顔注射で顔を引き締める

注射のイメージ画像

BNLSといった脂肪溶解注射は、余分な脂肪を溶かして顔を引き締める方法。小顔注射では、固まって落ちにくくなった脂肪細胞も破壊して、自然排出をさせます。

施術時間も5~10分程度で気軽に受けられる美容医療として人気です。ダウンタイムもほとんどありません。

ただしリスクが全くないわけではありません。植物性の成分を使用していますが、大豆アレルギーの方は受けることができないので注意して下さい。アレルギーは自覚症状がなくても持っている場合がありますから、パッチテストやアレルギー検査などはしっかり行って大丈夫か確かめて下さいね。

クリニックによっては粗悪な成分を注入することがありますから、病院選びは慎重に行いましょう。

5.顔を引き締めたいなら笑顔も大事!

笑顔の女性の画像

あまり表情を動かさない生活を送っていませんか?中にはほとんど表情を動かさないで生活をしているという人も多いでしょう。普段の生活で無表情な時間が多い人程、顔のたるみは加速していきます。

5-1.人と話す時間を作る

毎日忙しいと、なかなか人と話す時間がとれないということもありますよね。ですが時間ができたら家族や友達など、できるだけ人と会って話す時間をとることが一番のオススメ。

大人になると、人と話しても暗い話しで終わってしまうこともありますよね。明るく盛り上がるような話題を心がけて、たくさん笑いましょう。ストレス解消にも抜群ですし、顔の筋肉も自然に動かすことができます。

5-2.笑う時間を大切に

テレビを見る時間があっても暗いニュースばかりだと気持ちもほっぺたも下がります。たまには笑いが起こるようなバラエティー番組やコメディーなどを見て、笑ってみて下さい。心も頬のたるみもスッキリと持ち上がっていきます。

綺麗だなって思う人は、内側から輝いていますよね。たるんだ顔に落ち込んでいたら、いくら努力をしても綺麗は遠ざかっていきます。生活に笑顔をたっぷりと取り込んで、憧れの小顔を手に入れましょう。

6.まとめ

顔を引き締める方法は様々。でも本当はとてもシンプルです。顔もボディーと同じで、筋肉を鍛えればキュッと引き締まって小顔になるのですから。

ただし筋肉を鍛えるためには、継続が必要不可欠です。どんな方法が自分に一番向いているか考えて、一番続けやすいものを選ぶのが小顔ゲットの秘訣かもしれませんね。

自分に合ったものが見つかるまで、色々と試してみるのもひとつです。そして生活に笑顔を取り入れて、明るく上向きの毎日を送って下さいね。あなたが理想の小顔をゲットする日を楽しみにしています。

なお、顔の筋肉にアプローチして顔のたるみを改善する表情筋トレーニングをしっかりとマスターしたい方は、『 顔のたるみを体操で解消!1日3分「ながら」でできる簡単メソッド 』を参考になさってください。さらに顔の引き締め効果を感じられるでしょう。

コメントはこちらからどうぞ